2018-08

スポンサーリンク
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「イータカリーナ星雲-NGC3372」

「イータカリーナ星雲-NGC3372」について紹介しました。沖縄でも低い位置が見える場所で、星のよく見える環境だと、なんとか見えるでしょうか。超新星爆発が生きているうちに、あればいいなと思います。
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「南のリング星雲-NGC3132」

「南のリング星雲-NGC3132」について紹介しました。日本でも、春先に南の低い位置でみようと思えば見えます。ただ、惑星状星雲は、精度の良い望遠鏡の方が見えると思うので、天文台がある施設などで、眺める機会があれば、探して見てください。
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「宝石箱星団-NGC4755」

「宝石箱星団-NGC4755」について紹介しました。南半球の発見者は冒険家が多く、初めて見る珍しい星々の形から、特有の名前がつく星座が多いのですが、この宝石箱は宝島の宝箱のような感じで、キラキラと輝いていたのでしょうね。
南半球の星座

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「走るニワトリ星雲-IC2944」

「走るニワトリ星雲-IC2944」について紹介しました。コウモリのバット星雲という記述もありますが、全体が映る画像では、走るニワトリ星雲としているので、こちらを採用させてもらいました。
NGC天体

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「タランチュラ星雲-NGC2070」

「タランチュラ星雲-NGC2070」について紹介しました。大マゼラン雲には散開星団がたくさん存在しています。代表的なものとして、名前がついている星雲のタランチュラ星雲をピックアップしました。
南半球の星座

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「小マゼラン雲-SMC」

「小マゼラン雲-SMC」について紹介しました。大マゼラン雲とは同じ不規則銀河で、同じように天の川銀河の影響を受けています。ただ天の川銀河に囚われた銀河ではなく、近くを通り過ぎている銀河ということがわかってきていて、興味深い話ですね。
南半球の星座

南半球の天体(星雲・星団・銀河)「大マゼラン雲-LMC」

「大マゼラン雲-LMC」について紹介しました。南半球でとても有名な、肉眼で見える銀河です。大小合わせて、星の形成期になっているので、とても興味深いですね。
星コラム

星コラム「北と南で特徴ある星の並びの形くらべてみました」

北と南にある、夜空の特徴ある星の並びの形をくらべてみました。固有の形で、単独のものが多い中、同じような形で、しかも南北にあるという特別感がいいですね。
惑星

太陽系惑星について「木星の衛星ーカリスト」

太陽系惑星「木星の衛星ーカリスト」についてまとめました。表面は月の裏側のような印象のカリストです、クレーターのイメージが重なるからでしょうか。内部の水の層のことも、外側のデータで、内部のシュミレートできるのが、すごいですね。
惑星

太陽系惑星について「木星の衛星ーガニメデ」

太陽系惑星「木星の衛星ーガニメデ」についてまとめました。「ガニメデ」という名前は、神々の酒を注ぐ役目の、美少年ガニュメデスから名付けられています。これは「みずがめ座」と同じ美少年がモデルのようです。
スポンサーリンク
Translate »
タイトルとURLをコピーしました