秋の星座の見つけ方「ちょうこくしつ座」

(C)国立天文台

🌟秋の星座は地味な星座が多い中、馴染みの薄いものも多いです。

そんな一つの「ちょうこくしつ座」です。

それは名前からもイメージするのが、少し難しいからでは、ないでしょうか。

では、早速どこにあるのか確認してみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟大体の位置は、みなみの低い位置にあります。

周りの星座は、「みなみのうお座」の東側、「くじら座」の西寄りの南下、

「つる座」の東、といったところです。

一番見つけやすいのは「みなみのうお座」のフォーマルハウトが

秋の一つ星で1等星の輝きで、秋の空の目印になっています。

そのすぐ左側に「みなみのうお座」と対をなすような形に並んでいます。

🌟「ちょうこくしつ座」の右の端が「みなみのうお座」のところからすると、

左側は「くじら座」の2等星デネブカイトスの下に「ちょうこくしつ座」の

α星があるのですが、小さな星で構成されているので、

全体像を把握するのは、周りの星座を知らなければ難しいです。

🌟星座図の絵柄は彫刻家のアトリエをイメージしたようで、

台座に乗った胸像とノミの木槌が描かれていますが、

星はそれらを囲むように繋いだ線となっています。

まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。
秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。
「つる座」の見つけ方を紹介しました。黄道星座よりもさらに南の低い位置にあることから、大気によって星の光が減光されてしまい、少し残念な星座ですが、「みなみのうお座」の1等星を目印にすれば、探しやすい

🌟「ちょうこくしつ座」は18世紀に作られた新しい星座です。

新しい星座なので神話などは伝わっていません。

基本情報

基本情報

学名 Sculptor(略号Scl)
中央位置 赤経:00h24m   赤緯-32.5°
概略範囲 東1h44m,西23h04m,北-25°,南-40°
20時南中 11月25日(高度23°)
面積 474.75平方度(順位36)
肉眼星数 15個(5.5等)
設定者 ラカイユ
主な天体 ε星:重星、5.4~8.8等星

NGC253=渦巻き銀河、8.0等星

NGC288=球状星団、8.1等星

見どころ NGC253=α星の北西にある8.0等の渦巻き銀河です。視直径は大きく25’×3’もあるため、双眼鏡でも細長い形を、淡く見ることができます。口径6cmになると、さらにはっきりします。地球からの距離は820万光年です。

NGC288=NGC253のすぐ南東に位置しています。8.1等星の球状星団です。双眼鏡では、同じ視野の中に、二つの天体を見ることができます。口径5cmでは星雲状、口径10cm以上から周辺の星も見えます。

まとめ

秋の星座「ちょうこくしつ座」のみつけ方を紹介しました。

南の低い位置にあったり、星明かりがあまり明るくない、

などの見つけにくい要素があるのですが、

その位置は秋で唯一の1等星のすぐ左隣にあるなど、

位置の確認はたやすいので、是非とも探してみて下さい。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。