2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



太陽系外縁天体「彗星」について

シェアする

(C)NASA/ハレー彗星

🌟太陽系には惑星以外の小さな天体があります。彗星はそんな小さな天体が

地球にやってくる天体です。

幼い頃に見たアニメでは、敵が彗星に乗ってやってきてました。。。。

思い出深い「彗星」です。



彗星について

🌟彗星は太陽系の誕生時に形成された、山のような大きさの汚れた雪山です。

太陽に近づくと大きさや見た目を大幅に変えて、肉眼で見えるぐらいに明るくなる

こともあります。

極寒の太陽系の外縁には、彗星が1兆個も存在すると推測されています。惑星群が

形成された時から変わっていません。それぞれには雪や氷、岩石の塵からなって

いて、彗星核と呼ばれる塊があります。

こうした氷の天体は小さず着て、地球からは見えません。太陽系の惑星の領域に

入ってきたものは、太陽の熱で、氷が溶け、それがガスとなって噴出し、尻尾の

ように見え、輝きも増して、発見しやすくなります。

彗星の多くは望遠鏡で見つかります。彗星などは小惑星ハンターが日々の観測で、

発見されることが多いのですが、気づかれずに通り過ぎてしまうこともあります。

定期的に戻る彗星もあれば、不意にやってくるもの、回帰周期が数千年から数百万

年間隔で戻ってくるものや、逆に2度と戻らないものもあります。新たに発見され

た彗星には、発見者の名前がつけられます。

(C)NASA

太陽への接近

🌟彗星が小惑星帯を超えて、太陽に近づくと、太陽に熱せられ、核の一部が失わ

れます。この放出される物質により、コマと呼ばれる核を覆う、ガスと塵の巨大な

雲と、途切れることなく空間へと消える2本の尾ができます。

核が太陽の近くを通るたびに、表面物質層の1mほどが、新たなコマと尾に使われ

るので、約76年周期で、太陽の周りを回るハレー彗星のような彗星では、最終的

には、この物質が尽きて、消滅してしまいます。

(C)NASA/ヘール・ポップ彗星

ヘールポップ彗星

🌟明るくて肉眼で見える彗星は、10年に1個の割合で発生します。20世紀で最も

明るい彗星の一つが、ヘールポップ彗星で、1996年〜1997年にかけて肉眼で、

見ることができました。

その姿は、多くの彗星の代表とも言える美しい姿でとらえられ、2本の尾がはっき

り分かれています。まっすぐのガスの尾と、太陽光が反射した、塵の粒子の白色の

ダストテイルが美しく輝いています。

うす青く光っているガスの尾は、イオン化されたもので、自ら光を放っています。

この中にある粒子の軌道は、太陽風の磁場によって決まります。

(C)NASA/ヘール・ポップ彗星

彗星の軌道

🌟彗星の多くは、惑星群や人間の視界のはるか先の、オールトの雲の中に存在し

ています。彗星の存在がわかるのは、時折彗星が、内太陽系へと入ってきて、コマ

と尾ができるからです。

惑星の軌道とは異なり、彗星の軌道は大きな楕円形を描いています。太陽との距離

は時間によって、大きく変化しています。オールトの雲を出て、太陽へ向かう彗星

は、その軌道を1周する所要時間によって分類されています。

短周期彗星は、惑星群の平面に沿って進み、周期は20年未満です。中周期彗星は

20~200年ごとに太陽のそばを通り、その軌道の傾きは様々です。同じように軌道

がいろいろに傾いている長周期彗星の周期は、200年から数千万年と幅広く、太陽

からかなり離れたところを通る彗星については、近くの恒星へ向かっている可能性

もあります。

彗星の軌道は惑星群の重力場の影響を受けます。短期周期彗星は木星の重力によっ

て、内太陽系に捉えられていて、木星は彗星を簡単に弾き飛ばし、長い軌道へ戻す

ことができます。長周期彗星の中には、太陽系から完全に弾き出されれ、銀河へと

向かうものもあります。

まとめ

🌟太陽系外縁天体の彗星についてまとめました。

彗星との身近なつながりは何と言っても流星群ではないでしょうか。

毎年同じ時期に、流星群を降らせる塵の母体は、彗星の尾からの噴出したもの

です。流星群は地球から見るときの星座の名前がつけられているので、直接彗星と

結びつかないかもしれませんが、これを機に、彗星にも注目してください。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »