2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




春の星座の見つけ方「しし座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは春の星座の「しし座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「しし座」

春の訪れを待っていたように、東の空から駆け上がってくる

「しし座」は1等星のα(アルファ)星「レグルス(小さい王)」を含む、

黄道12星座の5番目として古くから知られています。

純白の一等星レグルス

🌟紀元前1900年ごろのバビロニア時代には、大きな犬の姿に見立てて、

ウル・グルラ(大犬)の「おおいぬ座」として認識されていましたが、

🌟紀元前600年ごろの新バビロニア帝国時代に、

ウル・ア(獅子)の「しし座」と名前が変わりました。

🌟形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、

並んだ星々が目印にもなっています。

何よりも、純白の1等星レグルスが目を引きます。

🌟この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから

ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

見つけ方

🌟星座の並び方としては、

「さそり座」「てんびん座」「おとめ座」→「しし座」となりますが、

「サソリの心臓アンタレス」から探して、だんだん西に1等星のスピカ

2等星でしし座の尾のあたりのデネボラへとすぐ行き着くことでしょう。

デネボラが見つかれば、クエスチョンマークの裏返した部分が

百獣の王ライオン(獅子)の頭部にあたります。

胸のところに輝くのが1等星のレグルスです。

デネボラとレグルスを結ぶ間にある台形が獅子の胴体となる訳です。

🌟あとは「春の大曲線」で紹介した探し方がデネボラまで行き着くので、

「しし座」全体もとらえ易いでしょう。

🌟しし座は春の東にある頃は頭部が上にくるので獅子が駆け上がる姿に

見えます、南中にある頃には優雅に横たわる姿に見え、

そして、今回紹介した頃の西の空では、地平線を降りていくように

頭部が下を向いた形で捉えることができます。

(C)アストロアーツ/星空年間

時期によって見える形が変わるのも星座の面白いところですね。

さそり座

黄道12星座の「さそり座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。是非覚えて欲しいですし、他の星座に比べて特徴的で、一度知れば真っ先に目がいくような星座です。S字の形と赤い星が目立つので、直ぐにわかります。

てんびん座

黄道12星座の7番目の「てんびん座」として知られていますが、夜空のどこに見られるか探してみましょう。黄道なので、星占いで聞き及びのある星座同士の並びです。大まかな位置は「おとめ座」と「さそり座」の間にその姿を現しています。

春の大曲線

「夏の大三角形」と聞くと『ああ星空の話か。。。』とすぐに ピントくると思いますが、春の大曲線はそれほどメジャー...

しし座に放射点がある流星群

しし座には秋にピークを迎える流星群があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

しし座流星群の紹介をしました。晩秋の夜空に、数年にあるかないかの「流星雨」の可能性がある「しし座流星群」です。私も流星雨は映像でしか見たことがありません。周期的には後10年ほど先の出来事ですが、それを楽しみに、毎年みてみましょう。

「しし座」にある天体

「しし座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

しし座にある「M65-NGC3623」について紹介しました。「M65」と「M66」の二つが、とても近い場所で確認できる銀河です。このような天体がしし座には多く存在します。その点でも興味深いですね。
しし座にある「M66-NGC3627」について紹介しました。しし座の銀河群があって、銀河が集中しているところがあります。3000万光年付近で一緒の銀河群に属しています。
しし座にある「M95-NGC3351」について紹介しました。「M95」の付近にはたくさん銀河の集まっている銀河群があります。一緒に探してみるのもいいですね。
しし座にある「M96-NGC3368」について紹介しました。口径10cm以上の望遠鏡で、「M95」「M96」「M105」という少し暗いですが、3つの銀河が見つかるでしょう。

しし座の神話

しし座の神話をまとめたページはこちらをご覧ください。

黄道12星座の5番目として古くから知られている「しし座」ですが、神話ではどうでしょう。

基本情報

基本情報

学名 Leo(略号Leo)
中央位置 赤経:10h37m   赤緯+13.5°
概略範囲 東11h56m,西9h18m,北+33°,南-6°
20時南中 4月25日(高度69°)
面積 946.96平方度(順位12)
肉眼星数 52個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:レグルス 1.4等星

β星:デネボラ 2.1等星

γ星:アルギエバ、重星、2.5~3.6等星

ι星:重星、4.1~6.9等星

54番星:重星、4.5~6.4等星

M65:NGC3623,渦巻き銀河、10.1等

M66:NGC3627、渦巻き銀河、9.7等

M95 : NGC3351、棒渦巻き銀河、10.6等星

見どころ γ星=イギリスの天体観測家ウィリアム・ハーシェルが発見した2重星で、オレンジ色の2.5等星と黄色の3.6等星が約4″離れて並んでいます。二つの星は619年の周期で巡り合っている連星で、しばらくは間隔が大きいので、口径5cmで分離して見えます。

しし座流星群=γ星付近を放射点とした流星群で、毎年11月18日前後に極大を迎えます。

この他の春の星座

この他の春の星座はこちらからお探しください。

春の星座の見つけ方を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。
春の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

春以外の星座はこちらから探せます。

星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。

まとめ

「しし座」の見つけ方を紹介しました。

目立つ1等星があって、黄道星座、しかも「裏返しの❓」なので、

形からも、比較的見つけやすいでしょう。

探してみてください。

良い観望でありますように。。。

参考文献・参考サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »