2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「3月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2019年3月の星空を紹介します。

天体現象を参考に観察してみてください。

2月の星空

2月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年2月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。2月は2回目のスーパームーンがあったり、惑星の動きにも注目したいです。空気が綺麗な時期なので、星が綺麗に見えますよ。

月と土星が接近

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟2月の夜明け前の時間帯の惑星大集合は、時間の経過とともに、様々な配置換えの

様子を見せてくれています。3月2日なので、ほんの数日しかたってません。

とりわけ、の位置を注意して、観察すると、前はどの惑星だっかな〜と思い出すのも

楽しそうですね。

近くにある1等星も合わせてみておくと、位置関係が面白く感じられます。

美しく神秘的な輪を持つ土星は、その正体は木星と同じガス惑星で、地球の直径の10倍もありながら、とても軽いので、もし、土星を入れることのできる巨大なプールがあれば、土星は水面にプカプカと浮いてしまうだろうと言われています。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

月と金星が接近

🌟ひときわ美しい組み合わせが、細い月と明けの明星ではないかと思っています。

金星は近いので、明るさも十分で、月の細さと合間って、幻想的です。

3月3日のひな祭りの夜明け前です。

他がダメというのではなく、金星が吐出しているという感じです。

それに、金星はかなり明るくなっても、見つけられます。

何時まで見つけられるか、試してみますか?

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。

月と木星が接近

🌟今度の月と惑星の共演は月末の27日にやってきます。

木星が並ぶ姿も美しいです。画像にはないですが、金星も低い位置にあります。

海から太陽が昇ってくるのが見える場所なら、低い位置の水星も見るかも?ですね。

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

小惑星パラスの最接近

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟3月29日に地球に小惑星パラスが最接近します。

小惑星の観測に興味を持ち始めたら、最接近した時の明るい時がいいですね。

うしかい座のアルクトゥールスがすぐ近くにあるので、双眼鏡や望遠鏡で探す時の

目印にしましょう。

月と土星が接近

🌟3月29日の夜明け前には、月がだんだんと欠けてきている中で、

木星の次は土星へとパートナーチェンジを繰り返す、ダンスのようです。

お気付きの方のそろそろいるかと思いますが、惑星がなんだか並んできています。

障害物のない場所で、すべての惑星が並ぶ姿をみてみましょう。

ちなみに4月2日には時間的に、水星も見える確率が上がってきています。

並んだ姿を見るのを挑戦してみましょう。

美しく神秘的な輪を持つ土星は、その正体は木星と同じガス惑星で、地球の直径の10倍もありながら、とても軽いので、もし、土星を入れることのできる巨大なプールがあれば、土星は水面にプカプカと浮いてしまうだろうと言われています。
太陽系惑星「地球」の衛星「月」について簡単にまとめてみました。私たちにとっても、とても親しみを持っている星「月」は太陽と同じような、ある時は対照的な存在として、生活にも密着しています。

火星とプレアデス星団が接近

(C)アストロアーツ/星空年鑑

🌟3月31日の夕日が沈んだ後、約1時間ほどすれば、すっかり暗くなっていますね。

昨年は火星の大接近があって、注目天体でした。このころには、かなり西へ行って

いますね。

3月の上旬にはまだ秋の星座の中にあった火星も、下旬には「おうし座」

へ近づいています。

「おうし座」の目印は1等星のアルデバランですが、もう一つ、日本では有名な星団

「すばる」ことプレアデス星団があります。

この時期、火星プレアデス星団の隣を通ります。日を追って見てみましょう。

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。
「プレアデス星団」について紹介しました。肉眼でも見えますが、お持ちでしたら双眼鏡で見つけて欲しいです。おうし座のおうしの肩のあたりに見えます。1等星のアルデバランを見つけて、少し右側へ目を向けると、小さなぼんやりした星の塊のようなものが見えます。

4月の星空

4月の星空の復習にはこちらをご覧ください。

2019年4月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。今月は、惑星の動きと、合わせて、ヒアデス星団食が見所になっています。こと座流星群も極大日があるになあるのですが、月の影響を受けそうな、日程で、ちょっと残念です。

2019年度版星空年間(2018/11/30発売)

2019年の星空の関連記事はこちらを参考に書かれています。

まとめ

2019年3月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

惑星がゆっくりと並んでゆく姿が面白いでしょう。また、火星がプレアデス星団の

近くを通る姿も見て欲しいです。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »