スポンサーリンク




夏の星座の見つけ方「いるか座」

「いるか座」をご存じでしょうか?

夏の星座の一つではあるもの、かなり小さい形の星の集まりで、

とても可愛らしい星座です。

探し方はとても簡単です。

夏の大三角」の一角を担う「わし座」のアルタイルの

すぐそばの東側に、星が小さなひし形を形どった並びをしています。

「いるか座」の全体像はひし形の先にもう一つ星がついています。

小さいながらもまとまっているので、見つけてしまえば、

すぐ目につくようになることでしょう。

「いるか座」はひし形をしていることから日本では

「ひし星」とも呼ばれていました。

また、アラビア地方では「ラクダ」と呼んでいるそうです。

ひし形のところが頭部で、その下にある4等星のε(エプシロン)星

は、いるかの尻尾にあたります。

頭部にあるα(アルファ)星は3.8等星で「スアキロン」といい、

青白い恒星で、地球から241光年の距離にあります。

一番明るい星は同じく頭部にあるβ(ベータ)星の「ロタネブ」

です。白っぽい恒星で、3、5等星です。

地球からは97光年のところにあります。

さて、この「スアキロン」と「ロタネブ」の名前の由来ですが、

命名されてから、長い間由来は不明でした。

パレルモ天文台の台長でイタリアの天文学者である

ジュゼッペ・ピアッツィ氏の助手ニコル・カッテャトーレ氏の

氏名をラテン語の表記にして逆に綴ったものだそうです。

「いるか座」の口先にあるγ(ガンマ)星は二連星です。

地球から101光年のところにあり、

4.3等星が主星、5.2等星が伴星で望遠鏡でも

観測できる、見やすい二重星として知られています。

色は「橙と青緑」とも「黄金と青緑」とも言われていて、

色の対比がとても美しい二重星として有名なので

望遠鏡をお持ちの方はぜひ、観測してください。

また、「いるか座」は紀元前1200年頃から星座として

認識されていた古い星座の一つです。

地中海では古くからイルカは神聖な動物と考えられ、

海神ポセイドンの使いとして、漁師たちに航海の季節を

教えたり、死者の使いをしているとされていたので、

天の川の近くに置かれたという説もあります。

今では、「いるか」と聞くとイルカショーなどや、水族館などで

人気者のイルカの姿を思い浮かべることでしょう。

星座図など、星の位置に合わせて描かれている絵などでは、

顔が豚のようで、背びれが尖った、獰猛な感じが

「イルカ」として描かれています。

昔は、漁師の「イルカ」目撃情報を集めて伝えることが

口頭伝達であろうことが予測されるので、

うまく伝わっていなかったのでは、ないのでしょうか?

今では、小さいイルカを思い浮かべてもいいのでは

ないでしょうか。。。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての 参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。 参考図書 ...

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク



Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。