星コラム「銀河系の大きさはどのくらい?」

星コラム




 

 

🌟銀河系の直径は、約10万光年といわれています。

大きすぎて想像しにくいので、イメージしやすいもので、例えてみます。

 

銀河系の大きさの比較

 

その前に基本情報を簡単にまとめました。

地球 直径:約1万3000km
太陽系 直径:約120億km(地球の約100倍)※通過するのに時速300kmの新幹線で約4500年かかります。
銀河系 直径:約10万光年(太陽系の約1億倍)※通過するのに時速300kmの新幹線で約4500億年かかります。宇宙の年齢は約138億年と考えられているので、これはその30倍以上です。
太陽と木星の距離 約7億8000万km※通過するのに時速300kmの新幹線で約300年かかります。
瀬戸大橋 海上部分:約9.4km※通過するのに時速300kmの新幹線で約2分かかります。

 

🌟銀河系の大きさを実感するために、地球をビー玉(直径1cm)にまで縮めて

みます。

 

これは13億分の1に縮小した世界です。

 

すると、太陽系は本州と四国を結ぶ瀬戸大橋の全長(海にかかる部分で

およそ9.4km)程度になります。

 

地球をビー玉とすると、銀河系はいったいどれくらいの大きさになると

思いますか?

 

これはおよそ太陽から木星までの距離に相当します。

 

この距離は、光の速さ(時速30万 km)で、およそ45分もかかる距離です。

ビー玉は地球上のほんの点にすぎないので、果てしない距離の開きが

あるのがお分かりいただけますか?

 

地球をもっと小さい浜辺の砂の1粒(およそ1mm)に置き換えてみましょう。

この時の銀河系の直径は「地球から火星までの距離」に匹敵します。

 

太陽系の直径は地球の直径のおよそ100万倍で、銀河系の直径は地球の直径の

およそ70兆倍です。

 

 

 

まとめ

🌟私たちの住む銀河系の大きさについて、例えを交えながら

説明しました。

 

小さいものに例えても、銀河系の大きさが膨大すぎて、

単位のスケールが違いすぎましたね。

 

それほど大きいということですね。

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
ブラックホールについて取りまとめ
ブラックホールに関する項目の記事の取りまとめたインデックスです。またブラックホールの存在が認められる銀河を紹介した記事も合わせて取りまとめています。参考にしてください
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました