星座の神話「冬の星座」

スポンサーリンク



冬の星座の神話を紹介します。

秋の終わりを告げ、冬の到来の先駆けになる星座が、「おうし座」です。大神ゼウスの化身とされ、広く知られている神話ですが、簡単に紹介します。神話を読み解くと、星座のいわれがわかるので、見つけ方と合わせて読んでいただきたいです。
「オリオン座」は、紀元前1400年頃のアッシリアでは、天の狩人座として、すでに知られていました。農業の神タンムーズの姿と考えられたこともありました。このように、オリオン座の神話には諸説ありますが、代表的なものを紹介します。
「ぎょしゃ座」の神話を簡単に紹介しました。謂れを知らなければ、足の不自由な王であったことが、わからないので、神話からも星座の成り立ちが知れるのが、面白いところです。観望会などで、参考になれば幸いです。
「おおいぬ座」の神話を紹介しました。諸説あり、特定ができていないのが現状のようです。星座のある場所としては、オリオン座のすぐ下にあることから、オリオンの猟犬説が有力ではあるようですが、物語としてはレラプス説が多数派のようです。
とても小さな星座で、天の川の辺りで、涙目になているような、印象があったようで、少し可哀想な神話になています。目の位置にあたるβ星がゴメイザ(涙ぐむ目)という意味です。諸説あるのですが、二つほど紹介します。
「とも座」、「ほ座」「らしんばん座」「りゅうこつ座」はかつて「アルゴ船座」という星座でした。そのアルゴ船にまつわる神話があるので紹介します。
「エリダヌス座」は川の名前ですが、その川にもまつわる神話が残されています。簡単に紹介します。主人公は川ではなく、太陽神ヘリオスの息子のファエトンという青年です。
「ふたご座」の神話を紹介しました。太陽の通り道である黄道に並ぶ12星座のうち、3番目に位置する「ふたご座」は古代バビロニアから「大きな双子」として知られていました、というのも、「ふたご座」は地中海沿岸地方では航海の守り神として崇められいたからです。

スポンサーリンク







フォローする

Translate »