星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」

(C)NASA

流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。

それの取りまとめを紹介します。

参考にしてください。

「流星群(りゅうせいぐん)」をご存知の方も多いかと思いますが、改めてご紹介します。流星について、流星の素は何か、流星の数、放射点についてなどを簡単にまとめました。



しぶんぎ座流星群

出現期間:1月2日〜1月5日
  極大日:1月3日〜4日

流星の数:多い

🌟「しぶんぎ座」とは現在は存在しない「壁面しぶんぎ座」という星座からの由来です。場所は現在の「りゅう座」と「うしかい座」の間あたりです。

🌟「ペルセウス座流星群」と「ふたご座流星群」と並んで、3大流星群とされています。

🌟年によって数が大きく変わることもありますが、条件が良ければ1時間に50個ほど流星が見られる流星群です。

「りゅう座」は天の北極に近いところに位置していて、特に明るい星があるわけではありませんが、ほぼ1年中、その姿を見つけることができます。

こと座流星群

出現期間:4月20日〜4月23日
極大日:4月21日〜23日

流星の数:中

母星:18611(サッチャー彗星)

🌟小さな流星群で、極大日の頃には1時間に10個程度見られますが、年によって数が大きく異なります。

真夏の宵のころ、天の高い位置に燦然と輝く1つの星があります。それは、ヨーロッパでは「真夏の女王」と呼ばれその気品と風格にふさわしい輝きを放っています。そして、純粋さをイメージさせる、東洋では七夕の織姫としてもポピュラーな人気の高い、「こと座のベガ」です。1等星のベガを見つける方法と「夏の大三角」から見つける方法を紹介しました。

おとめ座流星群

出現期間:3月26日〜4月27日
  極大日:4月7日〜18日

流星の数:少

 🌟秋のおうし座流星群と並ぶほどの規模を誇っていましたが、近年では活動の確認が困難なほど衰退している流星群です。

みずがめ座η流星群

出現期間:5月3日〜5月10日
  極大日:5月5日〜6日

流星の数:多い

母星:ハレー彗星

 🌟みずがめ座には2つの放射点で時期が少し違う流星群があります。こちらはハレー彗星が母体で、軌道上折り返して地点で秋頃出現する「オリオン座流星群」と同じ母体となります。

🌟極大日には1時間に10個程度の流星が見られます。

「みずがめ座」は秋には見頃を迎える星座です。流星群は深夜に出現します。 7月の21時頃やっと東の空から昇り始めます。全体的に3等星から5等星という目立つ星があまりありません、しかも全体像は大きめなので、全体を見つけるのは少し難しいようです。

みずがめ座δ流星群

出現期間:7月15日〜8月20日
  極大日:7月28日〜29日

流星の数:中

母星:マックホルツ彗星

🌟 放射点が「みずがめ座」のδ星の近くにあります。南群と北群に分かれますが、活発な南群を主としています。

🌟特にピークがなく、長い期間見られます。極大日とされる頃には1時間に10個程度見られます。

やぎ座α流星群

出現期間:7月10日〜8月25日
  極大日:7月31日〜8月1日

流星の数:少

 🌟あまり活発ではない流星群ですが、「はくちょう座流星群」と同様に「火球」が期待できる流星群の一つです。

🌟極大日には1時間に数個程度の流星群ですが同じ時期に「みずがめ座δ流星群」があります。

黄道12星座の1つで10番目に位置する「やぎ座」は、歴史も古くシュメール時代に作られました。大まか位置は「いて座」と「みずがめ座」の間にあります。

ペルセウス座流星群

(C)国立天文台

出現期間:8月7日〜8月15日
  極大日:8月12日〜13日

流星の数:多い

母星:スウフト・タットル彗星

 🌟「しぶんぎ流星群」と「ふたご座流星群」と並んで、3大流星群の一つです。

🌟条件が良ければ、1時間に40個以上流星を見ることができます。

ペルセウス座流星群の放射点ある「ペルセウス座」の見つけ方を紹介しました。「W」の形のカシオペア座を頼りに探すのが一番早い探し方でしょう。流星群を見る時の参考にしていただければと思います。

はくちょう座流星群

出現期間:8月8日〜8月25日
  極大日:8月18日〜20日

流星の数:少

 🌟あまり活発ではない流星群ですが、ゆっくりと流れる流星が、見られる流星群で、そのため「火球」と呼ばれる、マイナス3等級にもなる、明るい光を放ちながら、流れてゆく現象が確認できます。

🌟「ペルセウス座流星群」ピークが過ぎた頃に極大日が来るので、目立ちませんが、「火球」を見られるチャンスを見逃さないでください。

夏の宵の頃、天高く輝く3個の明るい星が目を引きます。これは「夏の大三角」と呼ばれる、 「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」、「はくちょう座のデネブ」探すのもすごく簡単に見つかりますね。

オリオン座流星群

(C)NASA

出現期間:10月8日〜10月23日
極大日:10月21日〜23日

流星の数:多い

母星:ハレー彗星

 🌟「みずがめ座η流星群」と同じハレー彗星が母体です。

🌟極大日ごろには1時間に数十個ほどが見れらます。以前は1時間に100個もの流星を確認したことのある流星群です。

冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。

ジャコビニ流星群(りゅう座流星群)

出現期間:10月8日〜10月9日
極大日:10月8日〜9日

母星:ジャコビ二・ツィンナー彗星

 🌟「しぶんぎ流星群」と同じく「りゅう座」に放射点があります。

🌟定期的に大出現することがある流星群ですが、現在では1時間に数個の流星が見られる程度となっています。

ふたご座ε流星群

出現期間:10月20日〜10月30日
極大日:10月18日〜19日

🌟19日(木)に極大日を迎えます。出現時期は中旬から下旬にかけてです。三大流星群の一つに数えられる「ふたご座流星群」は12月14日が極大日の流星群です。こちらの放射点はカストルの近くです。

おうし座流星群

出現期間:10月23日〜11月20日
  極大日:

南群11月4日~5日

北群11月12日〜13日

流星の数:中

母星:エンケ彗星

 🌟南群と北群の2つに別れている流星群です。それぞれ極大日が別れていますが、大きなピークは無く、長期間にわたり1時間に数個の流星が見られます。

おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。

しし座流星群

出現期間:11月14日〜11月19日
極大日:11月17日〜18日

母星:テンペル・タットル彗星

 🌟極大日の頃には1時間に数十個ほどの流星が見られますが、日本では、2001年に流星雨(流星が雨のように降り注ぐ現象)になりましたが、その後はあまり活発な動きはありません。33年の周期とも言われています。

形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

ふたご座流星群

(C)国立天文台

出現期間:12月11日〜12月16日
極大日:12月12日〜14日

流星の数:多い

母星:フェートン彗星

 🌟「しぶんぎ流星群」と「ペルセウス流星群」と並んで3大流星群の一つです。

🌟極大日の頃には、1時間に数十個ほどの流星が見られます。

黄道12星座の「ふたご座」の見つけ方を紹介しました。冬の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、周りも賑やかな星座のある場所なので、見ても楽しいです。そして「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、合わせて見つけ方も紹介します。

こぐま座流星群

出現期間:12月21日〜12月23日
  極大日:12月22日〜23日

流星の数:少

母星:タットル彗星

🌟小さな流星群ですが、放射点が「北極星」の近くにあるために、1晩中見ることができます。

🌟1時間に数個ほど見られる年もあれば、見られない年もあります。逆に急に活発になる年もあります。

まとめ

🌟1年間を通して、ほぼ決まったように出現する流星群を

取りまとめしました。

観望会への参加や、ご旅行時に、またイベントの目玉企画にと、

参考になれば幸いです。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。