2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「4月の星空」

シェアする

(C)国立天文台

🌟2018年4月の星空を紹介します。

天体現象を参考に夜空を見上げてみませんか?



火星と土星の接近

(C)国立天文台

🌟4月3日の深夜から昇り始める火星と土星の接近が見られます。

早起きか夜更かしか、という時間ですが頑張ってみますか?

南のちょうど良い高度のあるのは、夜明け前約1時間というところでしょうか。

ここ数ヶ月での夜明け前の惑星の揃い踏みは、観察していると、その位置の違いが

楽しく感じられる頃でしょう。

月と木星の接近

🌟4月4日の深夜には月と木星の接近も見られます。

この時の月は月齢16~17と明るい時です、周りの星はあまり見えないですが、

木星も負けてはいないので、しっかり見えることでしょう。

月と火星、土星の接近

🌟4月8日になると、月が火星や土星の方へやってきます。深夜に昇り始めます。

この時、木星は南のちょうど良い高度にあり、火星、土星、月と木星の間には、

「さそり座」のアンタレスも赤さを強調しています。

今頃の月は下弦で、このような並びの星が一枚の絵のような姿です。

時間を追うごとに高度がでて見やすくなります。

黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。

🌟また3月の下旬から土星の環の傾きが、開いてい見えるので、観察好機です。

ただ、時間帯が深夜から夜明け前と一般的な観望会には不向きな時間帯です、

それが少し残念ポイントですね。

月と金星の接近

(C)国立天文台

🌟4月18日の日没後の西の空では、細い月と金星の美しい共演が見られます。

どちらも女神由来の星なので、どちらの女神がより美しいかを競い合っているかの

ようですね。

こと座流星群

🌟4月16日~25日にかけて、極大日は23日深夜3時頃、こと座流星群が見れられ

ます。今年のこと座流星群は月に邪魔されることなく、観測条件は良好です。

また、極大時刻は深夜遅い時間ですが、それよりも早い時間で十分観測できます。

放射点がこと座にありますが、流星群は放射点以外でも広く空で確認できます。

ピーク時には1時間に10個は確認されると予測されています。

真夏の宵のころ、天の高い位置に燦然と輝く1つの星があります。それは、ヨーロッパでは「真夏の女王」と呼ばれその気品と風格にふさわしい輝きを放っています。そして、純粋さをイメージさせる、東洋では七夕の織姫としてもポピュラーな人気の高い、「こと座のベガ」です。1等星のベガを見つける方法と「夏の大三角」から見つける方法を紹介しました。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群

金星とプレアデス星団

🌟4月25日頃の日没後の西の空で、金星がひときわ輝く姿が見られます。

その側で、「おうし座」を見つけられますか?

実はそこへ「プレアデス星団」が輝いています。

「おうし座」は冬の星座で冬の間は観察できます、あらかじめ「おうし座」を

おって、「プレアデス星団」を見つけておくと、金星が出てきた時に、

おうし座のアルデバランを頼りに「プレアデス星団」を見つけることができる

でしょう。

また、おうし座には「ヒアデス星団」もあるので、探して見てください。

ただ、高度が低いと光度が下がります、双眼鏡で見ることをお勧めします。

おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。
「ヒアデス星団」について紹介しました。肉眼でもかなりはっきり見えます。「おうし座」の1等星アルデバランはおうしの目に当たります。その1等星から、おうし座の顔の部分にあたる、「V」字型に並ぶ星がヒアデス星団です。
「プレアデス星団」について紹介しました。肉眼でも見えますが、お持ちでしたら双眼鏡で見つけて欲しいです。おうし座のおうしの肩のあたりに見えます。1等星のアルデバランを見つけて、少し右側へ目を向けると、小さなぼんやりした星の塊のようなものが見えます。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

水星の西方最大離角

🌟4月30日の日の出前の時間に、水星が東の空で「西方最大離角」を迎えます。

水星は見る機会の限られた惑星なので、この機会に見て見るのはいかがですか?

まとめ

🌟2018年4月の星空の代表的な天体現象を紹介しました。

4月も惑星が色々と楽しめますね、そしてこと座流星群もあります、

ぜひ観察してください。

良い観望でありますように。。。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
天体望遠鏡よりもリーズナブルで、持ち運びにも便利な双眼鏡で星空を観測してみるのはいかがでしょうか。双眼鏡のメリットとデメリットを比較して、どのようなものが星空を観測するのに適しているかを紹介します。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク










シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »