2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




春の星座の見つけ方「うしかい座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは春の星座の「うしかい座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「うしかい座」

🌟黄道星座ではありませんが、1等星があることや、春を代表する

星座であることから、存在感のある「うしかい座」です。

見つけてみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟父の日が近く頃に、ふと空を見上げると、ネクタイを彷彿とさせる形に

星が並んでいます。これを見て、今年もネクタイを贈ろうと考える方も

いらっしゃるとか、いないとか。。。

このネクタイのような形をしたのが「うしかい座」です。

ひときわ輝く1等星があるので、目印にしたいのですが、

まずは、大まかな位置を把握しておきましょう。

「おとめ座」のさらに上、天中に近い位置にあり、「かんむり座」の南隣です。

探す時には、「しし座」のレグルスと合わせて探した方が、見つかりやすいで

しょう。

形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。
「おとめ座」は全天で2番目に大きな星座です。横の大きく広がっています。「しし座」春の先駆けで、昇り始めた後を追うように、「おとめ座」の姿を現します。春先は南東の空に見え、ゆったりと南、西へと傾いてゆきます。
「かんむり座」の見つけ方を紹介しました。目印になる「うしかい座」の1等星アルクトゥールスを見つけて、東上方向へ目向ければ、形も可愛らしいので、探せる事でしょう。

春にも、1等星などを結んで、星座を超えた代表的な形があります。

「しし座」の2等星デネボラと「おとめ座」のスピカと「うしかい座」の

アルクトゥルスをつないだ形を「春の大三角形」といいます。

あれ?「しし座」レグルスじゃないの?と思いますよね、ここが自然の形による

ところの難しさですね。

レクルスだと2等辺三角形なんです。それでもいいんですが、

レグルスには別の役割をしてもらいます。

春の大三角のデネボラとレグルスを結んぶと、あら不思議、横に倒したカクテル

グラスが現れましたね〜。

星を探す時には、自分が解りやすい配置で覚えるのもありなのです。

共通の探し方ももちろん大切です、それらに関連図ける手助けに、自分流を入れて

もいい世界です。

さらにもう一つ「春の大曲線」というのがあります。

「おとめ座」のスピカと「うしかい座」のアルクトゥルスと「おおぐま座」

北斗七星の端の星アルカイドを結んだ曲線を、そう呼びます。

目印が少ないとも言えますね。

では次に、「うしかい座」のオレンジ色の1等星、アルクトゥルスが見つかれば、

うしかいの体の部分を探します。

アルクトゥルスから北東方面、右上の方にゲンコツ一つ分のところに、3等星の

プルケリマがあります。

プルケリマからアルクトゥルスとは反対側に、ゲンコツ1つ分の範囲で4等星から

なる5角形が出来上がります。

5角形の右側の辺を北斗七星の手前まで伸ばしてゆくと、うしかいの振り上げた

腕になります。

「ネクタイ」と言われれば、そうですね。

ですが、もう一つパフェやソフトクリームに見えるのは私だけ?

最後に、おまけのよう足ですが、アルクトゥルスを挟んで、左右に4等星でできる

「へ」の字型がそうです。

見つかりましたか?

うしかい座の神話

うしかい座の神話をまとめたページはこちらをご覧ください。

星座図では、「おおぐま座」のクマを追う男を象っているとされています。はっきりした神話が伝わっていない、というもの一説であるので、「こぐま座」になっているアルカスが、自身の母カリストの変わり果てた姿とも知らずに、クマを追い立てているという話は、星座図からの後付けなのかもしれません。

基本情報

基本情報

学名 Bootes(略号Boo)
中央位置 赤経:14h47m   赤緯+20°
概略範囲 東15h47m,西13h33m,北+55°,南+7°
20時南中 6月26日(高度85°)
面積 906.83平方度(順位13)
肉眼星数 53個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アルクトゥルス -0.1等星

β星:ネカル 3.49等星

γ星:セギヌス 3.0等星

ε星:ブルケリマ 重星 2.7~4.9等星

ζ星:重星 4.5~4.6等星

ξ星:重星 4.8~7.1等星

R星:変光星 6.2~13.1等星 223日周期

見どころ ε星=うしかいの帯のところにある二重星です。黄色の2.7等星と青色の4.9等星の二つの星が2.9″の間隔で並んでいます。19世紀のロシアの天文学者ストルーフェは、この一対があまりにも美しいところからプルケリマ(最も美しいもの)と名付けました。口径5cmで分離できます。

まとめ

🌟「うしかい座」の見つけ方を紹介しました。

春を飾る星座の一つで、形も特徴があるので、覚えやすいでしょう。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »