星コラム「星座と星の表記のこと」

(C)NASA

🌟現在共通して使われている星や天体を表す記号を紹介します。



このページの項目はこちらです。

星座の表記

🌟星座の起源は、紀元前3000年以上も前にメソポタミア地方に住んでいた

シュメール人が夜の星々を繋げて、農期を知ったりするために、

身近な動物をあてはめたり、教訓などのために神話の神々や英雄をあてはめたり、

した事に由来しています。

それらは、メソポタミア文明の発達に伴って、古代の隣国地域に広く

拡散してゆきました。

紀元前9世紀の古代ギリシャではすでに、「オリオン座」、「おおぐま座」などの

星座は使わていて、紀元2世紀にトレミー(プトレマイオスの英語表記)が、

当時使われていた48の星座とまつわるギリシャ神話をまとめました。

それが「トレミー48星座」と呼ばれるもので、現在の全天88星座にも多く

含まれています。

その後、15~16世紀になると、ヨーロッパの大航海時代へ入ると、南半球の空に

今までと違う星を見て、競う様に見知らぬ星々に星座の名前をつけ始めます。

この時代に作られた多くは、南の国々で船乗りが目にした珍しい生き物や、

当時の最先端の科学装置などを象った星座でした。この南の地域にはバイエル、

バルチウス、ロワイエ、ラカイユなどが制定者として挙げられます。

また、北側の隙間を埋める様にへベリウスが7つの星座を制定しています。

この他に、17~18世紀にかけて多くの星座が無秩序に成りつつあり、

混乱をきしました。これらの流れから1930年に世界中の天文学者が集まり、

星座を整理しました。そして、現在でも使われている「全天88星座」

正式に認定し、星座の境界線もはっきりと決めました。

星座名は正式にはラテン語で表記しますが、3文字の略字で表す事もあります。

当サイトでも、星座の見つけ方のページで、各星座の基本情報としまして

ラテン語と略字の表記を掲載しています。

日本語の場合は、ひらがな、カタカナ表記が一般的です。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。

(C)NASA

星(恒星)の表記

🌟星の表記の仕方は様々あります。

一般的にはギリシャ文字で表記されるものが多用されています。

α アルファ ι イオタ ρ ロー
β ベータ κ カッパ σ シグマ
γ ガンマ λ ラムダ τ タウ
δ デルタ μ ミュー υ ウプシロン
ε イプシロン ν ニュー φ ファイ
ζ ゼータ ξ クシー χ カイ
η イータ ο オミクロン ψ プサイ
θ シータ π パイ ω オメガ

その他には数字の番号で表記する「フラムスチード番号」や変光星を分類する

記号で、アルファベットを使用しているものがあります。

また「HD/HDE番号」の表記などもあります。

(C)NASA

天体の表記

🌟天体にも一般的に共通して使用している表記があります。

メシエ番号 18世紀の終わりにフランスの天文学者シャルル・メシエが作成した星雲・星団銀河のカタログの中で、番号の前にMを付け、「M〇〇」という表記がされています。明るい天体が多く、一般的に広く普及しています。リストは110番まであります。
NGC/IC番号 19世紀の終わりに発表された7840個の天体をまとめた「ニュージェネラル・カタログ」の番号が「NGC」番号です。その後、NGCカタログに追加する形でまとめられたのが「インデックスカタログ」の番号で「IC」が使用されています。
銀河の表記 見かけの構造で呼び名が付けられている事が多数です。アメリカの天文学者エドウィン・ハッブルが提唱した銀河の分類が広く使用せれています。「楕円銀河」「レンズ状銀河」「渦巻銀河」「棒渦巻銀河」に分類され、それ以外の不定形の銀河を「不規則銀河」としています。

まとめ

🌟一般的に使用されている星の表記をまとめました。

星の記号は一見するとわかりにくいのですが、全て覚える必要はないので、

好きな星座や天体について調べた時に記号が出てきたら、

表記の意味を理解できるかと思います。

参考になれば幸いです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。