2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




太陽系惑星について「木星の衛星ーエウロパ」

シェアする

(C)NASA

🌟木星の衛星は60個以上確認されています。

その中でも、「ガリレオ衛星」と呼ばれる4個の衛星は、大型で木星が生まれた時に

同じくして、誕生したと考えられています。

天体望遠鏡で、木星を見たことがある方は、ご存知でしょうが、木星の周りにある

衛星も一緒に確認できます。(ただし、重なっていないときです)

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。
太陽系の中で最も大き惑星の「木星」には67個もの衛星を持っています。中でも「ガリレオ衛星」と呼ばれる4個は一際大きく、「第3衛星のガニメデ」は惑星の水星を上回る大きさがあり、太陽系最大の衛星となっています。
太陽系惑星「木星の衛星ーイオ」についてまとめました。人知れず火山活動をしていて、生きている星のような印象を持ちます。黄色い色は硫黄の色かと思っていたら、火山から噴出物に含まれる微量のナトリウムのせいでした。
太陽系惑星「木星の衛星ーガニメデ」についてまとめました。「ガニメデ」という名前は、神々の酒を注ぐ役目の、美少年ガニュメデスから名付けられています。これは「みずがめ座」と同じ美少年がモデルのようです。
太陽系惑星「木星の衛星ーカリスト」についてまとめました。表面は月の裏側のような印象のカリストです、クレーターのイメージが重なるからでしょうか。内部の水の層のことも、外側のデータで、内部のシュミレートできるのが、すごいですね。

衛星エウロパについて

地球の月よりも、少し小さいエウロパです。木星の衛星の中では4番目の大きさで

、木星の周りを約3.5日かけて公転しています。自転周期も一致しています。

エウロパの一番外側の層は水の氷の地殻です。この氷の下には、液体の水の海が衛星

全体に広がっていることがわかっていて、その内側は岩石の層と金属の中心核に、

分かれています。

氷の地殻はとてもよく光を反射します、そのため、エウロパの表面は太陽系の中で

最も、明るい部類に入ります。表面の滑らかさも際立っていて、数百m以上の高低差

を持つ地形は見当たりません。

表面には、広大な氷原とゴチャゴチャした地形、それに暗い色の線状模様といった

地形が見られます。こうした地形はケルト神話に登場する名前や、ローマ神話で主神

ユピテルに誘惑された、王女エウロパにちなんだ名前が付けられています。

(C)NASA

エウロパの特徴1ー混沌とした表面

エウロパの地表は、形成されてから5000万年ほどしか、経っていないと考えられて

います。衝突クレーターは、ほとんど見当たらず、表面が比較的若いことが、その理

由の一つです。

それ以前に形成されたクレーターは、エウロパの表面が、絶えず生まれ変わるせい

で、破壊されたと考えられています。広大な氷の地殻が割れて、大きな氷塊となって

漂い、新たな場所へ移動してゆきます。

割れ目が広がり、それを氷が埋めることもあれば、別の場所で、水や温度が高めの

氷が表面を押し上げて、隆起させることもあります。

このような激しい変化を起こした地域はカオスと呼ばれ、独特な崩壊地形を形成して

います。そうした地形の一つに、赤く染まった場所や、浅い溝は、コナマラ・カオス

と呼ばれ、エウロパ表面のあちらこちらで確認できます。

(C)NASA

エウロパの特徴2ー液体の海

エウロパ表面の平均温度は、マイナス170℃です。ですが、その表面下から数十km

には、液体として存在できるほど温度の高い水があります。

エウロパの海は、地球の海、全体のおよそ2倍に匹敵する量の水を、湛えています。

水が液体の状態で、存在しているのは潮汐力による熱のせいです。

木星の周りを巡るエウロパは、木星の重力によって、内部が様々な方向へ引っ張られ

て、伸縮しています。その結果、内部で摩擦熱が発生し、水が液体状態を保てるよう

になっています。

天文学者の多くは、地球の海洋に見られるような微生物が、生息しているかも知れ

ないと、エウロパの海に強い関心を抱いています。また、最近では微生物の存在に、

十分な酸素が含まれている、とも言われています。

(C)NASA

エウロパの基本情報

エウロパのデータ

木星からの距離 670,900km
公転周期 35,512日
赤道半径 1,565km
発見者 ガリレオ
発見年 1610年

(C)NASA

ガリレオ衛星について

木星の衛星の中でも、特に大きい4個の衛星がイオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト

で、これらを総じて、「ガリレオ衛星」と呼んでいます。

なぜ「ガリレオ衛星」と呼ばれるかは、名前でピンとくるかも知れませんね、1610

年にイタリアのパドバで、4個の衛星を観測したのが、かのガリレオ・ガリレイでし

た、ガリレオは観測結果を出版し、科学者や世間一般に、その存在を知らせました。

このことから、広く木星の衛星の発見者として、世間からも認められ、ガリレオが

発見した衛星として、呼ばれるようになったのが「ガリレオ衛星」です。

木星の直径は地球の11倍、体積はなんと1300倍も有ります。しかし、そんな巨体の割に体重は軽く、地球の318倍ほどしかありません。太陽系最大のジャンボ惑星なのに、体つきがひどくアンバランスなのです。
太陽系の中で最も大き惑星の「木星」には67個もの衛星を持っています。中でも「ガリレオ衛星」と呼ばれる4個は一際大きく、「第3衛星のガニメデ」は惑星の水星を上回る大きさがあり、太陽系最大の衛星となっています。
太陽系惑星「木星の衛星ーイオ」についてまとめました。人知れず火山活動をしていて、生きている星のような印象を持ちます。黄色い色は硫黄の色かと思っていたら、火山から噴出物に含まれる微量のナトリウムのせいでした。
太陽系惑星「木星の衛星ーガニメデ」についてまとめました。「ガニメデ」という名前は、神々の酒を注ぐ役目の、美少年ガニュメデスから名付けられています。これは「みずがめ座」と同じ美少年がモデルのようです。
太陽系惑星「木星の衛星ーカリスト」についてまとめました。表面は月の裏側のような印象のカリストです、クレーターのイメージが重なるからでしょうか。内部の水の層のことも、外側のデータで、内部のシュミレートできるのが、すごいですね。

まとめ

太陽系惑星「木星の衛星ーエウロパ」についてまとめました。

エウロパの海が地球の海よりも多く、しかも、酸素も含まれている可能性があって、

となると、地球外生命体の可能性を期待してしまいますね。

ガリレオ衛星と木星を見る機会があれば、ぜひとも見て見てください。

そんな思いでまとめてみました。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »