2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




冬の星座の見つけ方「おおいぬ座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは冬の星座の「おおいぬ座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「おおいぬ座」

🌟冬の星座は東に登り始めた頃から、

だんだんと賑やかになってゆきます。

冬の空気が見せるキラキラとは別に、1等星を持つ星座が、

続々と昇ってくるからです。

「冬のダイヤモンド」と「冬の大三角」は1等星同士を結ぶとできる

形です。

今回、紹介する「おおいぬ座」は両方ともに1角を任されています。

では探してみましょう。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟「おおいぬ座」の大まかな位置は、

「オリオン座」の南東に下がったあたりです。

ですが、「おおいぬ座」には全店で一番明るいシリウスがあります。

「オリオン座」を見ていたら、その左下のあたりに輝く1等星を、

見つけたことはないですか?

それが「おおいぬ座」のシリウスです。

ここで冬のダイヤモンドの紹介です。

「冬のダイヤモンド」がある頃が一番華やかなので、

その頃の見つけ方から紹介します。

🌟まず、「オリオン座」の足に当たる1等星リゲルを起点にします。

そこから隣の「おうし座」の1等星アルデバラン、そしてその上に、

「ぎょしゃ座」の1等星カペラがあり、そこから東へ下がって、

「ふたご座」の1等星ポルックス、その下に

「こいぬ座」の1等星プロキオン、さらに南へ向かって、

「おおいぬ座」の1等星シリウスへ。

それらを繋げたのが「冬のダイヤモンド」です。

冬の大三角はというと

「冬の大三角」は「オリオン座」のベテルギウスと

「こいぬ座」のプロキオンと「おおいぬ座」のシリウスとを

結んだかたちです。

夏の大三角形と入れ替わるように冬の夜空を彩ります。

冬の星座の代表格は何と言っても「オリオン座」でしょう。冬だけでなく、四季を通じても、華やかな星座は、なかなかありませんね。「オリオン座」は冬空の王者とも呼ばれ、その存在感を表しています。
「ぎゃしゃ座」は冬の星座ですが、秋の深まりを感じる頃に、北東の地平線上に姿を現し始めます。ゆっくりと秋〜冬〜春と向きを変えながら5月下旬頃、北西の地平線に沈んでゆきます。探してみましょう。

🌟シリウスが見つかればそこから「おおいぬ座」の形を探してみましょう。

シリウスから西へゲンコツ半分の辺りにある、2等星が前足になります。

シリウスから東へゲンコツ半分の間隔で、4等星が作る三角形が、

頭になります。

今度はシリウスから南東へゲンコツ一つ分のところに2等星があり、

右にある2等星を結んで、歪んだ長方形が、胴になります。

そこから更に左にある2等星が尻尾になります。

最後に後ろ足は歪んだ長方形の2等星から、西へゲンコツ一つ分に

4等星があります、それを結ぶと、

「おおいぬ座」の姿が見えてきませんか?

(C)アストロアーツ/星空年鑑より

おおいぬ座の神話

おおいぬ座の神話を、まとめたページはこちらをご覧ください。

「おおいぬ座」の神話を紹介しました。諸説あり、特定ができていないのが現状のようです。星座のある場所としては、オリオン座のすぐ下にあることから、オリオンの猟犬説が有力ではあるようですが、物語としてはレラプス説が多数派のようです。

「おおいぬ座」にある天体

「おおいぬ座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

「M41/散開星団」について紹介しました。「おおいぬ座」も天の川に近いので、星団や星雲が見られますが、このM41は中でもシリウスに近いことから、双眼鏡などでも探し易く、冬に注目される星団の一つです。

基本情報

学名 Canis Major(略号CMa)
中央位置 赤経:6h47m   赤緯-22°
概略範囲 東7h26m,西6h09m,北-11°,南-33°
20時南中 2月26日(高度33°)
面積 380.11平方度(順位43)
肉眼星数 56個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:シリウス、重星、-1.4~8.5等星

β星:ミルザム 2.0等星

δ星:ウェズン 1.8等星

R星:変光星 5.7~6.3等星 1.1359405日周期

M41:NGC2287、散開星団 4.5等星

見どころ シリウスの伴星=シリウスには地球の2倍ほどで、水の数万倍も密度の高い8.5等星の白色矮星が49.98年周期で回っています。最近の遠星点通過は1969年で、近星点通過は1994年でした。この伴星を見るのは難しく、口径30cmクラスの望遠鏡が必要です。

M41=シリウスの下(南)約4°にある散開星団です。光度は4.5等星なので、肉眼でも見えますが、双眼鏡を使うと周辺の微星も見えるようになります。

🌟シリウスは、ギリシャ語のセイリオス「輝くもの」から、

名付けられました。

古代ギリシャやローマでは、シリウスが太陽と重なる夏至の頃、

炎暑が病気や災いをもたらすとして、不吉な星とされていました。

しかし、エジプトではシリウスが夜明け前に、昇ってくる頃に、

雨季を迎え、ナイルの氾濫の時を教える、重要な星として、

崇められました。

🌟古代バビロニアでは、東隣の「とも座」の星を結んで、弓を描き、

シリウスとその東の星を繋いで、矢を描いていました。

それがギリシャに渡り、古代ギリシャ人がシリウスを犬に見立て、

「キオン」(犬)と呼んだところから、周りの星を結んで、

「おおいぬ座」が作られたと言います。

この他の冬の星座

この他の冬の星座はこちらからお探しください。

冬の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

冬以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

🌟「おおいぬ座」の見つけ方を紹介しました。

目印になるシリウスが、ひときわ輝くので、

そこから犬の姿をたどって見つけてください。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »