2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




南半球の天体(星雲・星団・銀河)「小マゼラン雲-SMC」

シェアする

(C)NASA/小マゼラン雲

🌟「小マゼラン雲-SMC」は「きょしちょう座」にある特徴のある星雲です。

名前のついている星団星雲・銀河をまとめました。その特徴から付けられた別名や、発見者の名前による由来などもあります。宇宙に興味を持つきっかけになればいいなと考えます。  

どこにあるの?

🌟所属星座は「きょしちょう座」の領域にあります。

まずは周りの星座などと「きょしちょう座」の位置を確認しましょう。

南半球の星座「きょしちょう座」を紹介しました。南半球にある星座で、見ることはできませんが、「小マゼラン雲」が近くにあるので、「きょしちょう座」を見る機会があれば、ぜひ合わせて探してください。
南半球の星座「みずへび座」を紹介しました。日本からは見えませんが、「みずへび座」を見る機会があれば、大小のマゼラン雲に挟まれた、大きな三角形を探してみてください。
南半球の星座「はちぶんぎ座」を紹介しました。天の南極がある星座です、その位置だけでも覚えておいくと南半球に旅行に行った際に役に立つ事でしょう。「はちぶんぎ座」を見る機会があれば、ぜひ探してください。
「ほうおう座」はとても低い位置にあり、全貌はより南へ行かなければ見えない程です。出ている部分の形などを、周りの星から探す方法を紹介しました。一番近い目印は「みなみのうお座」のフォーマルハウトが唯一、秋の1等星なので、それを見つけます。
「大マゼラン雲-LMC」について紹介しました。南半球でとても有名な、肉眼で見える銀河です。大小合わせて、星の形成期になっているので、とても興味深いですね。

(C)アストロアーツ/星空年鑑

「大マゼラン雲」と同じ南半球で、薄ぼんやりとした姿が、確認できる不規則銀河

です。「きょしちょう座」の領域ですが、「みずへび座」を挟んで、大マゼラン雲

の反対側にあります。

大マゼラン雲は散開星団が多くありますが、小マゼラン雲にも、星団や星雲が多く

あります。

その特徴は?

実際も大マゼラン雲よりも、小さいのですが、大マゼラン雲よりも、遠い場所にある

ために、小さくも見えます。その距離は、地球から20万光年離れています。

大マゼラン雲同様に、星形成ガスが多くあり、全質量は太陽のおよそ70億個分とも

言われています。大量のガスと塵の大半が棒状の領域に集まっているので、かつては

小さな棒渦巻銀河だったと考える天文学者もいます。

天の川銀河と接近遭遇して、壊され変形し不規則銀河となったと、考える説があり

ます。

(C)NASA/小マゼラン雲NGC290

小マゼラン雲の中にある散開星団のNGC290は、直径約65光年で、天の川銀河の

潮汐力の影響を受けて、誕生したと考えられています。

(C)NASA/小マゼラン雲NGC346

NGC346は散開星団です、たなびくように見えるガス雲は、星からの強力な放射に

よって恒星風が確認できています。ガスの波の層ができるのは、周りに何らかの外圧

があるからこのような段階的な構造になっています。

基本情報

基本情報

小マゼラン雲-Small Magellanic Cloud
番号 小マゼラン雲-Small Magellanic Cloud
赤経 00h52.4m
赤緯 -72°49′
等級
距離 19万光年
星座 きょしちょう座
種類 不規則銀河

まとめ

🌟「小マゼラン雲-SMC」について紹介しました。

大マゼラン雲とは同じ不規則銀河で、同じように天の川銀河の影響を受けています。

ただ天の川銀河に囚われた銀河ではなく、近くを通り過ぎている銀河ということが

わかってきていて、興味深い話ですね。

南半球の夜空を眺める機会があれば、探して見てください。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »