2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



春の星座の見つけ方「こじし座」

シェアする

(C)国立天文台

🌟「しし座」と並ぶようにある、小さな星座です。

見つけてみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟大体の位置は、「おおぐま座」と「やまねこ座」と「しし座」に

囲まれた場所にあります。

4~5等星ほどの星の集まりなので、探すのは難しいです。

目印には「しし座」の1等星、レグルスから行きましょうか。

「しし座」のレグルスは春に、東から顔を出します。

レグルスを探すときには一旦、南寄りの空から見るほうが、見つけ易いでしょう。

探し方はこちらを参考にしてください。

形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

レグルスが見つかった後は、北へ顔を向けて、北斗七星を探します。

北斗七星は「おおぐま座」の尻尾に当たります。

北斗七星の柄の端の星とレグルスを繋いだ中間地点に、「おおぐま座」の足に

あたる、3等星のアルラ・ポレアリスがあります。

その南中よりに4等星の46番星があります。この星を含めた3つの星で、

「へ」の字型に4等星が並んでいます。そこからさらに進むと「やまねこ座」の

尻尾にあたるα星の3等星へ行き着きます。

「やまねこ座」のα星の手前に5等星があるのですが、この星が頭部になります。

よく見える環境でないと、見つけるのは難しいでしょう。

「やまねこ座」の見つけ方を紹介しました。「ふたご座」と「ぎょしゃ座」と「おおくま座」に挟まれた場所にあります。「やまねこ座」自体に、目立つ星がないので、設定者のへベリウスも「ヤマネコの姿を見つけるには、ヤマネコのような目が必要だ」と言っていたほど見つけにくい星座です。

🌟17世紀のドイツの天文学者へベリウスが作った星座です。

「こじし座」の一番明るい星が尻尾の46番星ですが、ラテン語で主要なもの

という意味の「プラエキプア」と名付けましたが、現在では殆ど使われて

いません。

基本情報

基本情報

学名 LeoMinor(略号LMi)
中央位置 赤経:10h11m   赤緯+32.5°
概略範囲 東11h04m,西9h19m,北+42°,南+23°
20時南中 4月22日(高度88°)
面積 231.96平方度(順位64)
肉眼星数 15個(5.5等)
設定者 へベリウス
主な天体 R星:変光星 6.3~13.2等星 372日周期
見どころ R星=ミラ型長周期変光星です。およそ372日の周期で6.3等星から13.2等星まで明るさを変えます。極大期は双眼鏡で見えます、しかし極小期には口径20cm程度の望遠鏡が欲しいところです。

まとめ

🌟「こじし座」の見つけ方を紹介しました。

こじんまりした星座で、周りに溶け込んで、見つかりにくい星座です。

ですが「しし座」の隣にちょこんとあるので、頑張って見つけてください。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。