2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「うみへび座」

シェアする

このページは春の星座の神話「うみへび座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

🌟「うみへび座」全天中で、もっとも大きい星座です。

東西に長く、頭部が地平線から姿を表してから、尻尾の先が昇り始めるまで、

実に、6時間もかかります。

こんな「うみへび座」ですが、神話ではどんなお話でしょうか。

うみへび座の神話

🌟ヘラクレスの12の苦行の末の大冒険の話は、星座の神話の中では、

よく出てきます。

こちらも参照して見てください。

死後、ヘラクラスは、神々の仲間に加えられることになります。これは、神々の息子達の中ではヘラクレスだけでした。のちに、女神ヘラとも和解し、そのくほどに美しい青春の女神へーべを妻として、オリンポスで平和に暮らしました。

「うみへび座」の物語はヘラクレスの12の冒険のうちの一つと関係があります。

ヘラクレスは甥のイオラーオスが操る戦車に乗って、アミモーネの沼まで

やってきました。

見れば、沼の周囲には、水を飲みにきて、ヒドラの毒にやられた動物たちの

亡骸があちこちに横たわっていました。

しかし、肝心のヒドラの姿はどこにも見当たりません。その時、女神アテネが

ヒドラの隠れ家を教えてくれました。

女神の示した洞窟の奥からは、確かに低い息遣いが聞こえてきました。

ヘラクレスは火のついた矢を洞窟の奥深くへ放ちました。

眠りを妨げられて、怒ったヒドラは洞窟から出てきました。

ヒドラとは、9つの頭を持つ、人間の20倍もある巨大な蛇の化け物です。

ヒドラは素早くヘラクレスの両足に絡みつき、ヘラクレスを大地に倒すと、

顔に毒ガスを吹きかけてきました。

ヘラクレスは息を止め、棍棒でヒドラの頭を散々殴りつけました。流石のヒドラも

怯み、ヘラクレスの足を離してしまいます。

その時、沼から巨大な化けガニが飛び出してきて、ヘラクレスの足をハサミで

挟みました。ヘラクレスは棍棒で、化けガニを打ち砕きました。

その間に、体勢を立て直したヒドラは、9つの頭から一斉に毒ガスを吐きながら、

攻撃してきます。ヘラクレスは剣でヒドラに切りかかりました。

ヘラクレスがヒドラの頭を切り落とすと、その切り口からは、新たな頭が

生えてきてました。他の頭を切り落としても、やはり次々に生えてきます。

これではキリがありません。

そこでヘラクレスは、甥のイオラーオスを呼んで、頭部を切り落とす側から、

松明の火で、切り口を焼くように指示しました。

ヘラクレスの予想が見事的中して、切り落とした後に、焼いてしまえば、頭部は

再生しなくなったのです。

ついに最後の9個目の首だけになりましたが、いくら切りつけても、傷一つ

付くことができない、不死身の首でした。

そこで、ヘラクレスは山のような大岩を抱え上げると、ヒドラめがけて投げつけ、

岩の下に閉じ込めてしまいました。

その後、ヒドラは岩の下から出てくることはなかったと言います。

こうしてヘラクレスの苦行の大冒険の一つ、ヒドラ退治は無事に終えます。

この戦いを見ていた女神ヘラは、よく戦ったと、ヒドラを空にあげて、

星座にしてやります。

それが「うみへび座」だと言われています。

余談ですが、

この戦いの中で、沼から出てきた巨大な化けガニは「かに座」だとも

言われています。

「かに座」の神話を紹介しました。占星術でも12星座の一つとして用いられ、黄道の4番目の星座としてバビロニア王国時代の粘土板にすでにその姿が刻まれています。ですが、神話の世界では悪に手先でした。

「うみへび座」の見つけ方

「うみへび座」春の星座です。

夜空に輝く「うみへび座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「うみへび座」の見つけ方を紹介しました。春から夏にかけて空に横たわる星座のです。全天中一番大きい星座です、頭部から心臓までは、すぐに見つかるでしょうが、全容は中々探すのが難しいです。気長に探してみてください。

この他の春の星座の神話

この他の春の星座神話はこちらからお探しください。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…

春以外の星座はこちらから探せます。

夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
  冬の星座の神話を紹介します。     エリダヌス座    …

まとめ

🌟「うみへび座」の神話を紹介しました。

神話は時に化け物なども星座に上げた話がありますが、このうみへび座も

その一つです。

冒険譚などが喜ばれた時代なのでしょう。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »