星座の神話「おうし座」

🌟秋の終わりを告げ、冬の到来の先駆けになる星座が、

「おうし座」です。

大神ゼウスの化身とされ、広く知られている神話ですが、

簡単に紹介します。



このページの項目はこちらです。

「おうし座」の神話

🌟始まりは、フェニキュアの王女エウロパの美しさに心を奪われた、

大神ゼウスからでした。

春のある日、

王女エウロパは侍女たちと共に野原へ出かけました。

そこは、様々な花が咲き乱れ、甘い香りが漂う花園で、

王女エウロパは花を摘んだり、花冠を作ったり、首飾りを作ったり、

花園の中で戯れていました。

その様子を見ていた大神ゼウスは、1頭の牡牛に姿を変え、

ゆっくり花園の中に入って行きます。

いつの間にか近くに、牛がいることに、気がついたエウロパたちは、

最初は驚きました。

ですが、牛はとてもおとなしく、そして美しく、目は優しそうに、

潤んでいました。

エウロパはそっと牛を撫でてみます、すると牛は気持ちよさそうに、

撫でられています。そんな姿を見て、すっかり安心したエウロパたちは、

牛に冠を被せたり、首飾りをつけたりと遊び始めます。

美しく飾られた牛に、興味を覚えた王女エウロパは、

そっと牛に乗ってみました。

侍女たちの心配をよそに、牡牛はエウロパをの背中に乗せて、

ゆっくりと野原の中を歩いて行きます。

そして、海辺に着いた途端、牡牛は突然物凄い勢いで、

海の中に駆け込みました。

降りようにも、すでに、海の深い沖までいってしまい、

エウロパは降りることもできません。

悲鳴をあげながら、牡牛にしがみつくほか、ありませんでした。

海岸線では、泣き叫ぶ侍女たちの姿がみるみる小さくなって行きます。

エウロパを乗せた牡牛の周りには、いつしか海のニンフたちが、

集まり、舞いながら着いてきています。

また、イルカや様々な海の生き物が、まるで挨拶をするかのように、

姿を現してきます。

エウロパは牡牛が神様の化身ではないか、と考え始めます。

「あなたはどなたですか?」

と、エウロパは尋ねました。

すると、牡牛は澄んだ声で、答えます。

「私は、神々の王ゼウスだ。

恐れることはない、愛ゆえにこんな姿で、お前を迎えにきたのだ。」

そうして、大神ゼウスは、自身の生まれ故郷のクレタ島へ、

エウロパを連れて行きました。

ここで、2人は結婚をしました。

大神ゼウスは、その記念に、自分が変身した雄牛の姿を星座にし、

こうして「おうし座」が誕生しました。

エピローグ

大神ゼウスとエウロパとの間には、3人の息子が生まれましたが、

ゼウスは、天上に去って行きます。

その後、エウロパはクレタ島の王アステリオスと結婚し、

幸せな一生を過ごしたと言われています。

さて、大神ゼウスとの間に生まれた3人の息子たち、

ミノス、ラダマンチュス、サルぺドーンは、アステリオス王の養子として、

迎えられ、ミノスはのちにクレタ島の王となりました。

ラダマンチュスは公正で正直な立法者として、名をとどろかせ、

ギリシャ中の王が法律を学びにやってきました。

ミノスとラダマンチュスは、死後、英雄たちだけが行けるという

楽園エーリュシオンの野に住み、大神ゼウスによって、

死者が善人か悪人かを裁く、冥界の裁判官に、任命された

と言われています。

また、末のサルぺドーンはリュキア国を興し、300年にわたって、

生きることを許されたと、伝えられています。

ちなみに、エウロパはヨーロッパの語源になっている、

という説もあります。

まとめ

「おうし座」の神話を紹介しました。

ゼウスの化身から星座となったのは、この他にも、

「わし座」や「はくちょう座」などもそうです。

また、他の神さまも変身した姿が星座になっているものも

多々あります。

神話を読み解くと、星座のいわれがわかるので、

見つけ方と合わせて読んでいただきたいです。

おうし座の見つけ方を紹介しました。おうし座には1等星アルデバランがありそれが目印となります。また、おうし座には星団が2つもあり、見える星の数は多いです。その一つは日本でもお馴染みの「すばる」こと「プレアデス星団」です。それらを見るのもまた楽しみな星座です。
「わし座」の神話にはギリシャ神話に属するものと、七夕に由来するものとがあります。ギリシャ神話の方を紹介しましょう。
「はくちょう座」と聞くと私は天の川を渡る十字型を思い浮かべます。 黄道の12星座とは違い少し高い位置姿を確認することが...
山羊座の神話を紹介しました。「やぎ座」は古くから知られている星座の一つですが、目立つ星があまりなく、暗いので、条件の良い時でなければ、見つけるのに苦労する星座でもあります。
「うお座」の神話を紹介しました。うお座は2匹の魚が繋がれた姿で描かれていますが、神話の内容も魚に変身した親子がはぐれないようにと結んだリボンでした。また「みなみのうお座」との違いなどを独自の見解を話させてもらいました。
星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。