スポンサーリンク




星ヨル部「9月に観望会の出来る天文台、その1」

9月に観望会を企画して、参加可能な天文台をまとめました。

9月は夏から秋へと星座が移り変わる様子が、

楽しく観望出来る時期なので、

ぜひ見ていただきたいです。

そして、天文台には家庭用より大きな望遠鏡があります。

それを使って、土星や星団、星雲なども観測して欲しいです。

お近くの天文台はありますか?

このページの項目はこちら

🌟まんのう天文台

🌟西はりま天文台

🌟国立天文台

🌟月光天文台

🌟明石市立天文科学館

まんのう天文台

所在地 香川県仲多度郡まんのう町中通り1156番地242

TEL&FAX 0877-89-0619(金〜日)

 概要  🌟まんのう天文台は標高1000mを超える大川山山頂に位置していて、定期的に天体観測会を行っています。
 🌟4階部分にある天体観測ドームには30cm反射式望遠鏡や屈折式望遠鏡を備えています。
 🌟施設見学は金、土、日です。
 9月の天体観望会
 日 内容  申込締切
 15日(金)  「天の川と夏の星雲星団」

土星・夏の星雲星団・天の川

 9月8日
 16(土) 「天の川と夏の星雲星団」

土星・夏の星雲星団・天の川

 9月9日
 17(日)  「昼間の星を見てみよう!」

太陽・金星

 9月10日
 22(金) 「天の川と夏の星雲星団」

土星・夏の星雲星団

 9月15日
 29(金)  「夏の球状星団を見てみよう!」

月・土星・夏の星雲星団

 9月22日
 30(土) 「夏の球状星団を見てみよう!」

月・土星・夏の星雲星団

 9月23日
時間 昼間の観望会:13時〜14時

夜の観望会:19時〜22時

備考 小学生以下は保護者同伴できてください。

🌟予約締切がありますので気をつけてください。

西はりま天文台

 所在地 〒679-5313 兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2
TEL.0790-82-3886(天文台)/0790-82-0598(管理棟)
入場時間 9:00 – 21:00休業日:毎月第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)
 概要 🌟様々な天体観望会を随時開催してます。
 🌟夜間天体観望会:下記参照
 🌟昼間の星と太陽の観察会:予約不要
 🌟貸出望遠鏡:宿泊施設限定
🌟 星空の出前:お気軽にご相談ください。
夜間天体観望会詳細 🌟公開望遠鏡として世界最大級「なゆた望遠鏡」で観望できます。月のクレーターも、土星の美しいリング、木星の大赤斑、果ては海王星の青もはっきり観望でき、そして遠く天の川銀河の星々の光を捉えることができます。
宿泊者観望会(毎晩開催※休園日を除く)

天文台宿泊施設の利用者限定の観望会です。

一般観望会(土曜日、祝日、要予約)

定員120名ですので事前(1週間前)に予約が必要です。

管理棟にて受け付けております。

一般観望会(日曜日、予約不要)

事前予約は必要ありません、お気軽にお越しください。

佐用町民向け観望会(平日、要予約)

佐用町民の方で、観望会が開催される場合のみの受付となります。

昼間の星と太陽の観察会 (毎週末、祝日、春・夏休み、大型連休などの午後に開催)

第1回:13時30分〜、第2回:15時30分〜

🌟9月限定ではないのです、「なゆた」はとっても魅力的ですね。

国立天文台

 所在地 国立天文台「三鷹キャンパス」

〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1

電話(平日9:00~18:00 0422-34-3688)

 概要 🌟国立天文台三鷹キャンパスでは、毎月2回、定例観望会(定員・申込制)を開催しています。

🌟この定例観望会で、多くの方々に天文学に興味を持っていただければと思います。

 9月の定例観望会
 9月23日(土) M15(ペガスス座にある球状星団)
時間 前半:19時30分~20時/後半:20時15分~20時45分
 申込期間  《抽選制》2017/9/13(水)正午~9/14(木)正午

🌟10/13は「三鷹・星と宇宙の日2017」のイベント内での観望会あります。

国立天文台三鷹キャンパスの定例観望会のウェブサイトです。毎月2回開催しています。

天文ファン必見!この秋に催される星に関するイベントをまとめました。第30回スターウォッチングinあきた、星の村スターライトフェスティバル2017、宙フェス2017星旅、2017☆inおおたわら、出雲星空観望会2017、北八ヶ岳小海・星と自然のフェスタ2017、三鷹・星と宇宙の日2017

月光天文台

 所在地 〒419-0101 静岡県田方郡函南町桑原1308-222 TEL.055-979-1428 FAX.055-978-7601
 概要  🌟定例観望会と特別観望会を月に1~2回開催してます。
🌟定例観望会には20cm屈折望遠鏡使用予定
 9月観望会
 9月16日(土)19時〜  定例観望会(予約制)

「土星・こと座M57リング星雲」

参加費:大人500円/小人(小・中学生)300円
申込:HPから、またはお電話でTEL055-979-1428
 9月23日(土)19時〜20時  特別観望会(申込不要です。)

「秋の星空を望遠鏡で観望」

 参加費:大人300円/小人200円

月光天文台-定例・特別観望会の案内-2017年

明石市立天文科学館

 所在地 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6

電話/078-919-5000

 概要 🌟16階の天体観測室には、口径40cmの天体望遠鏡が設置されています。
🌟この望遠鏡は、月に1回程度「天体観望会」で公開しています。
 10月の観望会(9月の観望会は申込締め切ってます)
 10月15日(日)18時〜  特別天体観望会「 天王星、海王星、M57(こと座のリング星雲)、M15(ペガスス座の球状星団)、アンドロメダ銀河など」
 参加費:500円(小学生以上)
 申込は往復はがきにて、9月24日(日)必着です。
10月21日(土)18時〜 定例観望会「海王星、フォーマルハウト」
参加費:300円(小学生以上)
申込は電話、もしくはHPから。

申込開始日(9月21日)先着順

🌟10月開催ですが、締切が9月なので今回一緒に紹介してます。

日本標準時子午線上に建つ「時と宇宙」をテーマにした博物館。

まとめ

9月の観望会を予定している天文台を紹介しました。

夏の名残の宵の口から東からは秋の星座が、

ゆっくりとその姿を現してゆきます。

秋の星座の聲はとても小さいので聞き逃さないでください。

良い観望でありますように。。。

天文ファン必見!この秋に催される星に関するイベントをまとめました。第30回スターウォッチングinあきた、星の村スターライトフェスティバル2017、宙フェス2017星旅、2017☆inおおたわら、出雲星空観望会2017、北八ヶ岳小海・星と自然のフェスタ2017、三鷹・星と宇宙の日2017
ロープウェイで標高1300mへ、四国で1番高い山、実は西日本でも一番高い山の「石鎚山」今回はイベントとして行くはいかがかとの提案したいと思います。婚活イベントや、街コン、はたまた社員旅行とか、女子旅。素敵な出会いを満天の星空が演出してくれます。
天空の星空鑑賞へ行きませんか?日光白根山ロープウェイに乗って、日光国立公園 丸沼高原へ。標高2000メートルでの最高のロケーションでの星空が待っています



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。