星コラム「太陽と地球の関係について」

地球




(C)NASA

 

 

私たちの住んでいる地球太陽系惑星の3番目に位置しています。

太陽との関係も生命にとって欠かせないものですね。

 

主な影響をまとめてみました。

 

 

太陽についてはこちらをご覧ください。

 

星コラム「太陽について」
太陽についてまとめました。太陽系の中心で、私たちに多大な影響を与えている恒星です。天体として意識してもらえば、宇宙にある恒星に目を向けた時、比較できて、色々と役に立ちます。

 

地球についてはこちらをご覧ください。

太陽系惑星について「地球」
太陽系惑星の「地球」について簡単にまとめてみました。まだまだ地球を知る鍵はたくさんありますが、太陽系惑星としての外枠という感じでまとめています。知れば知るほど、いろんなところが知りたくなりますね。

 

地球の表面温度

 

🌟太陽から地球に送られるエネルギーは、地球上に住むあらゆる生物に、大きな影響を

与えています。

太陽からのエネルギーの取り込まれ方として、「地球の表面温度」という私たちも感じ

る身近なところからみていきます。

 

地球環境までも左右する表面温度は、太陽光の吸収と、地球から宇宙空間への赤外線の

放射の釣り合いで決まってきます。

 

地球に入ってくる太陽光を全て吸収していません、というのも太陽光は雲や地表などに

反射され、宇宙空間に放出されているのです。

 

この反射率は「アルベド」と呼ばれています。地球のアルベドは約30%です。残りの

約70%は地表や大気での吸収されているということになります。

 

次に、太陽からの受けた紫外線の、地球から放出される量は、地球に入っている太陽光

の約70%ほどのエネルギー量です。

 

この二つの関係は、地球に入ってくるエネルギー量と、地球から出てゆくエネルギー量

と考えることができ、ほぼ同じ量で、釣り合いが取れているのです。この約30%に維持

されていることで、地球表面の温度は、ほぼ15度に保たれています。

 

そこで、もし数値が変化するとどうなるか、気になる所ですが、シュミレーターによる

と、アルベドが約1.2%下がると、地球の平均温度は約2.3度も上昇してしまうという

結果が出てきます。

 

アルベドが1%、変化しただけで、地球環境は劇的に変わってしまう恐れがあるのです。

このアルベドの値の変化は何によって起こるか気になる所ですが、いちばんの要因は

「雲」です。

 

大気も雲もない月では、アルベドは7%という低さです。地球のアルベドは現在は、

常に約30%に保たれています。一つの雲は数時間しか、寿命がありません、生まれては

消えての繰り返しです。

 

これは地球には、雲の量を調節する、何らかの構造があると、考えられていますが、

それがどのようなものかは、まだわかっていません。

 

 

 

太陽と地球の大気

(C)NASA

 

🌟太陽光は、地球の地表や大気を温めます。とはいえ、地球が受け取る太陽光のエネル

ギーは、地球上どこでも同じというわけではありません。

 

例えば、赤道付近では太陽光は、地表面に垂直に入ってくるので暖かいわけですが、

北極や南極は角度が低く入ってくるので、寒くなっています。

 

気体や液体は、温度差があると対流がおきます。

この地表面の寒暖差が、地球を取り巻く大気にも対流を起こさせます。

 

大きな流れとしては、暖かい空気が、赤道付近から極方向面へ向かって、極付近の冷た

い空気が、赤道付近に降りてくるという、循環が生まれるのです。

ただ、大気の流れは単純ではありません。

 

第一の前提として、地球は自転しています。

回転運動による力が働くので、地球上では、北や南の方向に一定に動くものは、地球の

自転方向に曲げられてしまいます。これを「コリオリの力」と呼びます。

 

大気は右方向に曲げられます。緯度が高くなるほど、コリオリの力が強くなるので、

日本付近の中緯度では強い西風の「偏西風」が吹いて、赤道付近では、穏やかな東より

の風の「貿易風」が吹くというわけです。

 

よく天気予報で、耳にする「偏西風の蛇行」というのは、赤道付近と極地の温度差で

南北に蛇行してしまうのです。蛇行も少しは必要で、南側の熱を受け取り、北側の熱を

放出するという、熱を南北に運ぶ役目もあるのです。

 

ですが、この蛇行が大きくなりすぎると、本来の西風の強さが、弱まってしまい、異常

気象の原因になることもあるのです。

 

 

太陽と海洋循環

 

🌟太陽の影響で、忘れてはいけないので、海との関係です。海も大気と同じくらい、

地球環境に影響を与えています。

 

「海の水の流れ」というのはあまり変化をしないと思われていますが、実はとても

ダイナミックに動いて循環しています。この動きを「海洋大循環」と呼びます。

 

現在、考えられている海洋大循環は、北大西洋のグリーンランド沖が出発点とされてい

ます。この海域は極に近く水は冷えています。

 

この冷えた水は、深さ約2500mまで沈み込みます。沈み込んだ海水は南下し、深海を

南極環海にまで、流れてゆきます。同じく極に近い、南極のウェッデル海でも、同様な

海水の沈み込みが起こっています。

 

南極環海で、グリーンランド沖から来た深層水と、ウェッデル海で沈み込んだ低層水が

混じり合いながら、南極環海を時計回りに循環して、一部はインド洋や太平洋の深海へ

流れ込んでゆきます。

 

インド洋や太平洋へと流れた深層水は、表層へ湧き上がって、グリーンランド沖まで

戻ってゆきます。

 

海洋大循環はとてもゆっくりしたペースで進んでいます。海水が地球を一巡するのに、

1500年ほどかかると考えられています。

 

海洋大循環と太陽の関係はどこにあるのでしょうか。

 

海洋循環は、表層と深層で大きく異なります。

 

深さ数百メートルまでの深さは、海上を吹く風による作用が働きます。風が発生する

原因は太陽光と地球の自転なので、表層部分の海洋循環は太陽光と地球の自転の影響で

発生するといえます。

 

では、深層部分はどうかというと、海水温と塩分濃度が関係しています。

 

低温で、塩分濃度が高い極域の海水は、密度が大きくなるので、深層への沈み込みが

おきます。深層へ沈み込んだ表層水が、もともとあった深層水を、押しのける形で深海

を巡ってゆくのです。

 

 

まとめ

 

太陽と地球の関係についてまとめました。

 

太陽のエネルギーの恩恵を受けて、私たちが生きている地球があります。この絶妙な

バランスで成り立っている、地表温度、大気、海洋については、謎の部分も多くあり

一般的な部分をまとめています。

 

参考になれば幸いです。。。

 

 

参考文献・サイト一覧
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
星雲・星団を見てみよう
星雲・星団の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。肉眼でも辛うじて見える星団を紹介しています。よく見える環境でなら申し分ないですが、ご自宅で、4等星ほど見える方はご自宅でも見れらます
星コラム「メシエ天体リスト」
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
星コラム「全天88星座リスト」
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
星コラム「1等星一覧」
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星コラム一覧
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座の窓口
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
星コラム「太陽系惑星取りまとめ」
星コラムでの太陽系惑星の記事を中心に取りまとめたページです。「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星」などの簡単にまとめたページ一覧です。
星ヨル部
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
https://marchof-gabriel.com/page-6026
天文用語取りまとめ
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました