2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



星コラム「天文に関する用語集ーな行・は行」

シェアする

(C)NASA

天文関係の用語を簡単な説明をつけてまとめてみました。

参考になれば幸いです。

今回は〈な行〉・〈は行〉です。



 な行

 内合  合を参照

 二重星  天空上で接近して見える、2個の恒星。両者がお互いの周りを、回っている場合は、連星と呼ぶ。地球から見て、たまたま同じ方向に、あるために接近して、見える二重星は、見かけの二重星と呼ばれる。
 日食  食を参照
 ニュートリノ 質量が極めて小さく、電荷を持たない素粒子。光速に近い速度で進む。

は行

 パーセク(PC)  年周視差が1秒角になる、恒星までの距離。1パーセクは3.26光年、30兆9000億kmに相当する。
 背景放射 宇宙マイクロ波背景放射を参照
 白色矮星 太陽と同程度の、質量の恒星が一生を終えた後に残る、高温高密度で白く輝く星。最終段階に至った恒星は、その外層部を放出し、最終的には、白色矮星になる。
 爆発型変光星 変光星を参照
 白斑  太陽の光球面に見られる、明るさが一段と強い部分。
 波長  波動の隣り合う山と山の間の距離
 ハッブル定数  ハッブルの法則を参照
 ハッブルの法則  遠方銀河の観測から判断した、スペクトルの赤方偏移と、距離の関係。銀河が遠ざかる速度と距離が、正比例の関係にあることを、意味している。後退速度と距離の関係を、示す比例定数をハッブル定数という。
 ハドロン クオークあるいは、クオークの反粒子(反クオーク)で、構成される粒子。陽子と中性子は、ハドロンの一種で、バリオンと呼ばれる。
 パルサー 強力な磁場を持ち、高速で回転する中性子星。磁極が自転軸からずれていると、電波が回転する灯台の、灯のように宇宙空間に、向けて放射される。
 ハロー  銀河を取り囲む球形の領域で、球状星団が分布している。恒星や星間ガスも、わずかに存在する。ダークマターハローは、銀河を包み込んでいる、ダークマターの集積構造である。
 半暗部 太陽黒点の周辺部。中央部ほど暗くなく、温度も低くない。
 半影 光を通さない天体が、落とす影の周辺部に広がる、薄暗い部分。半影部の中にいる、観測者からは光源の一部が見える。
 反射星雲  近くの恒星の光に、照らされ、塵の微粒子が、輝いて見える星雲。
 反射望遠鏡 凹面鏡を用いて、光を焦点に集める、方式の望遠鏡。
 反物質 反粒子で構成される物質。
 反粒子 通常の素粒子と、質量は同じだが、電荷などの符合が逆の素粒子。例えば、負の電荷を持つ、電子の反粒子は陽電子である。

 ヒッグス粒子 他の粒子に質量を、与えている仮設上 の粒子。
 ビッグバン 宇宙が誕生した出来事。ビッグバン理論によれば、宇宙は、ある有限の、過去の時点において、極めて高温で高密度の、状態から始まり、それ以来、膨張し続けている。
 羊飼い衛星 惑星の環を構成する粒子が、逃げ出さないように、重力の作用で環の形を保つ、役割を果たしている小型の衛星。
 開いた宇宙 平均密度が膨張を止めるのに、必要な水準に達していない、ために永遠に膨張し続ける宇宙。
 微惑星 原子太陽系星雲の中で多数生まれた岩や水でできた小さな天体。最終的にはこの小さな天体が集積、合体して惑星が誕生した。

 不規則銀河 はっきりとした構造や、対称性が見られない銀河。
 プラズマ 正の電荷を持つイオンと、負の電荷を持つ電子が、同数混在し、気体のようにふるまう状態。電気を伝導するので、磁場の影響を受ける。太陽コロナや太陽風は、プラズマの一例である。
 ブラックホール  大きな質量の天体が、重力崩壊し生ずる、小さな空間領域。重力があまりに強く、物質や電磁波は、ブラックホールの内部から、脱出できない。
 ブレーザー 極めて大きな変光を、示す活動銀河。その中心核には、激しく変化するコンパクトな、エネルギー源(超大質量ブラックホール)がある。激しく変光する、クエーサーもブレーザーに含まれる。
 フレア星 突然明るさを増し、短時間で元に戻る、暗い赤色矮星。星の表面で発生する、極めて強力な、爆発的エネルギー放出現象による。
 分光学 対象物のスペクトルを測定、解析する学問。スペクトルには化学組織や温度、速度、磁場といった要素の違いが反映されるため、分光学は様々な天体の特性について豊富な情報を提供する。
 分光連星 2個の恒星が、非常に接近しており、光学的には分解できないが、スペクトルでみると、連星としての特性が、明らかになる連星系。
 分子雲 低温で密度が、高い塵やガスの雲。その内部は、原子が融合して、水素分子や、一酸化炭素分子を形成するほど、温度が低く、恒星の誕生に、適した条件が揃っている。

 平坦な宇宙 空間の曲率がゼロの宇宙。巨大な天体の近傍に、おける局所的な歪みを別にすれば、光が直線状に、進むという意味で、平坦な宇宙といえる。
 ヘリウム燃焼 赤色巨星の中心部で、ヘリウムが核融合によって、罰の元素に変化し、エネルギーを生み出すこと。
 ヘルツシュプルング・ラッセル(H-R)図  恒星をその実光度(あるいは絶対等級)と、表面温度(あるいはスペクトル型や色指数)を表す点で、示した図。天体物理学者が恒星を分類する際に、用いる図である。
 変光星 明るさが変化する恒星。脈動変光星は周期的に膨張と収縮を繰り返し、それに応じて明るさが変わる。爆発型変光星は突然増光し減光する。

 棒渦巻銀河  細い棒状の核の両端から、渦巻の腕が伸びている銀河。
 ボーク・グロビュール  小型で丸い形をした暗黒星雲。大きなものは太陽質量の、1000倍のガスや塵を含んでいる。この種、の暗黒星雲が収縮し、恒星が形成されると、考えられている。
 放出物 衝突の勢いによって、外へ弾き出された物質。近辺の表面よりも著しく明るい物質が放出されて、衝突点から外へ、向かって放射状に広がる、長い筋(光条)が形成される、こともある。
 本影  光を通さない物体が、落とす影の黒い中央部分。本影内のどの点からも、光源の光は全く見えない。

まとめ

🌟天文関係の用語を簡単な説明をつけてまとめてみました。

今回はな行とは行です。

少しでも参考になれば幸いです。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。