星コラム「銀河どうしの衝突はあるのか?」

星コラム




 

 

🌟この画像はM64のブラックアイ銀河とよばれる天体です。

「かみのけ座」にあります。

 

渦巻銀河は同じ方向に渦を巻くのですが、この銀河には2つの回転が逆向きに

なっています。これは10億年前に、2つの異なる銀河の合併の結果である可能性が

高いと考えられています。

 

この様に、2つ以上の銀河の合体という現象はどういうことなのか、

簡単に説明します。

 

銀河の衝突について

 

🌟まず、この銀河どうしの衝突は珍しいものではありません。

というのも、私たちが住む天の川銀河は「局所銀河群」と呼ばれる集団に

属しています。

 

この領域は半径約300万光年の間に約50個の銀河が分布しています。

天の川銀河の直径は約10万光年です。近隣お銀河のいくつかは、天の川銀河の

直径の数倍程度の距離に存在しています。

 

例えば、大マゼラン銀河は16万光年しか離れていません。この様に、

銀河の大きさに対し、かなり、密な領域と言えます。実際に衝突途中の銀河は

多く見つかっています。

 

🌟銀河どうしが衝突すると、星と星の間にある、星間ガスどうしが、

まずぶつかります。そこから星間ガスが圧縮され、密度が上がり星形成が

活発になります。

 

衝突後、一旦離れますが、お互いの重力で再び引かれあい、また衝突します。

この様に、何度か衝突を繰り返し、銀河全体で活発な星形成が起こります。

そうすることで、星間ガスが消費してしまうと考えられています。

 

結果的に、巨大な一つの楕円銀河になると言われています。

 

🌟一方で、大きな銀河と、小さな銀河が衝突した場合は、衝突した部分から

星の形成が活発化するのは同じですが、星の形成が徐々に渦巻きの腕の部分で

広がってゆき、新たに星が生まれることで、渦巻腕が立派になってゆくと

考えられています。

 

(C)NASA

 

星どうしの衝突は?

 

🌟銀河の衝突によって、星と星は衝突しないのでしょうか?

 

その可能性はとても低く、ほぼないといいます。

 

その理由は、恒星どうしの間隔が、恒星自体の大きさに比べて、圧倒的に

離れているからです。

 

例えば、太陽は直径69万6000kmです。

太陽から一番近い恒星は「ケンタウルス座」のα星です。

 

その距離は約39兆7300億km(約4.2光年)です。恒星までの距離は

太陽の大きさの6000万倍もあります。

 

というわけで、「ほぼない」ということになっています。

 

星コラム「地球から一番近い星はどこ?」
「地球から一番近い星」と聞いて「月」でしょ。と考えますね、「星」というカテゴリーでは正解です。言い方が悪いですね、地球から一番近い恒星は?もちろん太陽です。では、太陽から一番近い恒星は?こうなると、ご近所話から一気に宇宙のかなたまで飛んで行きますね。

 

 

銀河系とアンドロメダ銀河は衝突する?

 

🌟アンドロメダ座にある「アンドロメダ銀河」は、地球かの距離約230万光年の

ところにあります。

 

局所銀河群のある銀河のうち、アンドロメダ銀河と銀河系は他の銀河に比べると

かなり大規模な銀河です。

 

そのため、周辺の小さな銀河はいずれ巨大な銀河に飲み込まれてしまう

可能性が大いにあります。

 

では、アンドロメダ銀河と銀河系は衝突してしまうのでしょうか。。。

 

答えは、その可能性は大です。

遠い将来の話ですが、衝突して、合体してしまうと考えられています。

 

その根拠はアンドロメダ銀河は、太陽系から見ると秒速275kmのスピードで、

銀河系に近づいているのです。

 

銀河系とアンドロメダ銀河が衝突すると、銀河系は形が完全に変わって

しまいます。そして大きな一つの楕円銀河になると考えられています。

 

ただ、衝突しても約60億年後のお話です。

 

未来の宇宙について、銀河が衝突している

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。

星コラム「未来の宇宙について、銀河が衝突している」
銀河どうしの衝突は珍しい現象ではなく、私たちの住む天の川銀河も、近所のアンドロメダ銀河と衝突の可能性があるのです。衝突の際に、太陽系がアンドロメダ銀河持って行かれる可能性が、約3%程あるそうです。アンドロメダ銀河に移った場合、天の川銀河を外から眺めることが、できることになります。

 

 

 

まとめ

 

🌟銀河どうしの衝突についてまとめました。

銀河どうしの衝突は珍しい現象ではなく、星どうしの衝突がまれなことを

説明しました。

 

また銀河には衝突の途中の段階の銀河もあります。それらは何億年もの時間を

かけて新たな銀河の形態へ姿を変えてゆきます。

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
429 Too Many Requests
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました