星座の神話「おひつじ座」

神話




 

 

このページは秋の星座の神話「おひつじ座」です。

あなたの探している神話ですか?

 

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

お探しの「星座の神話」はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

 

 

 

 

 

黄道では12星座の1番目という華々しい冠を背負っていますが、

神話の世界はどんなお話でしょうか。。。

 

おひつじ座の神話

 

プロローグ

 

テッサリアの国王アタマースと、妃ネフェレーとの間に

2人の子供がおりました。

 

しかし、国王アタマースはテーベの王女イーノーに恋をしてしまいます。

その結果、ネフェレー妃を追い出し、新たにイーノーを妃として

迎え入れたのです。

 

イーノー妃は当初は前妃の子供たちを可愛がりましたが、

やがて、自分の子供ができると、前妃の子供たちが邪魔になり、

殺そうと計画をします。

 

麦畑に種を蒔く前夜、イーノー妃は、すべての種を火で炙ってしまいます。

当然、種は芽を出しません。

 

それを「悪いことが起こる前兆に違いない。」と、

何も知らない国王は占い師に占わさせました。

 

しかし、その占い師はイーノー妃によって買収されていたので、

「神々が怒っている、前妃の子供たちを、ゼウス神へ生贄に捧げよ。」

と嘘の神託を告げました。

 

 

国王は迷いましたが、

すでに、イーノー妃が国民にこのお告げを広めていました。

もうどうすることもできません。

 

国民に詰め寄られた王は、とうとう2人の子供たちを生贄に

捧げなくてはならなくなりました。

 

それを知った、前妃のネフェレーは、大神ゼウスの一心に祈りました。

 

哀れに思った大神ゼウスは、彼女の願いを聞き入れて、

息子の伝令の神ヘルメスに命令し、金色の毛を持つ雄羊を遣わしました。

 

2人の兄妹が祭壇に引き出され、今にも神官が2人を殺そうとした

まさにその時、

 

黄金の羊が空を飛んで現れ、2人を背に乗せると、

驚く人々を残して、空の彼方へと飛んで行きました。

 

 

ギリシャから海峡を越え、遠くはコーカサス地方のコルキス国を

目指して飛び続けました。

 

途中、アジアに入ろうという時に、妹のヘレが目眩を起こしてしまい、

なんと海へ落ちてしまい亡くなってします。

 

 

エピローグ

 

兄のプリクソスは無事にコルキス国にたどり着き、

そして、コルキス国王に手厚く迎えられ、王女と結婚し、

幸せな一生を送りました。

 

 

プリクソス王子は大神ゼウスへの感謝を込めて、羊を生贄に捧げ、

大神ゼウスのもとへ戻しました。

 

 

羊はこの手柄で、星座に加えられ、「おひつじ座」になったといいます。

 

 

 

 

🌟おひつじ座の羊は黄金の羊だったのですね。

その割に、地味な星の並びだと思うのは、私だけでしょうか。。。

 

 

「おひつじ座」の見つけ方

 

「おひつじ座」は秋の星座です。

夜空に輝く「おひつじ座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

秋の星座の見つけ方「おひつじ座」
金の毛を持つひつじを象った星座の「おひつじ座」の見つけ方を紹介しました。秋の星座は光の少ない星座が多いので探すのが大変ですが、「おひつじ座」は黄道12星座の始まりの星座です。

 

「おひつじ座」は黄道12星座でもあります。

季節の星座の見つけ方「黄道12星座」
黄道12星座をまとめて紹介しました。それぞれの星座の見つけ方の詳しい説明は各ページをご覧ください。全体を通しての、黄道12星座の関係性がわかれば、さらに星に興味を、持てるかと思います。

 

 

この他の秋の星座の神話

 

この他の秋の星座神話はこちらからお探しください。

星座の神話「秋の星座」
秋の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

秋以外の星座はこちらから探せます。

429 Too Many Requests
星座の神話「夏の星座」
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「冬の星座」
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

 

 

まとめ

 

🌟黄道12星座の筆頭星座である「おひつじ座」ですが、

おとなしそうな羊を想像してました。

 

ところが、黄金に輝き空を駆ける、「羊」だったんですね。

そう思うと見方が少し変わります。

 

小さく控えめな星の並びからは想像もつきませんでした。

 

もっと大胆で派手だったんですね。

 

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました