スポンサーリンク




星ヨル部「ロープーウェイナイトクルーズへ出かけよう!」

やってきました星ヨル部。

「ロープウェイ」の第3弾!

🌟今回は群馬県谷川岳です。

谷川岳ロープウェイ「天空のナイトクルージング」

へ、出かけよう!

標高1300メートルの高地へ夜の空中散歩を楽しみませんか?

満天の星空がお出迎えしてくれます。

谷川岳ロープウェイについて

それはどこにありますか?

🌟「谷川岳ロープウェイ」

🌟5月開催の動画を共有してますご覧ください。

🌟みなかみ観光協会のHPのトップページの夜空の写真は素敵です。

見てください。↓

水上温泉郷、月夜野・上牧温泉郷、猿ヶ京三国温泉郷の3エリアからなる“みなかみ町”の楽しみ方を紹介。観光名所/体験施設の公式サイトや地図へのリンクを網羅した、みなかみ町のパーフェクトポータルサイトです。

天空ナイトクルージングについて

営業内容は?

🌟現在は秋の開催となっています。

開催日 9月、10月の金曜日、土曜日、

それと連休中日の9月17日(月)、10月8日(月)に開催してます。

開催時間 19時〜21時(チケット販売は18時30分〜19時30分)
参加費 大人2500円、小学生1300円、未就学児無料

🌟ロープウェイ往復代金を含みます。

🌟提携宿泊施設ご利用の方は割引制度があります。

予約 予約は不要ですが、宿泊先の宿のご予約時に申し込んでください。
備考 🌟屋外は10度以下になることがあります、防寒支度でのご参加をお願いします。

🌟天候や行事の都合により中止になる場合がありますので、ご了承ください。詳細は下記へお問合せください。

お問合せ みなかみ町観光協会:0278-62-0401(10時~15時まで)

🌟夜の特別な運行で谷川岳天神平の自然を満喫できます。

そして、麓では味わえない雰囲気と、山頂ゲストハウスでの

室内プログラムは星にまつわる楽しお話や、山のプロフェッショナルによる

講演会など、日替わりで楽しいイベントが盛りだくさんです。

プログラム内容はこちら

水上温泉郷、月夜野・上牧温泉郷、猿ヶ京三国温泉郷の3エリアからなる“みなかみ町”の楽しみ方を紹介。観光名所/体験施設の公式サイトや地図へのリンクを網羅した、みなかみ町のパーフェクトポータルサイトです。

きれいな星空が観える宿や、星空を眺めるプランのある宿、観察会など独自でできる宿など、星空が観られる宿を紹介します。

アクセスは?

バスご利用の方は停留所ガイドMAPをご活用ください。

http://www.enjoy-minakami.jp/pdf/bus_sarugakyo.pdf

谷川岳

🌟ロープウェイの動画共有しましたご覧ください。

「天空ナイトクルージング」の星空写真が公開されています。

開催日の星の見どころは?

🌟月をどう見るか、で変わってきます。

「中秋の名月」を見たいのであれば、今年は10月4日です。

6日(金)の満月に合わせてお月見としていかれるのがいいでしょう。

🌟輝く星々を堪能したい、天の川を見たいのでしたら、

なるべく月の影響を受けない時がオススメです。

🌟9月20日、10月20日が新月です。

月齢をチェックすることをオススメします。

🌟その他の惑星も一緒にチェックできるこちらをご確認ください。

🌟9月下旬は夕方に月と「木星」「土星」の共演が美しいです。

🌟星座は夏の星座が沈み、秋の星座が静かに昇りかけている姿が

楽しめることでしょう。

まとめ

🌟谷川岳ロープウェイの「天空ナイトクルーズ」を紹介しました。

秋の夜長に星空観望を標高1300メートルの世界で

楽しむのもいいかもですね。

だいぶ寒くなりますので、防寒用意はきっちりして、

いかれることをオススメします。

良い観望でありますように。。。

天空の星空鑑賞へ行きませんか?日光白根山ロープウェイに乗って、日光国立公園 丸沼高原へ。標高2000メートルでの最高のロケーションでの星空が待っています

ロープウェイで標高1300mへ、四国で1番高い山、実は西日本でも一番高い山の「石鎚山」今回はイベントとして行くはいかがかとの提案したいと思います。婚活イベントや、街コン、はたまた社員旅行とか、女子旅。素敵な出会いを満天の星空が演出してくれます。
秋の星座や夏の名残の星座、惑星なども合わせて、見所満載です。9月は明け方に水星や金星、火星の共演などがあり、夜明け前の美しい空気とともに感じて欲しいところです。
まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。
「うお座」の見つけ方を紹介しました。黄道12星座の最後の星座ですが、目立つ星があまりないので、「く」の字型という形と周りの星座の並びから、導き出すやり方が妥当でしょう。
ペルセウス座流星群の放射点ある「ペルセウス座」の見つけ方を紹介しました。「W」の形のカシオペア座を頼りに探すのが一番早い探し方でしょう。流星群を見る時の参考にしていただければと思います。
カシオペヤ座は秋には北の空高くに見つけられます。形はアルファベットの「W」の形をしており、探しやすいです。またカシオペヤ座は北斗七星と並んで北極星を探すための貴重な目印となる星座です。
「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。
秋の宵の頃には、東の空高く4個の星が大きな四辺形を、形作っています。逆さまになった、天馬ペガススの上半身の姿が描かれています。夏の大三角から探すか、秋の黄道星座から探すか、両方を紹介しました。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。