2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



春の星座の見つけ方「おおぐま座」

シェアする

(C)国立天文台

🌟春の代表的な星座で、北側にあるので、「おおぐま座」の名前を聞くよりも

「北斗七星」のある星座としての認識の方が浸透しているかもしれませんね。

探してみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟春になると北東から顔を出し始める「おおくま座」目印は何と言っても、

その尻尾の特徴的な形でしょう。

北斗七星とも言われる七つ星は、3月頃の昇り始めは、ひしゃくが縦向きに

姿を現します。

春の暖かさが進むにつれ、ひしゃくがひっくり返った姿で見つけることが

できます。夏の終わる頃にはひしゃくの杓が下向きになってきます。

それらを気にしながら探してください。

「北斗七星」は「おおぐま座」のお尻から尾の部分になります。

「おおくま座」のα星は北斗七星の杓の端の星です。北斗七星は2等星が多く

見つかり易いです。さらに「おおぐま座」の全体を探してみます。

ひしゃくの杓と柄の繋ぎ目を利用して、2等星で作る杓を2倍にしてみると、

4等星で大きな杓の形になります。

これがおおぐまの身体になります。4等星なので、ちょっと見えにくいです。

大きな杓の上部の星からさらに天頂に向かって行くと3等星と4等星が2つ並んで

います。それがおおぐまの前足です。

最後は後ろ足です。後ろ足は2手に別れています。

大きくした杓の下側の東よりの星から、1方は、天頂に向かって3等星が縦に

ほぼ等倍に並んでいて、先端は3等星が2つ並んでいます。

もう1方は、東寄りに向かって3等星と4等星が2つ寄り添うように並んでいます。

「おおぐま座」の全貌が見えましたか?

🌟古くから知られた星座で、、バビロニアでは「荷車」、中国では「帝車」、

エジプトでは「オシリスの車」と呼ばれ、ギリシャでも紀元前9世紀の詩人

ホメロスが詩の中で「アルクトス(熊)」や「ハマクサ(車)」と記されています。

基本情報

基本情報

学名 UrsaMajor(略号UMa)
中央位置 赤経:11h16m   赤緯+51°
概略範囲 東14h27m,西8h05m,北+73°,南+29°
20時南中 5月3日(高度74°)
面積 1279.66平方度(順位3)
肉眼星数 71個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:ドゥべ 1.8等星

β星:メラク 2.3等星

γ星:フェクダ 2.4等星

ζ星:ミザール 重星 2.3~3.9等星

ν星:アルラ・ポレアリス 重星 3.7~10.1等星

ξ星:アルラ・アウストラリス 重星 4.3~4.8等星

M81:NGC3031、渦巻銀河 7.8等星

M82:NGC3034:不規則銀河 9.2等星

M97:NGC3587、惑星状星雲 12.0等星

M101:NGC5457、渦巻銀河 8.2等星

M108:NGC3556、渦巻銀河 10.6等星

M109:NGC3992、棒渦巻銀河 10.6等星

見どころ ζ星=北斗七星のひしゃくの柄から2番目の二重星です。2.3等星のミザールから約12″離れたところに3.9等星のg星アルコルがくっついています。目試しの星としても知られています。

M81=北斗七星のγ星からα星を結んで、そのまま同じ長さを延長したところにある渦巻銀河です。光度は7.8等星で双眼鏡でも淡く見ることができます。

M82=M81のすぐそばに位置している不規則銀河です。光度は9.2等星で、大気の澄んだところでは双眼鏡でM81とM82の二つの銀河が「ハ」の字型に並んでいるのが見えます。口径8cmでは凹凸のある細長い形がわかるようになります。

まとめ

🌟「おおぐま座」の見つけ方を紹介しました。

春の先駆けを飾る星座の一つです。

北側の星座ですが、北斗七星がある星座ですので、

全体像を把握してみてください。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。