秋の星座の見つけ方「くじら座」

(C)国立天文台

秋の星座が出揃う頃、

「みなみのうお座」のフォーマルハウトと、

「おうし座」のアルデバランの間には星がないように見えますが、

この辺りには全天で4番目に大きな星座

「くじら座」があります。

では、見つけてみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

くじら座と言ってもこの写真のようなくじらではありませんでした。

古代ギリシャ人の想像上の怪物の姿をしています。

🌟ご存知通り、秋にはあまりまだつ星がありません。

全体に暗い印象で、もの寂しい感じです。

ですので、ひとまず、秋で唯一の1等星、

「みなみのうお座」のフォーマルハウトを探しましょう。

南の空の少し低い位置に輝く1等星がそうです。

🌟そこから、少し東へ目を向けると、2等星があります。

それは、くじらの尾の部分のβ(ベータ)星、「デネブカイトス」です。

🌟また、「ペガスス座の四辺形」からも探す方法があります。

四辺形の左側の「く」の字の真ん中の星から南東に下って、

フォーマルハウトから東へ目を向けた交わるあたりに2等星が

見えてきませんか?

まだつ星が少ない秋の星座ですが、1等星がある「みなみのうお座」は比較的探しやすかったり、目印になったりします。大まかな位置は「みずがめ座」の南下に位置しています。南の低空に10個ほどの星が楕円形を描いています。
秋の宵の頃には、東の空高く4個の星が大きな四辺形を、形作っています。逆さまになった、天馬ペガススの上半身の姿が描かれています。夏の大三角から探すか、秋の黄道星座から探すか、両方を紹介しました。

🌟そこから東へげんこつ約1つづつくらいの間隔で星が

繋げていけるのですが、

🌟くじらの頭部は「おうし座のアルデバラン」の近くにあります。

アルデバランから南下へ目を向けるといびつな4等星の5角形が

並んでいます。

4等星なのでよく見ないと見えにくいですが、

「5角ある」と、思って探してみましょう。

🌟頭部と尻尾が見つかったら、頭部のすぐ下に3等星で変光星の

Ο(オミクロン)星のミラを見つけましょう。

「変光星のミラ」としては、名前を知っている方も多いかもしれません。

🌟333.8日周期で2.0等星〜10.1等星まで明るさが変わる

変光星として有名です。

🌟変光星の明るさによっては印象の変わる星座です。

🌟ここまででポイントの星たちは見つかりましたか?

全体的に暗く、大きな星座なので、かなり見つけるのが難しいですが、

星座表などを頼りに探してみましょう。

星座を探すときにはとても便利なアイテムの「星座早見盤」もしくは「星座早見表」となっているものもありますね。星を探すときには、最近はスマートフォンのアプリがいいのが出ていますが、アナログがお好きな方はもちろん、そうでなくても、使うと便利さがわかるのでまずは使って欲しいです。

くじら座について

🌟バビロニア時代には「守り神」の星座と呼ばれていました。

ギリシャに伝わって「くじら座」なりました。

🌟この時のくじら座は私たちの知っている姿の鯨ではなく、

大きく口の裂けた、鋭い牙を持ち、2本手があり、その手には

鋭いの爪が生え、「鯨」からは想像がつかないほどの、

恐ろしさの怪物の姿でした。

🌟名前を「ティアマト」という、紀元前2300年頃のメソポタミア地方では、

海の女神の名前でした。

🌟くじら座はアンドロメダ座の南に横たわる、秋の星座の中では、

最も大きな星座です。

アンドロメダ座の側に横たわるのは神話とも関係付けられますね。

秋になると、ペガスス座に引っ張られるように、緩やかなカーブを描く星列が昇ります。 「アンドロメダ座」は美しいエチオピアの姫の姿を現しています。

「アンドロメダ座」はフェニキアで誕生した星座です。神話のエチオピア王家の物語のヒロインである王女「アンドロメダ」の姿と言われています。「秋の四辺形」「ペガススの大四辺形」を形作る4つの星を見つける方法が一番早いです。

基本情報

基本情報

学名 Cetus(略号Cet)
中央位置 赤経:1h38m   赤緯-7.5°
概略範囲 東3h21m,西23h55m,北+10°,南-25°
20時南中 12月13日(高度48°)
面積 1231.41平方度(順位4)
肉眼星数 58個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:メンカル 2.5等星

β星:デネブ・カイトス 2.0等星

γ星:重星、3.6~6.6等星

Ο星:ミラ、変光星、2.0~10.1等星、333,8日周期

M77:NGC1068、渦巻き銀河、9.7等星

NGC246:惑星状星雲、8.0等星

見どころ Ο星ミラ=鯨の心臓のところに光る有名な変光星、ミラ自身が膨張と収縮を繰り返すという「ミラ型長周期変光星」の代表として知られる。周期はおよそ333.8日で2.0等から10,1等まで明るさを変えます。ポーランドの天文学者ヘベリウスは1659年から1682年にわたってミラを観察していますが、観測を始めて間もなくの1662年に「不思議な星の小史」を著しています。ミラの名前は「不思議な」(Mirae)に由来していると言われています。

M77=δ星のすぐ南東にある9.7等の渦巻き銀河で、口径8cmで明るい中心核の周りの淡い光芒がわかります。

まとめ

秋の星座の「くじら座」の見つけ方を紹介しました。

くじら座は全天で4番目に大きな星座ですが、暗い印象の星が複雑な

形に並んでいるので、全体像を捉えるのは少し難しい星座の一つです。

星座表などを頼りに探してみることをお勧めします。

「変光星ミラ」という特殊な星があるので、

見つけられたら、その場所を覚えておいて、

変化しているか観測してみるのもいいかもしれませんね。

良い観望でありますように。。。

参考文献・参考サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。

全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。