2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




秋の星座の見つけ方「みなみのうお座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは秋の星座の「みなみのうお座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「みなみのうお座」

朝晩にだんだんと秋の気配が感じられる頃

夜空の星にも秋がだんだんとやってきています。

まだつ星が少ない秋の星座ですが、

1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、

目印になったりします。

しっかり覚えてみませんか?

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟「みなみのうお座」は黄道星座の「うお座」とは

違う星座です。

🌟大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。

南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。

🌟みずがめ座の下側でお気付きの方もいるかと思いますが、

「みずがめ座」の瓶からこぼれた水が流れでて、

「みなみのうお座」の口へ流れ込んでいる、という、

ちょっとシュールな関係です。

🌟その口元にあるのがα(アルファ)星である1等星の

「フォーマルハウト」です。

🌟「みずがめ座」の真ん中あたりの「小さな三ツ矢」から下へ水が

流れています。それを辿ると1等星のフォーマルハウトの輝きが

目を引きます。

🌟みずがめ座の小さな三ツ矢が見えにくい時には、

東の空の「秋の四辺形」であるペガスス座を確認するのも

一つの方法ですね。

「みずがめ座」は秋には見頃を迎える星座です。流星群は深夜に出現します。 7月の21時頃やっと東の空から昇り始めます。全体的に3等星から5等星という目立つ星があまりありません、しかも全体像は大きめなので、全体を見つけるのは少し難しいようです。
秋の宵の頃には、東の空高く4個の星が大きな四辺形を、形作っています。逆さまになった、天馬ペガススの上半身の姿が描かれています。夏の大三角から探すか、秋の黄道星座から探すか、両方を紹介しました。

フォーマルハウトの意味

🌟「フォーマルハウト」響きが良くて、とても好きな名前です。

ですが、実は意味は「魚の口」、「鯨の口」です。

そのまんま、なのです。

アラビア名は「フム・アル・フート・アル・ゲヌビ」で

「南の魚の口」と付けられています。

🌟日本では和名が「秋星」と言います。

秋に他に1等星がなかったからでしょうね。

🌟中国の呼び名は、「北落師門」と言われ、

現在の「西安」が「長安」と呼ばれていた頃、城の北にある

「北落門」からとった名前が付けられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レキシ?orチシキ?

🌟紀元前3200年頃にはすでに知られていた古い星座です。

🌟星座として認識されていた当初からギリシャ時代までは、

立派な尾びれまで付いた姿でしたが、

17世紀に「みなみのうお座」のさらに南に新しく生まれた星座、

「つる座」に尾びれの星を取られてしまいました。

🌟今の姿の「みなみのうお座」で見慣れているせいなのか、

つる座」と合わせてみても、あまりつながりを感じられませんね、

でも、もし、熱帯魚のようなひらひらが長く伸びている魚を古代の人が

考えたのなら、なくはない。。。でしょうか。。。

みなみのうお座の神話

みなみのうお座の神話はこちらをご覧ください。

「みなみのうお座」のギリシャ神話の紹介をしています。諸説あるものの、代表的なものを2つ、紹介させていただいてます。「美の女神アフロディーテ」説だと、うお座とほぼ同じで、どうもしっくりいきません。ので、私は「豊穣の女神デルセト」説の方が、もっとらしいかな。と考えています。

基本情報

基本情報

学名 Piscis Austrinus(略号PsA)
中央位置 赤経:22h14m   赤緯-31°
概略範囲 東23h04m,西21h25m,北-25°,南-37°
20時南中 10月17日(高度24°)
面積 245.37平方度(順位60)
肉眼星数 15個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:フォーマルハウト 1.2等星

β星:重星、4.4~7.9等星

γ星:重星、4.5~8.2等星

δ星:重星、4.3~10.5等星

見どころ β星=4.4等星と7.9等星の二つの星が30.4″(77.216cm)の間隔で並んだ二重星です。光度差はややあるものの、間隔が大きので口径6cmで分離できます。

γ星=4.5等星と8.2等星の二つの星が4.3″(10.922cm)の間隔で並んだ二重星です。光度差が大きい上に二つが接近しているために、口径6.5cmでも大気の安定した夜でないと分離できない時が有ります。

Processed with VSCO with c1 preset

まとめ

秋の星座の「みなみのうお座」の見つけ方を紹介しました。

「みなみのうお座」には1等星があり、秋の星座の中では、

見つけやすいです。

参考にして探して欲しいです。

だんだん秋になるにつれ、昼夜の寒暖差が出来てきます、

星空観望の折には、風邪をひかないように気をつけてください。

良い観望でありますように。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »