2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。



春の星座の見つけ方「ろくぶんぎ座」

シェアする

(C)国立天文台

🌟春の星座の間に挟まれたような印象の薄い星座です。

見つける時も、ちょっと難しいかもしれません。

探してみましょう。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟大まかな場所は「しし座」と「うみへび座」の間にあります。

「しし座」のレグルスと、「うみへび座」の心臓当たる2等星を見つけます。

「うみへび座」の見つけ方を紹介しました。春から夏にかけて空に横たわる星座のです。全天中一番大きい星座です、頭部から心臓までは、すぐに見つかるでしょうが、全容は中々探すのが難しいです。気長に探してみてください。
形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

海蛇の背に乗るイメージです。

「しし座」のレグルスと「うみへび座」の2等星アルファルドを結んだ線を

東へ平行移動するように、舌先に「へ」という文字型に星が3つ並んでいます。

しかし、この3つの星は4等星以下でとても見つけにくいです。

🌟「ろくぶんぎ座」は17世紀のドイツの天文学者へベリウスが作りました。

1979年9月にダンチッヒ(現在のグダニスク)にあったへベリウスの自宅が、

火事となり、20年あまり愛用した六分儀を消失してしまいます。

そして、二度とこのような事が起こさないようにと、「しし座」と「うみへび座」

の間に「ろくぶんぎ座」を作ったといいます。

明るくない、目立たない、星座ですが、α星とβ星を結ぶ線が、測定機器らしく

天の赤道と並行しています。

見つけた後に確かめてみるのも良いかもしれませんね。

基本情報

基本情報

学名 Sextans(略号Sex)
中央位置 赤経:10h14m   赤緯-2°
概略範囲 東10h49m,西9h39m,北+7°,南-11°
20時南中 4月20日(高度53°)
面積 313.51平方度(順位47)
肉眼星数 5個(5.5等)
設定者 へベリウス
主な天体 35星:重星 6.3~7.3等星

41星:重星 6.0~11.7等星

まとめ

🌟「ろくぶんぎ座」の見つけ方を紹介しました。

春の先を飾る星座の一つです。

目立ちませんが、可愛らしいので見つけてみでください。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク




Translate »