2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「こいぬ座」

シェアする

このページは冬の星座の神話「こいぬ座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

🌟とても小さな星座で、天の川の辺りで、涙目になているような、

印象があったようで、少し可哀想な神話になています。

目の位置にあたるβ星がゴメイザ(涙ぐむ目)という意味です。

諸説あるのですが、二つほど紹介します。

こいぬ座の神話

狩人アクタイオンの猟犬

🌟猟犬たちと共に鹿狩りをしていた、狩の名手アクタイオンは、

ある日、いつものように、鹿を追っていくうちに、

いつの間にか、森の奥深くに入り込み、気がつくと、

女神アルテミスの谷に迷い込んでしまいました。

月と狩の女神アルテミスは、狩に疲れると、共をしているニンフ達と、

この谷の泉で水浴びを、する場所でもありました。

茂みの向こうから、聞こえてくる女性の声に、誘われるように

覗き込んで見ると、女神アルテミスと共に、数人のニンフが

水浴びをしているところでした。

自分の裸を見られた女神アルテミスは、激しく怒り、

アクタイオンに呪いをかけました。

すると、アクタイオンの姿は、みるみるうちに鹿へ変わり、

叫び声までも鹿のうめき声になっていました。

その声を聞きつけた、彼の猟犬たちは、その鹿を噛み殺し、

主人のアクタイオンが来るのを待ていました。

しかし、いつまでたっても姿を表すはずもなく、

その姿を哀れに思った女神は猟犬50頭のうちの1頭を天に上げて、

星座にしました。

それが、「こいぬ座」と言われています。

「おおいぬ座」もアクタイオンの猟犬の1頭という説もあります。

イカリオスの愛犬マイラ

🌟イカリオスはアテネの国王でした。

ある日、酒の神ディオニュッソスに葡萄の木を授けられ、

イカリオス王はその葡萄から、葡萄酒を初めて作りました。

そして国民に振舞いました。

その葡萄酒を飲んで酔っ払ってしまった、人々は毒を飲まされたと、

勘違いをして、イカリオス王を殺してしまいます。

王を殺した人々は、その行いが発覚するのを恐れて、

遺体を松の木の根元に、密かに埋め、国外へ逃亡しました。

しかし、それを見ていたものがいたのです。

イカリオス王の愛犬マイラです。

マイラはイカリオスを探してやって来た一人娘のエーリゴネーに、

その場所を教えました。

彼女は変わり果てた父の姿に絶望して、松の木の下で自ら命を

絶ってしまいます。

マイラは冷たくなった父娘の傍を離れることなく、鳴き続け、

やがて力尽き、死んでしまいました。

それからと言うもの、アテネの国では、次々に若い娘が、

松の木の下で、命を絶つ事件が続きました。

人々は神託を仰ぐことにしました。

すると、神は「エーリゴネーの呪いのせいであり、イカリオスを殺した

犯人の罪を明らかにしなければ、災いは続く。」

と告げたのです。

アテネの人々は、世界中を探し回って、犯人を捜し出し、

アテネに連れ帰って、その罪を問い、刑に処しました。

その上で、イカリオスを偲んで、毎年、葡萄の収穫祭を

行うことにしました。

イカリオスとエーリゴネーの遺体を守って死んだマイラは、

神々によって、星座となりました。

それが「こいぬ座」だと伝えられています。

「こいぬ座」の見つけ方

「こいぬ座」冬の星座です。

夜空に輝く「こいぬ座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。

この他の冬の星座の神話

この他の冬の星座神話はこちらからお探しください。

  冬の星座の神話を紹介します。     エリダヌス座    …

冬以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…

まとめ

🌟「こいぬ座」の神話を紹介しました。

諸説ある中の二つほど紹介しましたが、

どちらも物悲しいお話ですね。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
  太陽と太陽系惑星について     水星     &nbs…
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »