2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「みずがめ座」

シェアする

このページは秋の星座の神話「みずがめ座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

「みずがめ座」は秋の宵に南の空に見頃を迎える、「秋の星座」の一つです。

星座図によると、水瓶を抱えた少年が、その瓶から水を注いでいる様子を映した

星座です。

ちなみにその水は「みなみのうお座」の口の部分へ流れこんでいます。

「みずがめ座」は全体的にくらい星の集まりなので、探す時には隣の

「みなみのうお座」の1等星である「フォーマルハウト」を目印に探す事を

お勧めします。

歴史的には古い時代から知られている星座の一つです。

「みずがめ座」の神話

神話の世界では、水を注ぐ少年を「ガニュメデス」と呼ばれ、このガニュメデス

は、トロイアの王子でした。

その姿は輝くばかりに美しい少年でありました。

そして、その美しさに目をつけたのが、神々の王ゼウスでした。

ギリシャの神々は、性に対して大らかでだったので、男神が若い少年を寵愛する

エピソードが、神話の中にはしばしば登場します。

「みずがめ座」の話もそうでありました。

始まりは

ゼウスとヘラの娘であるへべの結婚でした。

オリュンポスの山に住む神々の酒宴の給仕としてへべがお酌をしていました。

彼女がヘラクレスと結婚する事になり、神々の王ゼウスは代わりの者を探しに

人間界へと赴きます。

そして都市トロイアで輝くほどの美しい少年を見初めました、

それがガニュメデス王子でした。

ゼウスは、鷲の姿に変身してガニュメデスをさらい、神々の住まうオリュンポス

の山へと連れ去ってしまいました。

そこでのガニュメデスに与えられた仕事というのは、神々の飲み物である

ネクタルをゼウスにお酌する事でした。

ガニュメデスは神々に仕える仕事である事を知ると快諾します。

トロイアの国王は悲しんでいましたが、神々の役に立つならと諦めました。

ゼウスは、空を見上げればいつでも、ガニュメデスの姿が見られるように

ガニュメデスが水瓶を担ぐ姿を星座にしました。

これが「みずがめ座」です。

「みずがめ座」のそばを飛ぶ「わし座」は、ゼウスが変身した姿だとされて

います。

余談ですが、

この「鷲」にも諸説あります。

ゼウスが変身した姿というのは先に書きましたが、ゼウスの使いとも言われ、

地上の情報を集めたり、天界の情報を地上へ届けたりする存在であったようです。

また別の説では、

大神ゼウスが神々を軽んじる人類を絶滅させようと、大洪水を起こした時、

神々の寵愛を、受けていたため難を逃れた、人類の第2の祖先となった、

デウカリオンの姿だとも言われています。

神話は奥が深いですね。

「みずがめ座」の見つけ方

「みずがめ座」秋の星座です。

夜空に輝く「みずがめ座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「みずがめ座」は秋には見頃を迎える星座です。流星群は深夜に出現します。 7月の21時頃やっと東の空から昇り始めます。全体的に3等星から5等星という目立つ星があまりありません、しかも全体像は大きめなので、全体を見つけるのは少し難しいようです。

「みずがめ座」は黄道12星座でもあります。

黄道12星座をまとめて紹介しました。それぞれの星座の見つけ方の詳しい説明は各ページをご覧ください。全体を通しての、黄道12星座の関係性がわかれば、さらに星に興味を、持てるかと思います。

この他の秋の星座の神話

この他の秋の星座神話はこちらからお探しください。

    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…

秋以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
  冬の星座の神話を紹介します。     エリダヌス座    …

まとめ

🌟「みずがめ座」の神話を紹介しました。

ギリシャ神話の神々は絶対的な権力を握っていたので、逆らえなかった

のでしょうね。

良い観望であります様に。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »