春の星座の見つけ方「ポンプ座」

(C)国立天文台

🌟「うみへび座」と「ほ座」の間に挟まれた、目立たない星座です。

見つけ方を紹介します。



このページの項目はこちらです。

見つけ方

🌟大まかな場所は、「うみへび座」の胴体部分の南側にあり、「ほ座」の上側で

二つの星座に挟まれたイメージです。

近くの1等星などを目印にするのが良いかと思います。

「しし座」のレグルスは見つかりますか?

春の先駆けで、東の空、少し高い位置に輝く1等星です。

その西側に、「こいぬ座」のプロキオンもあるので、見つかりやすいでしょう。

その「しし座」のレグルスから、南へ下がって「うみへび座」の2等星の

アルファルドを通過して、「ほ座」の2等星λ星にたどり着きます。

「ほ座」の2等星も低い位置で見えにくいですが、そのすぐ上に、

「ポンプ座」の5等星ε星があります。ですが5等星なので、

多分見えないでしょう。

かろうじて、「うみへび座」との間にある、4等星のα星が分かるかも

しれません、頑張って見つけてください。

形の整った、解りやすい星座で、クエスチョンマークを裏返した形に、並んだ星々が目印にもなっています。この星の並び方は、ヨーロッパで使われる、草刈鎌に似ていることから ライオンズ・シクル「獅子の大鎌」と呼ばれています。
「こいぬ座」の見つけ方を紹介しました。冬の大三角形という特徴的な目印にもなるので、覚えて欲しい星でもあります。「こいぬ座」は紀元前1200年頃のフェニキアで「海の犬座」と呼ばれていました。紀元前300年頃にギリシャの本に初めて「こいぬ座」として登場します。とても小さく可愛らしい星座です。
「うみへび座」の見つけ方を紹介しました。春から夏にかけて空に横たわる星座のです。全天中一番大きい星座です、頭部から心臓までは、すぐに見つかるでしょうが、全容は中々探すのが難しいです。気長に探してみてください。
「ほ座」の見つけ方を紹介しました。「ほ座」もアルゴ船座から分かれた星座の一つです。「とも座」「らしんばん座」のさらに南の低い位置にあります。低いところまで見える場所で、探してみましょう。

🌟イギリスの物理学者ボイルが弟子と共に、製作した真空ポンプを記念して、

フランスのラカイユが18世紀に制定しました。

このポンプは真空を作るための理化学実験用のもので、日本ではかつては、

「空気ポンプ座」とか「排気器座」と呼ばれていました。

基本情報

基本情報

学名 Antlia(略号Ant)
中央位置 赤経:10h14m   赤緯-32°
概略範囲 東11h03m,西9h25m,北-24°,南-40°
20時南中 4月17日(高度23°)
面積 238.90平方度(順位62)
肉眼星数 9個(5.5等)
設定者 ラカイユ
主な天体 δ星:重星 5.6~9.6等星

ζ星:重星 6.2~7.0等星

見どころ δ星=二重星になっていて、5.6等星と9.6等星の二つの星が11.01″の間隔で並んでいます。口径6cmで分離できます

まとめ

🌟「ポンプ座」の見つけ方を紹介しました。

南の方に位置している上に、暗い星ばかりなので、見つけるのが大変ですが、

見つけた時の喜びもあるので、探して見てください。

良い観望でありますように。。。。

1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。
星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。

1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク




Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。