星座の神話「秋の星座」

スポンサーリンク



秋の星座を紹介します。

山羊座の神話を紹介しました。「やぎ座」は古くから知られている星座の一つですが、目立つ星があまりなく、暗いので、条件の良い時でなければ、見つけるのに苦労する星座でもあります。
「ペガスス座」のギリシャ神話をまとめました。ペガススは「ペルセウス座」や「ヘラクレス座」とも繋がりがあり、それらを紐解くとさらに奥が深まりますね。
秋になると、ペガスス座に引っ張られるように、緩やかなカーブを描く星列が昇ります。 「アンドロメダ座」は美しいエチオピアの姫の姿を現しています。
秋の足音と共に、冬ごもりをするかのような「おおぐま座」が沈んで行き、それに代わるように「カシオペヤ座」が顔を出します。「カシオペヤ座」のモデルとされているのは、古代のエチオピア国の王ケフェウスの妃であるカシオペヤ王妃です。
「みなみのうお座」のギリシャ神話の紹介をしています。諸説あるものの、代表的なものを2つ、紹介させていただいてます。「美の女神アフロディーテ」説だと、うお座とほぼ同じで、どうもしっくりいきません。ので、私は「豊穣の女神デルセト」説の方が、もっとらしいかな。と考えています。
「うお座」の神話を紹介しました。うお座は2匹の魚が繋がれた姿で描かれていますが、神話の内容も魚に変身した親子がはぐれないようにと結んだリボンでした。また「みなみのうお座」との違いなどを独自の見解を話させてもらいました。
「くじら座」の神話をお話しました。古代エチオピアの王家の神話と重なるところが多々あるのですが、神話はそもそも、単純なお話ですので、繋がりがわかれば、また楽しくなるのではないのでしょうか。
黄道では12星座の1番目という華々しい冠を背負っていますが、神話の世界はどんなお話でしょうか。。。黄金の羊として活躍する姿は、華々しいです。
「ペルセウス座」の神話を紹介しました。ペルセウス座流星群が有名ですが、神話はあまり知られていないので、機会があれば読んでください。
「みずがめ座」の神話を紹介しました。秋の宵に南の空に見頃を迎える、「秋の星座」の一つです。星座図によると、水瓶を抱えた少年が、その瓶から水を注いでいる様子を映した星座です。

スポンサーリンク







フォローする

Translate »