星座の神話「おおいぬ座」

冬の星座




 

このページは冬の星座の神話「おおいぬ座」です。

あなたの探している神話ですか?

 

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

お探しの「星座の神話」はなんですか?
探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

 

 

 

 

🌟「おおいぬ座」はバビロニア時代には「矢座」として知られ、

輝星シリウスは矢の先にあたる「矢じり」となっていました。

 

それが「おおいぬ座」へとなった経緯を、

神話を紐解いてみましょう。

 

 

 

おおいぬ座の神話

 

🌟一説では、猟師オリオンの猟犬の一匹で、ウサギを追っている

姿だと言われています。

 

また、別の説では、獲物を逃したことのない猟犬レラプスだとも

言われています。

 

 

🌟レラプスは元々大神ゼウスが妻となった、フェニキアの王女エウロパに

贈った犬でした。

 

王女エウロパの死後、息子のクレタ王ミノスは、

この犬をアテネの王女プロクリスに譲りました。

 

その頃、テーベの国では、牧場や畑を荒らしまわる1匹の悪賢い狐に、

ほとほと困り果てていました。

 

どんな罠を仕掛けても、その狐は一向に、捕らえることができません。

また、とてもすばしっこく、どんな犬でも捕まえることができないのです。

 

と言うのも、この狐は絶対に捕まらない運命にありました。

 

相談を受けた、アテネの王は、レラプスをテーベに、

貸してやることにしました。

 

早速、レラプスは狐を発見し、2匹の競争が始まりました。

獲物を逃したことのない犬と、絶対に捕まらない狐は、

野を越え丘を越え、風のように疾走してゆきます。

 

その姿はたいへん美しく、空から見ていた、神々の王ゼウスも

見惚れてしまいました。

 

このままではどちらかが傷つくに違いない、と思った大神ゼウスは、

2匹の姿を永久に残しておきたいと考え、石に変えてしましました。

 

 

その後、レラプスは大神ゼウスによって

星座に加えられ、おおいぬ座になった。

 

と、伝えられています。

 

狐の被害から救われたテーベの人々が、レラプスとアテネの国に、

感謝したことは言うまでもありません。

 

 

 

🌟この他にも、イカリオスの忠犬メーラという説と、

狩人アクタイオンが連れていた猟犬ライラプスだとも言われています。

 

この狩人アクタイオンであれば「こいぬ座」と物語は同じになりますね。

 

「おおいぬ座」の見つけ方

 

「おおいぬ座」冬の星座です。

夜空に輝く「おおいぬ座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

冬の星座の見つけ方「おおいぬ座」
「おおいぬ座」の見つけ方を紹介しました。目印になるシリウスが、ひときわ輝くので、そこから犬の姿をたどって見つけてください。また、「冬のダイヤモンド」と「冬の大三角」は1等星同士を結ぶとできる形です。「おおいぬ座」は両方ともに1角を任されています。

 

 

 

この他の冬の星座の神話

 

この他の冬の星座神話はこちらからお探しください。

星座の神話「冬の星座」
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座の神話「春の星座」
春の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「夏の星座」
夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
星座の神話「秋の星座」
秋の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

 

 

 

まとめ

 

🌟「おおいぬ座」の神話を紹介しました。

諸説あり、特定ができていないのが現状のようです。

 

星座のある場所としては、オリオン座のすぐ下にあることから、

オリオンの猟犬説が有力ではあるようですが、

 

物語としてはレラプス説が多数派のようです。

 

 

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団をまとめました。現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらますので、ぜひ探して見てください。0.5等1~2等...
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「年間の流星群一覧にまとめました」
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
https://marchof-gabriel.com/page-4710
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました