2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




流星群を見てみよう「やぎ座α(アルファ)流星群」

シェアする

流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群

天文、宇宙好き以外でも期待される、天体ショーが流星群です。

年間を通して、色々な流星群が楽しめます。

やぎ座α(アルファ)流星群

「やぎ座α流星群」をご存知ですか?

年間を通してみても、他の流星群と比べると数も少なく

「みずがめ座(デルタ)流星群」と時期が重なる部分もあり

これといって特徴のある流星群ではありません。

極大日は7月30日頃で、星座もみずがめ座の隣で、目立つ星が

ありませんので、「みずがめ座流星群」と区別がつきにくいので

合わせてたくさん観れる都いう点ではいいのかもしれません。

やぎ座α流星群

出現期間:7月10日〜8月25日
  極大日:7月31日〜8月1日

流星の数:少

 🌟あまり活発ではない流星群ですが、「はくちょう座流星群」と同様に「火球」が期待できる流星群の一つです。

🌟極大日には1時間に数個程度の流星群ですが同じ時期に「みずがめ座δ流星群」があります。

黄道12星座の1つで10番目に位置する「やぎ座」は、歴史も古くシュメール時代に作られました。大まか位置は「いて座」と「みずがめ座」の間にあります。

特徴

流れ星は、彗星などが残したチリが地球に突入するときに

燃えて発光することによって見られる現象です。

普通の星のように遠方にあるのではなく

地球の空に落ちてくるわけです。

「当然上から下に向かって落ちるように飛ぶものだ。」

と思われがちですが、流星群を見たことのある方は

お気づきかと思いますが、下から上に向かって、

上昇するように見える流星もあります。

先にお話ししたように、

流れ星は、宇宙を漂っていた砂粒のような小さなチリが

地球の引力に引かれ、大気中で燃え尽きる現象です。

地上の海抜高度から言えば、上から下へ落下するわけですが、

どの方向でどんな角度で地球に突入するか、

また地上のどの地点、方向から見るかによって、

見かけの流れる向きは変わってくるということです。

流れ星が実際に光始める高さは

地上約100キロメートルほどです。

消えるのは地上70キロメートルぐらいです。

すなわち、ほとんどが地上に落ちる前に燃え尽きてしまいます。

しかし、中には上空で燃え燃え尽きず地面まで落ちてくる

大きな流れ星もあります。

そのような流れ星は「火球」と呼ばれなす。

私も一度「火球」を見たことがあります。

はじめは何かわからなくて、ただただびっくりしたのを覚えています。

西から東に向かってスーッと光が伸びていって割と長い時間光ってました。

後から考えて「火球」だったな〜と考えた次第です。

「火球」として見えるのは比較的大きな塊で

チリではなく、岩や鉄の塊が地球に飛び込んだものと考えられています。

また、燃え尽きずに落下したものを「隕石」と呼びます。

こういった岩の多くは火星の先の小惑星帯からやってきます。

小惑星帯は惑星になる前に死んでしまった「赤ちゃん星」の

かけらが漂っているところです。

ここで余談ですが「小惑星帯」とは?

惑星になりきれなかった小さな天体、もしくは死んでしまった小さな天体

が火星と木星の間の軌道で漂うに集まっている無数の小天体です。

軌道がわかっているものだけで約40万個以上あります。

宇宙は果てしないですね。。。

流星とは何か。。。

宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度

のチリの粒が地球の大気に飛び込んで

大気と激しく衝突します。

その速さは秒速10〜72キロメートルで

地球に突入してきます。

地球も秒速30キロメートルで動いているので、

正面から突入したものは 速くなり、

後ろから突入したものは 遅くなります。

その時、高温になってチリが気化する一方で、

大気や気化したチリの成分が光を放つ現象を言います。

そのチリはどこから来るのか、

主に彗星が運んできます。

というのも、彗星はこのようなチリの粒を軌道上に放出していて、

チリの粒の集団は、それを放出した彗星の軌道上に

密集することになるのです。

彗星の軌道と地球の軌道が交差している場合、

地球がその位置に差し掛かると、

チリの粒がまとめて地球の大気中に飛び込んできます。

この時に たくさんの流星が見られる現象を「流星群」と呼んでいます。

地球が彗星の軌道を横切る日時は毎年ほぼ決まっています、

だから毎年特定の時期に特定の「流星群」が出現するわけです。

まとめ

やぎ座α流星群の紹介をしました。

夏は流星群が大小があるものの、沢山のやってきます。極大日でなくても、

意外と、夏は流れ星が多いので、星を見上げる機会をつくって欲しいです。

良い観望でありますように。。。

参考文献・サイト一覧はこちら

  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »