夏の夜空を見てみよう「やぎ座α(アルファ)流星群と流れ星」

「やぎ座α流星群」をご存知ですか?

年間を通してみても、他の流星群と比べると数も少なく

「みずがめ座(デルタ)流星群」と時期が重なる部分もあり

これといって特徴のある流星群ではありません。

極大日は7月30日頃で、星座もみずがめ座の隣で、目立つ星が

ありませんので、「みずがめ座流星群」と区別がつきにくいので

合わせてたくさん観れる都いう点ではいいのかもしれません。

流れ星は、彗星などが残したチリが地球に突入するときに

燃えて発光することによって見られる現象です。

普通の星のように遠方にあるのではなく

地球の空に落ちてくるわけです。

「当然上から下に向かって落ちるように飛ぶものだ。」

と思われがちですが、流星群を見たことのある方は

お気づきかと思いますが、下から上に向かって、

上昇するように見える流星もあります。

先にお話ししたように、

流れ星は、宇宙を漂っていた砂粒のような小さなチリが

地球の引力に引かれ、大気中で燃え尽きる現象です。

地上の海抜高度から言えば、上から下へ落下するわけですが、

どの方向でどんな角度で地球に突入するか、

また地上のどの地点、方向から見るかによって、

見かけの流れる向きは変わってくるということです。

流れ星が実際に光始める高さは

地上約100キロメートルほどです。

消えるのは地上70キロメートルぐらいです。

すなわち、ほとんどが地上に落ちる前に燃え尽きてしまいます。

しかし、中には上空で燃え燃え尽きず地面まで落ちてくる

大きな流れ星もあります。

そのような流れ星は「火球」と呼ばれなす。

私も一度「火球」を見たことがあります。

はじめは何かわからなくて、ただただびっくりしたのを覚えています。

西から東に向かってスーッと光が伸びていって割と長い時間光ってました。

後から考えて「火球」だったな〜と考えた次第です。

「火球」として見えるのは比較的大きな塊で

チリではなく、岩や鉄の塊が地球に飛び込んだものと考えられています。

また、燃え尽きずに落下したものを「隕石」と呼びます。

こういった岩の多くは火星の先の小惑星帯からやってきます。

小惑星帯は惑星になる前に死んでしまった「赤ちゃん星」の

かけらが漂っているところです。

ここで余談ですが「小惑星帯」とは?

惑星になりきれなかった小さな天体、もしくは死んでしまった小さな天体

が火星と木星の間の軌道で漂うに集まっている無数の小天体です。

軌道がわかっているものだけで約40万個以上あります。

宇宙は果てしないですね。。。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。