2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




南半球の星座「テーブルさん座」

シェアする

このページは夏の星座の「テーブルさん座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「テーブルさん座」

🌟南半球の星座は、日本では沖縄で、いくつか見えますが、

それでも全部は見えません。

見つけ方の紹介はちょっと可笑しいので、星座の紹介に留めます。

南半球にはこんな星座があるんだ!と思ってください。

そして南半球へお出かけの際には参考にしてください。

「テーブルさん座」はどこにある?

🌟沖縄からでも全く見えません。

アルマ望遠鏡があるチリの星空で「テーブルさん座」のある位置を確認して

みましょう。

(C)アストロアーツ/星空年鑑(アルマ望遠鏡から見た1月の星空)

🌟「テーブルさん座」というテーブルなのかと思ったら、実は「山」だったん

です。平らな山頂で、テーブルを思わせたのでしょう。

さて「テーブルさん座」は残念ながら日本からは見えません。

「かじき座」が南の方でギリギリ、尻尾当たりが見えるのですが、その

「かじき座」よりもさらに南にあるので、南の方へ行った際には見つけて

ください。

「かじき座」の下に「大マゼラン雲」がありますがそれを挟む形で

「テーブルさん座」があります。目印にもなりますね。

周りには、「アルゴン船」でご存知の方もいらっしゃると思いますが、

「りゅうこつ座」「とも座」「ほ座」などの隣に位置しています。

りゅうこつ座」の見つけ方を紹介しました。「りゅうこつ座」の全貌を確認するには、南の方へ行くしかないのですが、1等星のカノープスは2月ごろには地平線あたりに観測できる時があります。ぜひ観測してみて下さい。
南半球の星座「かじき座」を紹介しました。南半球にある星座で、本州ではカジキの尻尾が見えるか見えないか、というところです。南へいかないと見れませんが、かじき座を見る機会があれば探してください。
「ほ座」の見つけ方を紹介しました。「ほ座」もアルゴ船座から分かれた星座の一つです。「とも座」「らしんばん座」のさらに南の低い位置にあります。低いところまで見える場所で、探してみましょう。
「とも座」の「とも」とは船尾のことを表す言葉です。それもそのはず元はアルゴ船という船の星座を分けて作られました。目印になるのは「冬に大三角形」の南の一角「おおいぬ座」のシリウスを見つけましょう。

「とも座」、「ほ座」「らしんばん座」「りゅうこつ座」はかつて「アルゴ船座」という星座でした。そのアルゴ船にまつわる神話があるので紹介します。

🌟天の南橋に近い星座です。南アフリカのケープタウンにある、実在の岩山を

かたどっています。設定者のラカイユは、フランス科学院が組織した天体観測

メンバーとして、1751年から1753年にケープタウンに観測に出かけています。

その時に、そびえる「モンス・メンサエ」という山頂が平らな山をみて、

この星座を思い立ったと言われています。

基本情報

基本情報

学名 Mensa(略号Men)
中央位置 赤経:5h28m   赤緯-77.5°
概略範囲 東7h37m,西3h20m,北-70°,南-85°
20時南中 2月10日(高度-22°)
面積 153.48平方度(順位75)
肉眼星数 8個(5.5等)
設定者 ラカイユ
主な天体 γ星=重星 5.2~11.2等星

NGC1841:球状星団 12.0等星

見どころ NGC1841=はちぶんぎ座との境界近くにある球状星団で、12.0等と暗めです。口径10cmではかなり淡くなります。

この他の南半球の星座

この他の南半球の星座はこちらからお探しください。

南半球の星座を一覧にまとめました。ほとんどが日本からは見えません、また日本では一部しか見えないものや、南方へ行かないと見えないものなどありますが、どんな星座があるか知識として覚えて欲しいので紹介しました。参考にしてください。

南半球以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟南半球の星座「テーブルさん座」を紹介しました。

南半球にある星座で、残念ながら日本からは見えません。

南へいかないと見れませんが、テーブルさん座を見る機会があれば

探してください。その際は「大マゼラン雲」が目印になります。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »