2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「アンドロメダ座」

シェアする

このページは秋の星座の神話「アンドロメダ座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

秋になると、ペガスス座に引っ張られるように、

緩やかなカーブを描く星列が昇ります。

「アンドロメダ座」は美しいエチオピアの姫の姿を現しています。

探し方はこちら

「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。

「アンドロメダ座」の神話

その昔、エチオピアの国をケフェウス王とカシオペア王妃

統治していた時のことです。

2人にはそれはそれは美しい姫がおりました。

それが王女アンドロメダでした。

そして、絶世の美女だと、ことある毎に母であるカシオペア王妃は、

自慢しておりました。

ある日、いつものように娘の自慢話をしていたカシオペア王妃

「海のニンフ達は美しいことを自慢しているようだけど、

私の娘のは、もっと美しいわ。」

と、口を滑らせてしまいます。

それを聞きつけた海のニンフ達は、人間に劣っていると言われたことに

憤慨し、海の神ポセイドンの妃アムピトリテーに、

そのことを報告しました。

アムピトリテー妃はもともと海のニンフでしたので、

すぐに、夫の海の神ポセイドンに、

「私たちを侮辱した人間を懲らしめて欲しい」と

涙ながらに訴えました。

愛しい妻が人間にバカにされたとあっては、海の神ポセイドンも

黙っているわけにはいきません。

早速、化け鯨ティアマトをエチオピアに送り込み、人々を襲わせました。

この化け鯨はのちに「くじら座」となる鯨なのですが、

詳しくはまた「くじら座の神話」でお話しましょう。

さて、困ったのはエチオピア国王です。

この鯨を鎮めるには、王女を生贄にするしかないと

国民らの訴えがあったのです。

王女1人と、国民の命どっちが大切かと詰め寄られて、

とうとう、アンドロメダ姫を生贄に海岸の岩に括りつけました。

岩につながれたアンドロメダ姫に向かって、化け鯨が襲いかかった

その時、ペガススに乗った若者が怪物の前に立ちはだかりました。

若者の名はペルセウス

大神ゼウスとアルゴスの王女ダナエの息子です。

ペルセウスは魔女メドゥーサ退治をした帰りに、

岩に繋がれたアンドロメダ姫を発見して、助けに現れたのでした。

ペルセウスの神話はこちら

「ペルセウス座」の神話を紹介しました。ペルセウス座流星群が有名ですが、神話はあまり知られていないので、機会があれば読んでください。
「くじら座」の神話をお話しました。古代エチオピアの王家の神話と重なるところが多々あるのですが、神話はそもそも、単純なお話ですので、繋がりがわかれば、また楽しくなるのではないのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

化け鯨を退治したペルセウスは、アンドロメダ姫を国王のもとへ

連れ帰ります。

その後、ペルセウスの父ゼウスのとりなしで、

なんとか海の神ポセイドンの怒りは収まります。

ペルセウスはアンドロメダ姫と結婚をして、エチオピアの王となりました。

2人は立派にエチオピアの国を治め、末長く幸せに暮らしたと

伝えられています。

そうして、この神話の登場人物、ケフェウス、カシオペアペルセウス

アンドロメダ、そして化け鯨までも星座として夜空に輝いています。

紹介していない星座の神話は、またの機会にお話します。

「アンドロメダ座」の見つけ方

「アンドロメダ座」秋の星座です。

夜空に輝く「アンドロメダ座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。

この他の秋の星座の神話

この他の秋の星座神話はこちらからお探しください。

    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…

秋以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

「アンドロメダ座の神話」を紹介しました。

神話の登場人物はその他の星座とのつながりがあり

奥が深いですね。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »