2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星コラム「3月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2018年3月の星空を紹介します。

注目したい天体現象を参考にして観察してください。



水星、金星の接近

🌟3月4日の夕方日が沈んだ頃の西の空で見られます。

と言っても低い位置での観察になるので、見えやすい位置を探して見てください。

もっとも近くなるのは14じ35分頃ですが、太陽の光で見えません、日没後30分後

ぐらいが狙い目でしょうか。

星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。

月が木星、火星、土星に接近

(C)国立天文台

🌟3月上旬には、月と木星、火星、土星が接近して、夜明け前の空を賑やかに

しています。

2月よりもそれぞれ高度が出てきて、さらに観測しやすくなっています。

また、火星は7月に最接近するので、段々と明るさが増してきています。

その変化を楽しむのもいいかと思います。

3月10日には月と火星が近い時です。さらに見つけやすくなるでしょう。

またすぐ東側にある「さそり座」のアンタレスにも注目してください。

火星とアンタレスはいわばライバル関係にあるような星です。

その赤さを比べて見ましょう。

3月11日になるとだいぶ月が低い位置になって、3つの惑星の一番後から追て

きている形の土星とのランデブーが楽しめます。

月の満ち欠けの大きさと、それぞれの惑星の近くを通るときの姿の違いなどを

観察すると楽しいかと思います。

水星の東方最大離角

(C)国立天文台

🌟3月中旬には水星が西の空で見頃を迎えます。

というのも、水星は太陽に近い惑星です、そのため、地球からは低い位置でしか

観察できません。

今回は西、つまり夕方の太陽が沈んだ後の夕闇が迫る頃に、太陽に一緒について

沈んでしまう前の姿を捉えられる機会です。

金星の方が光が強いので、ひときわ輝く姿が見えます。その近くに小さく光る

水星を見つけてください。上記の図の水星と金星の軌道を参考にしてください。

水星の太陽から一番離れるときを最大離角と言います。それが3月16日に

なります。

私たちから見て西側に見えるのに「東方最大離角」というのはなぜかというと、

最大離角するのは水星と太陽との関係で起こるわけです、ですので太陽からみて

東にあるときの一番遠くが「東方最大離角」と言います。逆に、夜明け前は太陽

が昇る前、つまり西側になるので「西方最大離角」と呼ぶのです。

火星と星雲

🌟3月20日頃の夜明け1時間ほど前の空です。

火星が「いて座」にあるM8の干潟星雲と同じく「いて座」のM20の三裂星雲との

接近が見られます。どちらの星雲も、肉眼でみるには少し暗いので、双眼鏡を

使うのをお勧めします。

ですがこのあたりは天の川銀河の中心の方向です、沢山の星雲星団があります。

それらに注目するのもいい機会ですので、観察して見てください。

ただ時間帯が早いので、頑張って早起きしてください。

M8=干潟星雲 M20=三裂星雲

(C)NASA

金星と天王星が接近

🌟3月29日の夕方少し日が沈みきった頃、西の空で金星と天王星の接近した姿が

見られます。

ただ天王星は5~6等級の明るさです、太陽光や人工物の光害の少ない場所で、

金星を頼りにそばにある天王星が確認できるでしょう。

また天王星の楽しみ方はもう一つあります、それには天文台などの施設が開催する

観望会へ参加して大きな望遠鏡で一度見て見てください。

天王星にも環があり美しいです。

星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

まとめ

🌟2018年3月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

3月は惑星が色々と楽しめますね、派手な天体現象ではないですが、

惑星たちの競演はとても美しいです。ぜひ観察してください。

良い観望でありますように。。。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。