2019年間星空模様はこちら
2019年の星空模様を紹介したページをまとめました。一年を通して、惑星の動きは華やかです、また彗星や、流星群など、この時しか見られない天体ショーもあります。星空を眺める参考や、女子旅、イベント事の参考になれば幸いです。




星座の神話「へびつかい座」

シェアする

このページは夏の星座の神話「へびつかい座」です。

あなたの探している神話ですか?

もし、お探しの神話にたどり着けていない方はこちらをご覧ください。

探している星座が、なるべく早く見つかるように、サイト内の案内をまとめました。星座を見つけるアドバイスをしたページと、星座の神話のページがあります。星座の成り立ちによっては神話が由来している星座が、いくつかあるのです。お探しの星座の神話はなんですか?

夏の宵に天頂近く、「さそり座」の上に大きな将棋の駒の形に

並んでいるのが「へびつかい座」です。

へびつかい座」の左右には「へび座」の星々が連なり

へびの姿をかたどっています。

「へびつかい座」の見つけ方はこちら

「へびつかい座」と「へび座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。黄道の近くのあるので、見つかりやすいでしょう。二つの星座が合わさっているので、とても珍しいので、ぜひ覚えて欲しいです。

「へびつかい」といっても、あのインドの蛇使いを連想してしまう方も

いらっしゃるかもしれませんが、

星座の「へびつかい座」は医神アスクレピオスが星座となった姿で

語られています。

「へびつかい座」の神話

このアスクレピオスは太陽神のアポロンとテッサリアの王女コロニス

との間に生まれました。

母親が亡くなっていたので、ペーリオン山に住むケイロンに預けます。

ケイロンは半人半馬の怪人ですが、アポロン神と妹の女神アルテミスの

加護を受け様々な力を授けていた人物です。

ケイロンは、アポロン神の息子アスクレピオスにあらゆる知識を授けました。

医術の神を父に持ち、優秀な師を得たアスクレピオスは、

師のケイロンをも凌ぐ天才医師に育ちます。

他の医師に見放された重病人を治療し、大怪我をした人を助け、

やがて、知恵の女神アテネから授けられたメドゥーサの血の力に

よって、死者を生き返らせてしまいます。

怒ったのは冥界の王ハデスでした。

早々に大神デウスのところへ行き、死者を生き返らす行為について

憤慨しながら抗議しました。

このままでは世の中の秩序が保たれないと、判断した大神ゼウスは

アスクレピオスに雷を落として罰を与えました。

しかし、医者としての偉業は高く評価していましたから、

大神ゼウスはアスクレピオスを星座に加えたといいます。

こうして「へびつかい座」が誕生しました。

実は、話はここで終わりません。

アスクレピオスは半神的な存在で、死後もますます人々の

尊敬を受けました。

そのため、古代ギリシャにおいては、

この神を祀る神殿があちこちに作られています。

その神殿は、神託を受ける場所であると同時に、

一種の病院としての役割を果たしてもいました。

病にかかった患者は、アスクレピオスの神殿に詣でて、

そこで眠りにつきました、すると

夢にアスクレピオスが現れて、どうすれば病気や怪我が

治るかを教えたといいます。

さて、「へび座」と「へびつかい座」との関係は

どういったことでしょうか。。。

一説によると、脱皮を繰り返すへびは、古来より不死のシンボルであり、

今でも医学の象徴とされています。

アスクレピオスは、へびの毒を薬に利用していたという話も

あります。

または、アスクレピオスの友人が、たまたま1匹のへびを殺してしまいます。

そこへ、ある薬草を咥えた仲間のへびが草むらからやってきて、

死んだへびを蘇らせました。

それを見ていたアスクレピオスが死者を蘇らす術を知った、という

話からきているということです。

「へびつかい座」の見つけ方

「へびつかい座」夏の星座です。

夜空に輝く「へびつかい座」の見つけ方はこちらから、ご覧ください。

「へびつかい座」と「へび座」の見つけ方を紹介しました。夏の夜空を彩る星座の一つです。黄道の近くのあるので、見つかりやすいでしょう。二つの星座が合わさっているので、とても珍しいので、ぜひ覚えて欲しいです。

この他の夏の星座の神話

この他の夏の星座神話はこちらからお探しください。

    夏の星座の神話を紹介します。 いて座     いるか座 &nb…

夏以外の星座はこちらから探せます。

      春の星座の神話を紹介します。     うしかい座…
    秋の星座を紹介します。 アンドロメダ座     うお座 &nb…
冬の星座の神話を紹介したページをインデックスとしてピックアップしています。見つけるときにご利用ください。

まとめ

🌟「へびつかい座」の神話を紹介しました。

とても優秀なお医者さんが蛇使いなんですね。「蛇使い」という言葉だけでは

わかりませんね。

星のコトワリを掲載するにあたっての参考文献・参考サイトを一覧にまとめました。サイトの記事の作成のために参考しています。
  星雲・星団をまとめました。   現在はまずは、肉眼でも辛うじて見える星団を紹介していま…
シャルルメシエが作ったリストは一般的に「M〇〇」という表記で使われています。この天体は望遠鏡で見つけられる明るさのものばかりです。星座を見つけた後は星雲。星団の挑戦してみてください。その参考にしてください。
1930年の国際天文学連合を契機に、星座が統一・整理されることになり、星座の境界線が引かれ、星空は世界共通の88星座に統一されました。この88の星座を表にまとめました。
全天の1等星一覧をリストにしました。一等星は全天に21個とする場合と、ふたご座のカストルを含めて22個とする場合があり、このページでは含めた22個でおおくりしてます。 星座を探す時の目印にもなる1等星です、参考にしてください。
星のいろいろな雑学的なところや、星についてのまとめページを一覧にしてます。
星座を季節ごとにまとめて、見つけ方と神話と探しやすくするためのインデックスページです。
流星群は1年を通して、同じような時期の決まって出現します。それの取りまとめを紹介します。しぶんぎ座流星群、こと座流星群、おとめ座流星群、みずがめ座流星群、はくちょう座流星群、ペルセウス座流星群、やぎ座流星群、ジャコビ二流星群、おうし座流星群、しし座流星群、オリオン座流星群、ふたご座流星群、こぐま座流星群
星のイベントの紹介ページです。女子旅、ご家族で、婚活イベントに、社員旅行などの参考にして星です。また観望会などの情報も随時更新中です。お近くの天文台などお出かけください。
(C)NASA   プラックホールについての記事をまとめました。   星コラム  …
天文用語のページを取りまとめています。活用してみてください。

4



「きぼう」を見よう
「きぼう」というのは、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟の名称です。きぼうが完成した頃にキャンペーンで「きぼう」を見ようというのがありました。その時にすでにみて飽きてしまった方もいるかもしれませんが、まだの方には、是非とも見て欲しいので紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク






シェアする

フォローする

U-NEXT

スポンサーリンク
スポンサーリンク



Translate »