2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星コラム「恒星について」

シェアする

(C)NASA

🌟恒星は全ての天体の中でも、最も複雑な存在です。複雑な成り立ちによって、

変化幅が大きく、生まれてから死ぬまでの、気の遠くなるような時間の旅を、

続けています。

そんな恒星をまとめてみました。

恒星とは?

🌟恒星の正体はガス(気体)雲です。ガスが自分自身の重力で収縮を続けて、中央部

が信じがたいほど高温高密度になり、不透明になります。その中心に限界がきた

ら、原子核の核融合反応が起こり、合体します。

水素がヘリウムに変わり、膨大なエネルギーが生じます。このエネルギーが内部か

ら表面に出て行くのですが、星の中心の不透明が、透明になる境界が、星の表面と

なるのです。

恒星の色・温度・大きさ

🌟恒星の固有の明るさ(光度)は極めてバラバラです。色の違いはその表面温度に

由来します。赤色は比較的低温で、高温は青色です。実温度は表面を熱する単位

面積当たりのエネルギー量で決まります。

そして、このエネルギー量は、星の全エネルギー出力(光度)と、大きさで決まり

ます。星が大きければ、表面積も大きいので、放出エネルギーは薄まります。この

ように、色と光度の組み合わせで星の大きさが表わせます。

暗い青白色星は高い表面温度を維持するために、暗い赤色星よりも小さくなりま

す。逆に明るい赤色星は低温で、同じ光度の青色星よりも大きくなります。

(C)NASA

恒星の質量と光度

🌟恒星の光度と表面温度には簡単な関係があります。1924年にイギリスの天文学

者のアーサー・ステンレー・エディントンは連星系の挙動を調べて、これらの星の

質量を推定して、他の特性と比較しました。

その結果、主系列星には光度と質量に明確な関係があり、重い星ほど明るいことが

わかりました。エディントンは重い星ほど中心核の温度と密度が高いため、エネル

ギーをより効率的に生み出せると考えました。

恒星の一生

🌟恒星がどのように進化するかが明らかになってのは、193年代の後半に星のエネ

ルギー発生の仕組みが解明されてからです。この仕組みと、エディントンの発見な

どで、研究が進み、たくさんの種類の星の特性がわかってきました。

星の進化は遅いため、数世紀程度の観測では、ほとんどの特性は変化しません。で

すが、観測できる恒星系の種類が、非常に多いということが、大きな意味を持って

います。

この多くのデータに、スペクトル分析結果による星の大気組成の違いや、星内部の

核融合理論モデルを考え合わせて、ある種類の星が別の種類へ進化してゆくことが

わかってきています。

恒星の進化

🌟典型的な生まれたての原始星は、明るいが温度は低いです。内部がまだ静水圧平

衝に達していないので、平衝に達するにつれて、次第に高温になり、結局質量に応

じた位置で、主系列になります。

星はその後、中心核に水素がなくなるまで、一生の大半は主系列で留まります。中

心描くの内部に変化が起こると、主系列から外れて、進化を始めます。この時、質

量の違いによって、星は異なる運命を辿ります。

太陽程度の質量の星は明るさを増して、温度が下がって赤色巨星になります。その

後に、外層が剥がれて惑星状星雲となり、中心は白色矮星に変化します。質量が非

常に大きい星の場合は、超巨星に膨張し、最後に超新星爆発を起こします。

星の寿命

🌟一般的に同じ星団の星は、全て同じ時期に生まれたものと、考えられています。

星団の中に質量の違う星があると、どのように年老いてゆくかの比較ができます。

明るく輝く星の大部分は大質量星で、青白色星は重力級ですが、そのうち最も大き

いものはすでに、赤色巨星に変化していたりと、太陽程度の質量の星と、その寿命

は異なることがわかっています。

異端児の星

🌟大多数はモデル通り分類できるようなものですが、例外もあります。そのほとん

どが、本来の姿よりも老星が若々しく見える星です。こうした変わり者の星は質量

移動が起きた、稀な例と考えられています。

ある時期に、大量の物質が付加されたり、あるいは剥ぎ取られたりした為に、例外

的な特性に変わってしまったと、思われます。質量移動は、接近した連星系で、起

こるのが普通ですが、たまに星団でも起きることがあります。

まとめ

🌟恒星についてまとめました。

自ら光って見えるのが恒星です、地球に光が届くまでの時間は、かなりかかりま

す、その間にゆっくり少しずつ変化してゆき、その変化は中々観測できませんが、

どんな仕組みかは解明されていってます。

観測技術の進歩は、ほんとすごいです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »