2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「からす座」

シェアする

このページは春の星座の神話「からす座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

🌟「からす座」は古くから認識されている星座です。

今頃は、だいぶ南西の空の低いところで

少しゆがんだ台形が目に付きます。

探し方は「見つけ方の「からす座」」をご覧ください。

ここでは「からす座」の神話を紹介しましょう。

「からす座」をご存知でしょうか?小さな星座で、明るさも3等級ほどの4つの星が台形が、少しゆがんだような形に並んでいます。さて、「からす座」を探してみましょう。

からす座の神話

神アポロンは、テッサリアの美しい王女コロニスを妻としていましたが、

太陽神であり、音楽の神であり、予言の神であり、医学の神でもある

アポロンは大変忙しくしていました。

その上、神であるアポロン神と、

人間である妻のコロニスは一緒には住めません。

結果、愛する妻とはなかなか一緒に過ごす

時間がありませんでした。

そこで、コロニスの側にいられない時には、銀色の羽を持ち、

人間の言葉を話せるカラスに、コロニスの様子を伝える役目を

与えていました。

このカラスがのちにからす座へと天の星座に

なっていくわけですが、悲劇です。

ある時、道草をして遅くなったカラスは、コロニスの様子を聞きたくて

待ちかねているアポロン神にひどく怒られてしまいます。

カラスは言い訳に、コロニスが浮気をしていたので、

報告するかどうか迷ってしまい、遅くなったと嘘をついたのです。

嘘と気がつかないアポロン神はコロニスのところへ向かいました。

深夜という時間でしたが、コロニスの家の前に人影が見えます、

それをアポロン神は

「コロニスの恋人にちがいない」と思い込んでしまいます。

怒りに任せてアポロン神は人影めがけて矢を放ちました。

その矢は人影に見事、命中します。

どんな奴かと倒れている人物に近寄ると、それは、

なんとコロニス本人だったのです。

息も絶え絶えのコロニスはアポロン神の頬に優しく手を当てながら

「あなたが来てくれそうだったので、外で待っていました。」

と、そう言って息を引き取ってしまいました。

カラスの嘘を知ったアポロン神は怒り、カラスを醜い黒に

変えてしまいます。

そして、人の言葉も話せなくして、さらには4本の釘で

天に貼り付けにしました。

それが、「からす座」だと言われています。

エピローグ

さて、この時、アポロン神の妻コロニスは亡くなりましたが、

彼女のお腹の中には、アポロン神の子供がおりました。

その子供も星座になっています。

「へびつかい座」として星座になっている、

名医アスクレーピオスです。

詳しくは「へびつかい座」の神話をご覧ください。

へびつかい座」の見つけ方はこちらです。

「へびつかい座」の神話を紹介しました。「へびつかい」といっても、あのインドの蛇使いを連想してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、星座の「へびつかい座」は医神アスクレピオスが星座となった姿で語られています。
「へびつかい座」と「へび座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。黄道の近くのあるので、見つかりやすいでしょう。二つの星座が合わさっているので、とても珍しいので、ぜひ覚えて欲しいです。

ちなみに、この子供をアポロン神から託されて、

名医にまで育てた人物もまた星座として、夜空を彩っています。

「いて座」のケイロンです。

詳しい神話は「いて座」の神話をご覧ください。

「いて座」の見つけ方はこちらです。

「いて座」は黄道12星座の9番目に位置しています。古くは古代バビロニアのころから、その姿が認められていて、ギリシャ時代には、重要な星座として数えられるようになりました。今回はそんなギリシャ神話からのお話です。
「いて座」の見つけ方を紹介しました。「いて座」は「さそり座」と、共に黄道の9番目の星座として古くから存在する星座の一つで、アッシリアの彫刻では、サソリの胴体を持った人間が弓矢を引き絞っている姿で描かれています。

「からす座」の見つけ方

「からす座」春の星座です。

夜空に輝く「からす座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「からす座」をご存知でしょうか?小さな星座で、明るさも3等級ほどの4つの星が台形が、少しゆがんだような形に並んでいます。さて、「からす座」を探してみましょう。

この他の春の星座の神話

この他の春の星座神話はこちらからお探しください。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…

春以外の星座はこちらから探せます。

夏の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
  冬の星座の神話を紹介します。     エリダヌス座    …

まとめ

からす座の神話を紹介しました。

ちょっと教訓めいたお話ですね。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »