2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「こぐま座」

シェアする

このページは夏の星座の神話「こぐま座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

🌟「こぐま座」というと、現在の北極星のある星座です。

ほぼ1年中見えますが、星座が見やすい時期が夏で、夏の星座に数えられます。

神話のお話はどうでしょうか。。。

「こぐま座」の神話

「こぐま座」の神話にも諸説あります。

そのうちの2つを紹介します。

北の星の精

🌟インディアンに伝わるお話です。

その昔、インディアン達は森に出かけ、狩をしていました。

途中に見知らぬ国に迷い込んでしまい、帰り方が分からなくなってしまいました。

困り果てたリーダーは、神に生贄を捧げて、村へ帰る道を教えてくれるよう、

祈りました。

すると、何処からともなく、一人の子供が現れて、

「僕は北の星の精です、あなたたちの村は、ここからずっと北にあります。

ついてきてください。」

と言いました。

喜んだインディアン達は、子供の後について行き、無事に村へ帰ることが

できたのでした。

インディアン達は、北の星の精のことを「いつも動かない星」と呼ぶようになった

と言います。

母子の悲しい物語

始まりは、「おおぐま座」の神話からです。

合わせてお読みください。

紀元前1200年頃のフェニキア(現在のレバノン付近にあった古代都市国家)には、すでに知られていた古い星座の一つで、「おおぐま座」は熊と見るか、車と見るか、地方によって別れていましたが、段々と、熊をイメージする方へと落ち着いてゆきました。

🌟ギリシャの神々の王ゼウスは、美しい森のニンフのカリストに一目惚れして、

策を弄して、カリストを自分のものにしました。

その後、カリストは息子を産みます、しかし、その事を知った大神ゼウスの

妃である、女神ヘラの怒りを買います。

激怒していた女神ヘラはカリストをクマに変える呪いをかけました。

自分の運命を嘆き悲しんだカリストは、森の奥深くへと姿を隠していました。

生まれた息子は、親切なニンフのマイヤに拾われて、アルカスと名付けられ、

すくすくと育ちます。

そして、月日は流れて、約20年ほど経った頃、アルカスは立派な狩人へと

成長していました。

ある日、友人の狩人と森へ入った時、はぐれてしまい、深い森の中へ迷い込んで

しまいました。

そして、運命のように、大きなクマとばったりと出くわしたのです。

そのクマこそ、母のカリストの変わり果てた姿でした。カリストは、その若い

狩人が、自分の息子だとすぐに分かりました。

彼女は愛おしさのあまり、アルカスを抱きしめようとしましたが、アルカスは

母がクマに変えられて、しかも、その母が目の前にいる事にも気がつきません。

ただ大きなクマが襲いかかってくるようにしか、見えませんでした。

驚いたアルカスは、とっさに弓をつがえ、矢を射ようとし、今にもクマを

殺そうとしていました。

天から、それらを見ていた大神ゼウスは息子に母親を殺させてはいけないと、

既のところで、アルカスもクマに変えてしまいました。

そして、クマとなった母子を空へあげて、星座にしました。

これが「おおぐま座」と「こぐま座」だと言われています。

さらに、お話は続きます。

母子を助けて空へ上げた事を知った、女神ヘラは、腹の虫が治りません。

海の神オケアノスのところへ出かけ、

「どうか、母子の星座だけは海の下へ入って休息を取ることができないように

してほしい。」と頼みました。

それからというもの、「おおぐま座」「こぐま座」は一年中休むことなく、

北の空に輝き続けるようになったといいます。

紀元前1200年頃のフェニキア(現在のレバノン付近にあった古代都市国家)には、すでに知られていた古い星座の一つで、「おおぐま座」は熊と見るか、車と見るか、地方によって別れていましたが、段々と、熊をイメージする方へと落ち着いてゆきました。

余談ですが、狩人の時の姿のアルカスが「うしかい座」になったという話も

伝えられています。

こちらは、星座の並びで、「うしかい座」「おおおぐま座」を追い立てている

ような姿からでしょうか。。。

星座図では、「おおぐま座」のクマを追う男を象っているとされています。はっきりした神話が伝わっていない、というもの一説であるので、「こぐま座」になっているアルカスが、自身の母カリストの変わり果てた姿とも知らずに、クマを追い立てているという話は、星座図からの後付けなのかもしれません。

「こぐま座」の見つけ方

「こぐま座」夏の星座です。

夜空に輝く「こぐま座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

こぐま座」の見つけ方を紹介しました。北極星からダイレクトな探し方と、カシオペヤ座やおおぐま座から探す方法を紹介しましたが、北極星がどこに見えるのか一度探して見ましょう。方角の基準になるのでぜひ。

また、「こぐま座」は北極星であるポラリスが尻尾の先にある星座です。

見つけ方はこちらをご覧下さい。

「北極星」の見つけ方を紹介しました。「こぐま座」からダイレクトな探し方と、「カシオペヤ座」や「おおぐま座」から探す方法を紹介しましたが、季節のよって星座は変わります。動かない北極星が、どこに見えるのか一度探して見ましょう。

この他の夏の星座の神話

この他の夏の星座神話はこちらからお探しください。

    夏の星座の神話を紹介します。 いて座     いるか座 &nb…

夏以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

🌟「こぐま座」の神話を紹介しました。

諸説ありますが、一般的には「おおぐま座」と「こぐま座」の母子説が取り上げ

られています。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »