星座の神話「おうし座」

冬の星座




 

 

このページは冬の星座の神話「おうし座」です。

あなたの探している神話ですか?

 

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

お探しの「星座の神話」はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

 

 

 

 

🌟秋の終わりを告げ、冬の到来の先駆けになる星座が、

「おうし座」です。

 

大神ゼウスの化身とされ、広く知られている神話ですが、

簡単に紹介します。

 

 

「おうし座」の神話

 

🌟始まりは、フェニキュアの王女エウロパの美しさに心を奪われた、

大神ゼウスからでした。

 

春のある日、

 

王女エウロパは侍女たちと共に野原へ出かけました。

そこは、様々な花が咲き乱れ、甘い香りが漂う花園で、

王女エウロパは花を摘んだり、花冠を作ったり、首飾りを作ったり、

花園の中で戯れていました。

 

その様子を見ていた大神ゼウスは、1頭の牡牛に姿を変え、

ゆっくり花園の中に入って行きます。

 

いつの間にか近くに、牛がいることに、気がついたエウロパたちは、

最初は驚きました。

 

ですが、牛はとてもおとなしく、そして美しく、目は優しそうに、

潤んでいました。

 

エウロパはそっと牛を撫でてみます、すると牛は気持ちよさそうに、

撫でられています。そんな姿を見て、すっかり安心したエウロパたちは、

牛に冠を被せたり、首飾りをつけたりと遊び始めます。

 

美しく飾られた牛に、興味を覚えた王女エウロパは、

そっと牛に乗ってみました。

 

 

侍女たちの心配をよそに、牡牛はエウロパをの背中に乗せて、

ゆっくりと野原の中を歩いて行きます。

 

そして、海辺に着いた途端、牡牛は突然物凄い勢いで、

海の中に駆け込みました。

 

降りようにも、すでに、海の深い沖までいってしまい、

エウロパは降りることもできません。

 

悲鳴をあげながら、牡牛にしがみつくほか、ありませんでした。

海岸線では、泣き叫ぶ侍女たちの姿がみるみる小さくなって行きます。

 

エウロパを乗せた牡牛の周りには、いつしか海のニンフたちが、

集まり、舞いながら着いてきています。

また、イルカや様々な海の生き物が、まるで挨拶をするかのように、

姿を現してきます。

 

エウロパは牡牛が神様の化身ではないか、と考え始めます。

 

「あなたはどなたですか?」

 

と、エウロパは尋ねました。

すると、牡牛は澄んだ声で、答えます。

 

「私は、神々の王ゼウスだ。

恐れることはない、愛ゆえにこんな姿で、お前を迎えにきたのだ。」

 

そうして、大神ゼウスは、自身の生まれ故郷のクレタ島へ、

エウロパを連れて行きました。

 

ここで、2人は結婚をしました。

 

大神ゼウスは、その記念に、自分が変身した雄牛の姿を星座にし、

こうして「おうし座」が誕生しました。

 

 

エピローグ

 

大神ゼウスとエウロパとの間には、3人の息子が生まれましたが、

ゼウスは、天上に去って行きます。

 

その後、エウロパはクレタ島の王アステリオスと結婚し、

幸せな一生を過ごしたと言われています。

 

さて、大神ゼウスとの間に生まれた3人の息子たち、

ミノス、ラダマンチュス、サルぺドーンは、アステリオス王の養子として、

迎えられ、ミノスはのちにクレタ島の王となりました。

 

ラダマンチュスは公正で正直な立法者として、名をとどろかせ、

ギリシャ中の王が法律を学びにやってきました。

 

ミノスとラダマンチュスは、死後、英雄たちだけが行けるという

楽園エーリュシオンの野に住み、大神ゼウスによって、

死者が善人か悪人かを裁く、冥界の裁判官に、任命された

と言われています。

 

また、末のサルぺドーンはリュキア国を興し、300年にわたって、

生きることを許されたと、伝えられています。

 

 

ちなみに、エウロパはヨーロッパの語源になっている、

という説もあります。

 

 

 

「おうし座」の見つけ方

 

「おうし座」は冬の星座です。

夜空に輝く「おうし座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

冬の星座の見つけ方「おうし座」
おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。

 

「おうし座」は黄道12星座でもあります。

季節の星座の見つけ方「黄道12星座」
黄道12星座をまとめて紹介しました。それぞれの星座の見つけ方の詳しい説明は各ページをご覧ください。全体を通しての、黄道12星座の関係性がわかれば、さらに星に興味を、持てるかと思います。

 

 

この他の冬の星座の神話

 

この他の冬の星座神話はこちらからお探しください。

星座の神話「冬の星座」
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

冬以外の星座はこちらから探せます。

429 Too Many Requests
星座の神話「夏の星座」
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「秋の星座」
秋の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

 

 

 

まとめ

 

「おうし座」の神話を紹介しました。

ゼウスの化身から星座となったのは、この他にも、

「わし座」や「はくちょう座」などもそうです。

 

また、他の神さまも変身した姿が星座になっているものも

多々あります。

 

神話を読み解くと、星座のいわれがわかるので、

見つけ方と合わせて読んでいただきたいです。

 

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました