星座の神話「こいぬ座」

🌟とても小さな星座で、天の川の辺りで、涙目になているような、

印象があったようで、少し可哀想な神話になています。

目の位置にあたるβ星がゴメイザ(涙ぐむ目)という意味です。

諸説あるのですが、二つほど紹介します。



こいぬ座の神話

狩人アクタイオンの猟犬

🌟猟犬たちと共に鹿狩りをしていた、狩の名手アクタイオンは、

ある日、いつものように、鹿を追っていくうちに、

いつの間にか、森の奥深くに入り込み、気がつくと、

女神アルテミスの谷に迷い込んでしまいました。

月と狩の女神アルテミスは、狩に疲れると、共をしているニンフ達と、

この谷の泉で水浴びを、する場所でもありました。

茂みの向こうから、聞こえてくる女性の声に、誘われるように

覗き込んで見ると、女神アルテミスと共に、数人のニンフが

水浴びをしているところでした。

自分の裸を見られた女神アルテミスは、激しく怒り、

アクタイオンに呪いをかけました。

すると、アクタイオンの姿は、みるみるうちに鹿へ変わり、

叫び声までも鹿のうめき声になっていました。

その声を聞きつけた、彼の猟犬たちは、その鹿を噛み殺し、

主人のアクタイオンが来るのを待ていました。

しかし、いつまでたっても姿を表すはずもなく、

その姿を哀れに思った女神は猟犬50頭のうちの1頭を天に上げて、

星座にしました。

それが、「こいぬ座」と言われています。

「おおいぬ座」もアクタイオンの猟犬の1頭という説もあります。

イカリオスの愛犬マイラ

🌟イカリオスはアテネの国王でした。

ある日、酒の神ディオニュッソスに葡萄の木を授けられ、

イカリオス王はその葡萄から、葡萄酒を初めて作りました。

そして国民に振舞いました。

その葡萄酒を飲んで酔っ払ってしまった、人々は毒を飲まされたと、

勘違いをして、イカリオス王を殺してしまいます。

王を殺した人々は、その行いが発覚するのを恐れて、

遺体を松の木の根元に、密かに埋め、国外へ逃亡しました。

しかし、それを見ていたものがいたのです。

イカリオス王の愛犬マイラです。

マイラはイカリオスを探してやって来た一人娘のエーリゴネーに、

その場所を教えました。

彼女は変わり果てた父の姿に絶望して、松の木の下で自ら命を

絶ってしまいます。

マイラは冷たくなった父娘の傍を離れることなく、鳴き続け、

やがて力尽き、死んでしまいました。

それからと言うもの、アテネの国では、次々に若い娘が、

松の木の下で、命を絶つ事件が続きました。

人々は神託を仰ぐことにしました。

すると、神は「エーリゴネーの呪いのせいであり、イカリオスを殺した

犯人の罪を明らかにしなければ、災いは続く。」

と告げたのです。

アテネの人々は、世界中を探し回って、犯人を捜し出し、

アテネに連れ帰って、その罪を問い、刑に処しました。

その上で、イカリオスを偲んで、毎年、葡萄の収穫祭を

行うことにしました。

イカリオスとエーリゴネーの遺体を守って死んだマイラは、

神々によって、星座となりました。

それが「こいぬ座」だと伝えられています。

まとめ

🌟「こいぬ座」の神話を紹介しました。

諸説ある中の二つほど紹介しましたが、

どちらも物悲しいお話ですね。

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。