星雲・星団

スポンサーリンク
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「オリオン座-M43-NGC1982」

オリオン座にある「M43-NGC1982」について紹介しました。「オリオン大星雲」と並んで同じような散光星雲で、そのコンパクトさから「ミニチュアのオリオン星雲」と呼ばれていることが、とてもキュートで可愛いですね。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「いっかくじゅう座-M50-NGC2323」

いっかくじゅう座にある「M50-NGC2323」について紹介しました。「M50」は散開星団としては、小さめですが、明るい星もあって、綺麗な星団です。「いっかくじゅう座」は、この他にも派手な星雲があるので、それに比べると、ちょっと地味ですね。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「とも座-M47-NGC2422」

とも座にある「M47-NGC2422」について紹介しました。とても美しい散開星団です。発見当初の記録ミスによる問題がなければ広く、その美しさだけを称賛されたことでしょう。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「とも座-M46-NGC2437」

とも座にある「M46-NGC2437」について紹介しました。発見された当初は光害も少ないので、肉眼で綺麗に見えたのだろうと思うと、羨ましいですね。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「ぎょしゃ座-M38-NGC1912」

ぎゃしゃ座にある「M38-NGC1912」について紹介しました。天の川の端の方ですが、やはり天の川というのでしょうか、近い場所に星団や星雲がたくさんあります。メシエ天体も3つあるので、一緒に探してみましょう。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「ぎょしゃ座-M37-NGC2099」

ぎゃしゃ座にある「M37-NGC2099」について紹介しました。星のよく見える場所でなら、頑張ればぼんやり見えるでしょう。「M36」と「M38」も近い場所にあるので、一緒に探して見てください。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「ぎょしゃ座-M36-NGC1960」

ぎゃしゃ座にある「M36-NGC1960」について紹介しました。「M36」、「M37」、「M38」はとても近い場所にあります。合わせて見つけると3倍嬉しい感じになります。星のよく見える場所へお出かけの際には、ぜひとも探して見てください。
NGC天体

冬の星座にあるメシエ天体「ふたご座-M35-NGC2168」

ふたご座にある「M35-NGC2168」について紹介しました。冬は賑やかな星空が楽しめます。1等星や2等星が多く、形も捉えやすい星座が多いので、星団や星雲も探しやすいでしょう。見つけるチャレンジして見てください。
NGC天体

秋の星座にあるメシエ天体「くじら座-M77-NGC1068」

くじら座にある「M77-NGC1068」について紹介しました。秋の星空は少し寂しげですが、夜が長いことでもあるので、静かに夜空を楽しむものいいでしょう
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「イータカリーナ星雲-NGC3372」

「イータカリーナ星雲-NGC3372」について紹介しました。沖縄でも低い位置が見える場所で、星のよく見える環境だと、なんとか見えるでしょうか。超新星爆発が生きているうちに、あればいいなと思います。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました