星雲・星団

スポンサーリンク
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「南のリング星雲-NGC3132」

「南のリング星雲-NGC3132」について紹介しました。日本でも、春先に南の低い位置でみようと思えば見えます。ただ、惑星状星雲は、精度の良い望遠鏡の方が見えると思うので、天文台がある施設などで、眺める機会があれば、探して見てください。
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「宝石箱星団-NGC4755」

「宝石箱星団-NGC4755」について紹介しました。南半球の発見者は冒険家が多く、初めて見る珍しい星々の形から、特有の名前がつく星座が多いのですが、この宝石箱は宝島の宝箱のような感じで、キラキラと輝いていたのでしょうね。
南半球の星座

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「走るニワトリ星雲-IC2944」

「走るニワトリ星雲-IC2944」について紹介しました。コウモリのバット星雲という記述もありますが、全体が映る画像では、走るニワトリ星雲としているので、こちらを採用させてもらいました。
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「タランチュラ星雲-NGC2070」

「タランチュラ星雲-NGC2070」について紹介しました。大マゼラン雲には散開星団がたくさん存在しています。代表的なものとして、名前がついている星雲のタランチュラ星雲をピックアップしました。
南半球の星座

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「小マゼラン雲-SMC」

「小マゼラン雲-SMC」について紹介しました。大マゼラン雲とは同じ不規則銀河で、同じように天の川銀河の影響を受けています。ただ天の川銀河に囚われた銀河ではなく、近くを通り過ぎている銀河ということがわかってきていて、興味深い話ですね。
南半球の星座

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「大マゼラン雲-LMC」

「大マゼラン雲-LMC」について紹介しました。南半球でとても有名な、肉眼で見える銀河です。大小合わせて、星の形成期になっているので、とても興味深いですね。
NGC天体

秋の星座にあるメシエ天体「カシオペヤ座-M103-NGC581」

カシオペヤ座にある「M103-NGC581」について紹介しました。「カシオペヤ座」はすぐに見つかる星座ですが、時期のよって、向きが微妙に変化してゆきます。その変化も楽しみながら観察するのも楽しいですね。
NGC天体

秋の星座にあるメシエ天体「カシオペヤ座-M52-NGC7654」

カシオペヤ座にある「M52-NGC7654」について紹介しました。「カシオペヤ座」と「ケフェウス座」との境界にあるのですが、「ケフェウス座」というちょっと聞きなれない星座ですが、カシオペヤの旦那様の星座です。この機会に覚えてみますか。
NGC天体

秋の星座にあるメシエ天体「アンドロメダ座-M110-NGC205」

アンドロメダ座にある「M110-NGC205」について紹介しました。「カシオペヤ座」と「ペガスス座」との間にあるので、「アンドロメダ座」は見つけやすいです。まずはアンドロメダ銀河のぼんやりを肉眼で見てみましょう。
NGC天体

秋の星座にあるメシエ天体「アンドロメダ座-M32-NGC221」

アンドロメダ座にある「M32-NGC221」について紹介しました。「M32」は肉眼では見えませんが、「M31」の「アンドロメダ銀河」はぼんやりと見えるので、探して見てください。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました