2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「ふたご座」

シェアする

このページは冬の星座の神話「ふたご座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

太陽の通り道である黄道に並ぶ12星座のうち、3番目に位置する

「ふたご座」は古代バビロニアから「大きな双子」として知られていました。

ふたご座は地中海沿岸地方では航海の守り神として崇められ、中世の船乗りたちは

嵐になるとマストの先に、セントエルモの火(雷などの強い電解でマストの先が

発光す現象)が現れると、カストルとボルックスの名前を唱えて、嵐が過ぎるのを

待ちました。

「ふたご座」の神話

ギリシャ神話の世界では、このふたつの明るい星は、

神々の王ゼウスとスパルタ国王妃レダとの間に産まれた不義の子供たちでした。

レダの産んだ子供は

姉クリュタイムネストラと妹ヘレネという女の子と

兄カストルと弟ポルックスという男の子の4つ子でした。

兄カストルは乗馬を、弟ポルックスはボクシングと、それぞれが名手となり、

多くの戦場で活躍することとなります。

他の英雄たちと一緒に、黄金の毛を持つ羊を探索する旅(アルゴー船の冒険)にも

参加し武勲を上げるなど、功績は目覚ましい者がありました。

カストルとポルックスはお互いによく似た兄弟でしたが、ただ一つ、違うことが

ありました。

それは、弟ポルックスは神々の血を受け継いでおり、不死身の身体であるのに

対し、兄カストルは純粋な人間でありました。

悲劇は突然にやってきます。

従姉妹のイダスとリュンケウスという双子の兄弟と、牛の分け前のことで争いに

なり、カストルはイダスに殺されてしまします。

怒ったポルックスはリュンケウスを槍で刺し殺します。

逃げるイダスを追いかけていたポルックスは反撃に遭い、気絶してしまいます、

その隙にポルックスを殺そうとしたイダスに、雷が落ちてきて、イダスは命が

絶たれます。その雷は父であるゼウスの怒りの矢でした。

後に残ったポルックスは、不死身のためカストルの後を追えないことを嘆きます。

そして神々に「どうか自分の不死を解いてほしい」と懇願します。

神々はこの二人の仲睦まじい姿に感動し、兄弟を天に引き上げて、永遠の星座に

したといいます。

2等星の「カストル」と1等星の「ボルックス」と呼ばれる、二つの星が並んで

いるのが印象的で、その姿から双子がイメージされているようです。

ちなみにオレンジがかって見える方が弟の「ポルックス」です。

探す時の目印にしてください。

「ふたご座」の見つけ方

「ふたご座」冬の星座です。

夜空に輝く「ふたご座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

黄道12星座の「ふたご座」の見つけ方を紹介しました。冬の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、周りも賑やかな星座のある場所なので、見ても楽しいです。そして「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、合わせて見つけ方も紹介します。

「ふたご座」黄道12星座でもあります。

黄道12星座をまとめて紹介しました。それぞれの星座の見つけ方の詳しい説明は各ページをご覧ください。全体を通しての、黄道12星座の関係性がわかれば、さらに星に興味を、持てるかと思います。

この他の冬の星座の神話

この他の冬の星座神話はこちらからお探しください。

  冬の星座の神話を紹介します。     エリダヌス座    …

冬以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…

まとめ

🌟「ふたご座」の神話を紹介しました。

双子星というのはよくありますが、「ふたご座」として星座になるほど、

仲良く並んでいる姿は古来から双子のイメージにあっていたようです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »