728*90

スポンサーリンク


夏の星座の見つけ方「ヘラクレス座」

シェアする

(C)国立天文台

「ヘラクレス座」は紀元前4000年頃には「鎖で繋がれた神様」として

その姿は見られていました。

その後ギリシャに伝わって英雄ヘラクレスの姿として見られるようになりました。

どちらも逆向きの人形を写していたようです。

(C)アストロアーツ/星空年間

見つけ方

真上に見える時期は、4月下旬には3時頃〜7月下旬には21時といった

ように動いていきます。

見つけ方は「夏の大三角」の「こと座」のベガの天中よりに横を見て

小さな台形と大きな台形が見つかります。

それが胴体なので両手両足はそこから伸びている星々です。

どうですかなんとなく、逆さまの英雄の姿が見えてきましたか?

「ヘラクレス座」はあまり光の強い星がありません。

3等星以下の星々の集まりです、ですので探すときには

周りの明るい目印になる星を先に見つけるのがいいですね。

先ほどの「こと座」のベガは1等星なのですぐ見つかるでしょう、

次には「ヘラクレス座」の下方向にある「へびつかい座」頭部で輝く

2等星のラサルハグェ。

この二つだけでもかなり見つけるには役に立ちます。

「ヘラクレス座」と「へびつつかい座」は頭どうしが並んだような

配置です。

真夏の宵のころ、天の高い位置に燦然と輝く1つの星があります。それは、ヨーロッパでは「真夏の女王」と呼ばれその気品と風格にふさわしい輝きを放っています。そして、純粋さをイメージさせる、東洋では七夕の織姫としてもポピュラーな人気の高い、「こと座のベガ」です。1等星のベガを見つける方法と「夏の大三角」から見つける方法を紹介しました。
「へびつかい座」と「へび座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。黄道の近くのあるので、見つかりやすいでしょう。二つの星座が合わさっているので、とても珍しいので、ぜひ覚えて欲しいです。

台形を2つ繋いだような形、あるいは楽器の鼓のような形とでも

言いましょうか、そのように並んだ星の形が目印です。

逆さまになって右手には棍棒をふりかざし、左手には蛇を掴んでいる

姿の「ヘラクレス座」として輝いています。

逆さまだからでしょうか、

古代ギリシャでは「ひざまずく者」という意味で呼ばれていました。

ヘラクレス座の頭部に輝くα(アルファ)星の名前も「ラス・アルゲティ」

意味は「ひざまずく者の頭」です。

この「ラス・アルゲティ」は二重星で、望遠鏡などで観測すると、

すぐそばに、青っぽい星が確認できます。

「ヘラクレス座」は2等星以上の明るい星はありませんが、

球状星団・M13があることで、ご存知の方もいらっしゃるようで、

地球から25000光年の距離があるものの、条件次第では、

肉眼で確認できます。

この星団は「ヘラクレス座」の腰あたりに位置していて、

直径は140光年で、約50万個もの星の集まりであるとされています。

なぜ、逆さまになっているのか。。。

逆さまになっているのにも理由付けがあります。

詳しくは神話の話のときにしますが、

大神ゼウスの子でありながら、正妻の子ではないので、ゼウスの

嫉妬深い妻の呪いで、星座になってからも

淡い星々しか与えられず、しかも逆さまにされてしまったといわれています。

ヘラクレス座にある天体

「ヘラクレス座」には特徴のある天体があり、まとめたページがあるので、そちら

も合わせてご覧ください。

ヘラクレス座にある「M13-NGC6205」について紹介しました。「ヘラクレス座」は高い場所にあるので、見つけにくいかも知れませんが、「M13」は星がたくさん見えそうな場所でなら、肉眼で星のように見えるでしょう。
ヘラクレス座にある「M92-NGC6341」について紹介しました。ヘラクレスの足の間にある「M92」は星のよく見える場所でなら、小さな星のように見えることでしょう。

基本情報

学名 Hercules(略号Her)
中央位置 赤経:17h21m   赤緯+27.5°
概略範囲 東18h56m,西15h47m,北+51°,南+4°
20時南中 8月5日(高度82°)
面積 1225.15平方度(順位5)
肉眼星数 85個(5.5等)
設定者 プトレマイオス
主な天体 α星:ラス・アルゲティ、変光星、重星 2.8~4.6等星

β星:コルネフォロス 2.8等星

δ星:重星 3.0~8.3等星

ζ星:重星 3.0~5.7等星

M13:NGC6205、球状星団 5.8等星

M92:NGC6341、球状星団 6.5等星

NGC6210:惑星状星雲 9.3等星

見どころ M13=ζ星とη星の間にある有名な球状星団です。光度は5.8等なので、肉眼で恒星のように見えます。双眼鏡では淡い星雲状で、口径10cmで周辺の星が見えます。距離は23500光年で、星団の実直径は100光年の大きさがあります。

M92=ヘラクレスの足元にある球状星団です。光度は6.5等星で、口径10cmクラスの望遠鏡から周辺の星も見えます。

まとめ

🌟「ヘラクレス座」の見つけ方を紹介しました。

周りに特徴的な星座が多く、1等星はなくとも、見つけられる星座です。

「ヘラクレス座」自身も特徴的な形なので一度捉えると、覚え易いでしょう。

良い観望でありますように。。。

参考文献・サイト一覧はこちら

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
  太陽系惑星について       太陽     …
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。
季節によって、星座を探す時の目印になる形などを紹介しました。ふと見上げた夜空にある代表的な形を覚えて、四季を通して探し易い星の世界を楽しんでください。

4



1億人のムーンチャレンジに参加しよう!
世界10ケ国以上16チームの民間が競い合って、現在5チームがファイナリストとして残っていて、その中に日本唯一のチーム「HAKUTO」さん。あなたの「名前、写真、メッセージ」を月面に届けてくれます。SNSから投稿するだけです、どんどん応援してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »