2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「カシオペヤ座」

シェアする

このページは秋の星座の神話「カシオペヤ座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

秋の足音と共に、冬ごもりをするかのような

「おおぐま座」が沈んで行き、

それに代わるように「カシオペヤ座」が顔を出します。

1等星があるわけもなく、黄道12星座でもない「カシオペヤ座」ですが、

こんなにもメジャーな星座なのは、

その星の並びといってもいいでしょう。

一度見たら忘れられない「W」の形。

また「カシオペヤ」という言葉の響きも美しいからではないでしょうか。。。

そして、古代より愛されているのは、

おおぐま座の北斗七星が沈んだ後の北極星を探す目印になる

星座として多用されてきたからでしょう。

カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。
「北極星」の見つけ方を紹介しました。「こぐま座」からダイレクトな探し方と、「カシオペヤ座」や「おおぐま座」から探す方法を紹介しましたが、季節のよって星座は変わります。動かない北極星が、どこに見えるのか一度探して見ましょう。

カシオペア座の神話

さて、その名前の由来である「カシオペヤ」は

ギリシャ神話の中の登城人物です。

「カシオペヤ座」の神話と深いつながりのある神話はこちら

秋になると、ペガスス座に引っ張られるように、緩やかなカーブを描く星列が昇ります。 「アンドロメダ座」は美しいエチオピアの姫の姿を現しています。
「ペルセウス座」の神話を紹介しました。ペルセウス座流星群が有名ですが、神話はあまり知られていないので、機会があれば読んでください。
「ペガスス座」のギリシャ神話をまとめました。ペガススは「ペルセウス座」や「ヘラクレス座」とも繋がりがあり、それらを紐解くとさらに奥が深まりますね。
「くじら座」の神話をお話しました。古代エチオピアの王家の神話と重なるところが多々あるのですが、神話はそもそも、単純なお話ですので、繋がりがわかれば、また楽しくなるのではないのでしょうか。

「カシオペヤ座」のモデルとされているのは、

古代のエチオピア国の王ケフェウスの妃であるカシオペヤ王妃です。

「古代エチオピア国」は現在の「エチオピア」とは違う場所なのは

ご存知でしょうか。

現在のアフリカにある国ではなく、

現在のイスラエルやシリア一帯を中心とした国だったそうです。

この古代エチオピア国の王妃であるカシオペヤは

とても自慢をするのが好きな人でした。

「口は災いの元」

を体現したお話なのです。

自分自身の自慢話はもちろんの事、

娘の「アンドロメダ姫」の事もとても誇らしく思っていたので、

自慢するのは当然と言わんばかりの口ぶりで周りに聞かせておりました。

その内容後どんどんエスカレートしていきます。

あろう事が、「海のニンフよりも自分の娘の方が美しい」と、

自慢話をしました。

それを聞きつけたニンフが海の神の妻に「人間に馬鹿にされた」と

告げ口をします。

そこからさらに、海の神へ「私たちが人間に侮辱された」と

話が進んで行きます。

こうなれば海の神も黙っているわけにはいきません。

エチオピア国に罰を与える意味で、化け鯨を遣って国民を襲わせました。

困った国王は神にお伺いを立てました。

すると、「お前の妃の言葉が神の怒りをかったのだ、

神の怒りを鎮めるには、災いの原因となった娘を化け鯨の生贄に捧げよ。」

という答えが返ってきました。

泣く泣く国王と王妃は姫を生贄にするために海岸の岩へ

鎖でつなぎました。

さて、

アンドロメダ座」や「ペルセウス座」の神話とは

エピソードが同じですね。

その後、アンドロメダペガススに乗ったペルセウスによって

助けられ、幸せな結婚をしました。

「カシオペヤ座」が星座として天に上げられはしましたが、

北の空で天の北極に近い位置なので、ほぼ1年中沈みません。

低い位置で見えにくくなるときはありますが、

それは海の神の怒りが鎮まらず、元凶であるカシオペヤが

1年中役目を果たすようあの位置で、特に目立つ星がないのに

北極星を探すために必要とされる位置にあるとも言われています。

「北極星」の見つけ方を紹介しました。「こぐま座」からダイレクトな探し方と、「カシオペヤ座」や「おおぐま座」から探す方法を紹介しましたが、季節のよって星座は変わります。動かない北極星が、どこに見えるのか一度探して見ましょう。

この説が本当でしたら、初めのくだりの説明がつきますね。

「w」の形も目立たないけど、

目印が必要だったと納得がいきますね。

「カシオペヤ座」の見つけ方

「カシオペヤ座」秋の星座です。

夜空に輝く「おひつじ座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。

この他の秋の星座の神話

この他の秋の星座神話はこちらからお探しください。

    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…

秋以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

古代エチオピア国には星座の神話と深く関わりがある人物が

多く描かれています。

今回紹介した「カシオペヤ座」もその一つです。

合わせて、国王の「ケフェウス座」と娘の「アンドロメダ座」や、

アンドロメダののちの夫「ペルセウス座」などの神話にも

ふれて欲しいです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »