2018年間星空模様はこちら
2018年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また火星の大接近や彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




春の星座の見つけ方「うみへび座」

シェアする

(C)国立天文台

このページは春の星座の「うみへび座」です。

あなたの探している星座ですか?

もし、お探しの星座にたどり着けていない方は、こちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。探している星座に早くたどり着けると嬉しいです。

「うみへび座」

🌟春になると、気温がだんだんと上がってきます。

それに伴って、「うみへび座」も東の空から、顔を出します。

具体的に探してみましょう

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

🌟大体の位置は「かに座」の下に海蛇の頭部があります。

尻尾は「てんびん座」まで続いています。

実は、「うみへび座」は全天中で一番大きな星座です。

目印に、2等星の海蛇の心臓に当たるアルファルドをする探し方が

多いです。

それでも良いのですが、今回は近くの1等星から探してみましょう。

冬の大三角形の「こいぬ座」のプロキオンを見つけます。

その東に「しし座」のレグルスがあります。どちらも1等星なので、

すぐに見つかります。

こちらも参考にしてみてください

「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。
形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。

その二つの1等星を結んで、

「かに座」の足の下あたりに二つ並んだ3等星があります。

海蛇の頭部で、ε星とζ星がです。もし見えるようでしたら、すぐ西側に4等星が

2つありますのでそれらで小さな 台形が出来上がります。

黄道12星座の「かに座」の見つけ方を紹介しました。寒さが緩みだした頃に、ゆっくりと顔を出す「かに座」は、黄道12星座の4番目の星座です。また肉眼でも見えるので「プレセべ星団」にも注目してください。

こうすると頭部をイメージしやすいでしょう。

次に「しし座」のレグルスから西よりの南へ下がったところに、

2等星のアルファルドがあります。

ここから、次の1等星の「おとめ座」のスピカまでゆくのは、

ちょっと難しいです。

というのも、アルファルドから東側の真横には、小さな星座がいくつかあるので、

間違いそうになります。

東ですが南へ下がりながら、そして蛇のうねりも考えて、

ゲンコツ2つ分くらいづつ離れている、3等星を辿ってみてください。

多分、間にある4等星以下の星は、見つけるのはむずかしいでしょう。

難易度の高い星座ですので、頑張って見つけてください。

🌟α星のアルファルドは「孤独なもの」という意味です。しかし、デンマークの

ティコ・ブラーエが名付けた、「コル・ヒドレ」という別名は「海蛇の心臓」と

いう意味です。

うみへび座の神話

うみへび座の神話をまとめたページはこちらをご覧ください。

「うみへび座」の神話を紹介しました。神話は時に化け物なども星座に上げた話がありますが、このうみへび座もその一つです。「うみへび座」は全天中で、もっとも大きい星座です。その姿通りに巨大な蛇の化け物のお話です。

「うみへび座」にある天体

「うみへび座」には、特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、

そちらも合わせてご覧ください。

「南のねずみ花火銀河-M83-NGC5236」について紹介しました。日本では低い高度でボンヤリしか見えなくても、南天ではとても明るい銀河です。「ねずみ花火」という別名があるのですが、海外でもねずみ花火で通じるようです。

基本情報

基本情報

学名 Hydra(略号Hay)
中央位置 赤経:11h33m   赤緯-14°
概略範囲 東14h58m,西8h08m,北+7°,南-35°
20時南中 4月25日(高度41°)
面積 1302.84平方度(順位1)
肉眼星数 71個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:アルファルド 2.0等星

ε星:重星 3.6~6.7等星

M48:NGC2548  散開星団 5.8等星

M68:NGC4590  球状星団 7.8等星

M83:NGC5236  渦巻銀河 8.0等星

NGC3242:惑星状星雲 8.6等星

見どころ NGC3242=μ星の下にある惑星状星雲です。「大きさといい、明るさといい、おまけに色まで木星にそっくりだ」とイギリスの天文家スミス提督が言ったことから、木製状星雲と呼ばれています。光度は8.6等星で、口径8cmで丸い形がわかります。

まとめ

🌟「うみへび座」の見つけ方を紹介しました。

春から夏にかけて空に横たわる星座のです。

全天中一番大きい星座です、頭部から心臓までは、すぐに見つかるでしょうが、

全容は中々探すのが難しいです。

良い観望でありますように。。。。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »