ブラックホールについて取りまとめ

スポンサーリンク

シェアする




(C)NASA

プラックホールについての記事をまとめました。



このページの項目はこちらです。

星コラム

ブラックホールは、強い重力であらゆる物質を底なし沼のように吸い込んで、光さえも吸い込み、決して外には逃しません。この空間を「ブラックホール」と呼びます。ブラックホールは、超新星爆発を起こした恒星の中心部が、自らの重力で「潰れる」ことによって作られます。
ブラックホールについて、「もう少し知りたいこと」をまとめました。謎の多いブラックホールですが、研究は日々進んでいます。理論上の話から、ブラックホールの候補天体が、たくさん見つかるほどになってきました。
ブラックホールについて、もう少し知りたいなという視点で、まとめました。よくわからない天体だけに、謎が多いのですが、色々と研究されている分野でもあるので、興味深い話題ばかりですね。
捉えられなかったブラックホールが確認できるようになり、机上の空論ではなくなってきているわけですが、それに伴って、推測する部分もまだたくさんあって、興味は尽きませんね。今回は存在を示すようなものを、中心にまとめてみました。
活動銀河とは、どれも中心付近の極めて小さな領域から、その銀河本体よりも超える膨大なエネルギーが生み出されている銀河のことで、その種類には電波銀河、クエーサー、セイファート銀河などがあります。
とても活発な活動銀河で、その中心には、超大質量ブラックホールが、存在していて、ブラックホールに落ちなかった物質が。高エネルギーのジェットとして。噴出されています。それらが点状に輝いて見える天体がクエーサーです。

銀河

おとめ座銀河団の銀河をリストをまとめました。 ほとんどの銀河の中心部にはブラックホールがあると言われています。そんな宇宙の深淵を感じることのできる「おとめ座銀河団」にぜひ注目してみてください。

「M87-NGC4486-銀河」について紹介しました。「おとめ座」にありますが、肉眼では見えません。周りの「しし座」や「かみのけ座」などで大まかな位置を確認しましょう。
「M104-NGC4594-ソンブレロ銀河」について紹介しました。「おとめ座」にありますが、肉眼では見えませんが、位置は周りの「からす座」などで確認しましょう。双眼鏡でぼんやりとして見えるくらいなので、もし観測会などで、大きな望遠鏡で見る機会があれば、ソンブレロ帽の形を確認してみましょう。
「M58-NGC4579-銀河」について紹介しました。「おとめ座」にありますが、肉眼では見えませんが、位置は周りの「しし座」や「うしかい座」などで確認しましょう。「M58」にも大きなブラックホールがあり、銀河の構造も考えると楽しいですね。
「M84-NGC4374-銀河」について紹介しました。「おとめ座」にありますが、肉眼では見えませんが、位置は近くの「しし座」の2等星デネボラを頼りにしてみましょう。「M84」にも大きなブラックホールがありますが、それぞれ特徴が違うので、それらを考えるのも楽しいでしょう。
「M60-NGC4649-銀河」について紹介しました。「おとめ座」にあります、肉眼では見えません。「M60」と「NGC4649」とは二重星のような構造をしていることが発見され、「M60」には大きなブラックホールがありますが、「NGC4649」には無いようでその構造と、形成などの研究が進められています。
「M88-NGC4501-銀河」について紹介しました。「かみのけ座」にありますが、おとめ座銀河団の一員です。「しし座」と「うしかい座」の春の第三角形を頼りに探すと良いでしょう。大体の場所は「おとめ座」の上部になります。
M61-NGC4303-銀河」について紹介しました。「おとめ座」の中心部にあり、肉眼では見えません。おとめ座銀河団としては下部の一団に属しています。ちょうど乙女の心臓部分に「M61」はあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

フォローする

Translate »