スポンサーリンク

星コラム「10月後半の星空」

10月後半にかけて色々な天体ショーが楽しめるので、観望会などありましたらぜひ参加して、これらを観察してほしいです。土星の環が見ごろとなり、ふたご座ε流星群やオリオン座流星群のピーク、またうお座で天王星が衝となり、土星と月が接近し、月面では「X」が浮かび上がります。

太陽系惑星について「木星」

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。

太陽系惑星について「火星」

地球のすぐ外側を回る火星は、地球の直径の半分ほどの小さめの惑星です。火星は、太陽系惑星の中では、一番地球に近い環境があります。もちろん、水や生命の存在などは、まだ直接には見つかっていませんし、二酸化炭素を主成分とする大気は極端に薄く、人間にとっては馴染みにくい世界です。

太陽系惑星について「金星」

金星は水星についで、太陽に近い惑星です。地球からは、日の出前の東の空と、日没後の西の空に見ることができます。この時の金星はとても明るく見つけやすく、古くから「明けの明星、宵の明星」と呼ばれ親しまれています。

スポンサーリンク







Translate »